Google Reader終了後日談

 さて、Google Readerが強制停止されて一ヶ月近く経ちましたね。(いの一番に書く筈が、S4の話にかまけている内にすっかり期を逃してしまいましたが)
 ”We understand you may not agree with this decision” の下りは、責任者の「私の力ではどうにもなりませんでした」という内心の現れであろうか。上層部がまるで無関心だったからというもあることだし。
 今の時代、情報をpullするよりも自動で選別してpushされるインテリジェントシステムこそが求められるという話参考、要は「Google Now」を推したい)もあるし、その取り組み自体は良いことだと思うけれど、auto pushが全てかというとそこはあくまでユーザ次第だろうと思う。RSSは何も大手ニュース配信だけが全てではなく、個人blogの一括参照という使い方もある訳で、種々様々な情報・ネタの中には「普段は目を向けない部分からの思わぬ発見」というものもある。まぁそこは「意外性」を一要因に加えたフィルタを構築すればいいだけという話もあるけれど、それよりも、要は「ここは一通り目を通したいサイト」ってのもある訳ですよ。だから結局は使い方次第でしかない。確かに日々のニュースなんかはもっと主要なものに絞った良いサイトが無いか等と思案する毎日でもあるし、それはそれでrecommendフィルタサービスを使えば良くて、ただそれ以外の使い方もしたいという時にRSSリーダーは非常に手頃な一括管理サービスだった訳。

 まぁここはgoogleの飽きっぽさを見越したfeedlyが事前準備をしていてくれた参考ことで事なきを得た感はありますが(「移行期間がたった三ヶ月ってのはねーよ」とは未だに思う。大手のやることかと)。個人的に重要なのはAPIの方なので、その点ではこれまでGoogleが牽引してくれたことで様々なアプリの開発に繋がった、と考えるしかない。
 なので、当初は「今はそんな気分になれない」と思っていた、Google墓地に改めて献花して参りましたよ(笑)。あとGoogle Notebookにもね。
 Google Glassの墓穴が既に掘られているけれど、個人的にはGoogle Keepの穴も準備しておいて貰いたい(ぉ)。


 でもって自分はリーダーたるgReaderが何とか間際にfeedlyに対応したことで、移行もさっくり終了。ほんとにさっくりと。
 正直なところfeedlyのUIは好きではないけれど、元々google readerも良いとは思ってなくて、「RSS参照はgReader一択」(starをPC上でのread laterとして使っていただけ)だったので、feedly&gReaderが同様に動くよう作ってくれたのだから、特に生活に変化はない。強いて言えば、feedlyのRSS更新が遅い、更新ボタンも効かないなどとあったけど、その内落ち着くかと。っていうか当初よりは落ち着いたかなと思う。

 feedlyのブラウザUIは、google reader風の一行表示よりも画像付きのMagazine表示の方がgReader風ではあるけれど、個々が無駄にでかくて一覧性がS4の5インチモニタと大差無いというのは腑に落ちない(苦笑)。
 あと自分のブラウザ幅ではメニューが常時表示されないので使い勝手が悪い。ブラウザの横幅を広げればいいのだけど無駄に幅を取りすぎ。always menuなカスタムもあるにはあるようだけど、まだ試してない。
 まぁAndroidスマホサイズにコンパクトに凝縮したgReaderのUIデザインは非常に優秀だと思いますよ、と改めて感じた今日この頃ということで。

Android JB4.3

 会社のNexus7を触る度にシステムアップデートを実行させたくなる衝動に駆られる今日この頃です。後でダウングレード出来ないからって未だに4.2.1のまんまですけどね。開発用だからしゃーない。(ただ逆に、最新版でテストされていない状況もそれはそれでどうなんだろうなとは思う。)
 まぁ4.2.2の最終版でも、先日話題になったマスターキー脆弱性が放置されたままというのには流石に失笑を禁じ得ませんでしたが。ははは。(うちのS4は流石に対処済み)

 そんな訳でAndroid 4.3 (JB MR2)がようやく来ましたね。
 普段ならそれ程気にも留めないのだけれど、今回ばかりは「早くBluetooth安定版来ないかなー」ということで個人的にかなり死活問題ではあるので、今か今かと気にはなってしまう(笑)。まぁ最新版でまたバグを足してくるのが我らがお茶目なgoogleさんではあるのですが。果たして4.3は4.2みたいな「HC(3系)以来のバグバグOS」みたいな結果にならないことを祈るばかり。
 また、今回のBluetooth4.0ネイティブ対応ということで知った話なのだけれど、BT4.0って従来と互換性がなくて、3以前とのデュアルモードで動くみたいね。成る程、これはバグの温床の悪寒。というかこれまでのBT4.0対応は各社が独自に作り込んでいたということか。今のバッテリトラブルももしかしたらSamsungの所為ってこともあるのかなぁ。まぁ4.0機器を繋いでいる訳ではないけれど。

 あと個人的にAndroid4.3で気になるのはアプリのパーミッションの個別設定。マルチユーザの制限プロファイル設定の方ではなくて、今のところ隠し設定として存在するらしいアプリ別の設定機能。
 いやこれ、ようやくか、って感じなんですよ。
 多機能ソフトであればあるほど多数のパーミッションが設定されているけど、実際自分では使わない機能のために無用なパーミッションが解放されてしまうのは非常に気になっていたので、自己責任でもいいからパーミッションoffが出来る機能は欲しいとは思っていた。
 ただこれが正式化されたところで、OSバージョンの普及とアプリの対応の両方が必要な話なので、実用的な時代が来るのは当分先になっちゃうだろうけどね。勝手にoffってアプリ強制終了(でもって何故かストアで低評価)、という惨劇が容易に想像されてしまう内は正式化はされないだろうなぁ。

 因みに言うと、4.3はまだNexusシリーズのアップデート提供だけで、google edition系はやっぱりアップデートは遅れるみたいね。案外グローバル版と大して時期が変わらなかったりして。
 まぁ何にせよS4グローバル版の実力を見せて頂きたい(笑)。
 root取ってカスタム入れればもっと早い? そうかもなぁ。

 ただ最近改めて感じるのは、Galaxyは見た目ネイティブに近いUIデザインが多くて好印象ではあるけれど、機能的には思ったよりカスタムしてるんだなということ。これが当たり前だと思っていたことが案外当たり前じゃなかったりもして、Nexus7でもたまにあれってなる。pureにしたところで逆に悶々するケースが増えるんじゃないかと思ってみたり。まぁ益々標準離れが進んでアプリ探し、ないしはより良いカスタムOS探しの毎日になるんだろうなと。
 自分好みにカスタムするのは好きなんだけど、大して重要でないところにまで労力は割きたくないし、やっぱり素地の優秀性ってのは重要だなと思うのです。(Galaxyが優秀かどうかはともかくとして、良い妥協点とは思っているので。)
 それに、落とし所が見付からなくて諦めるケースが続いて疲れてきた今日この頃でもあるので。歳ですかそうですか(ぉ)。

GalaxyS4移行 まとめ

 さて、何だか取り留めもなく書き連ねてしまいましたが、ひとまず一区切り。
 しかしS2の頃はそれが最初だったのでこれが当たり前くらいに思っていたことが実はそうではなかったのだと気付くと、改めてあれこれ言ってみたくもなる訳で。(いやー、ほんと酷い端末は酷いよ)
 S2からS4で順当に進化しているので、正直言ってその点に関しては全く不満もない。S2でICS化以降から悩まされていたプチフリ(数秒固まるレベル)も当然なく、ハードパワーも十分あってか実にヌルサク。
 それだけに、Bluetoothのバッテリ消費が酷いことになっている点がつくづく残念でならない。googleェ、という感じ。

 今回、一続きの話題だったので一覧にしてみますか。
 しかしこのS4はグローバル版だけあってアップデートが早くていいね。
 これがdocomo等国内キャリア版だと数ヶ月は遅れるだろうから。

 それにしても、
 降順ソートの全文展開表示blogで連投すると物凄く見辛いよね(笑エナイ)。

 まぁ一つの話題をここまで長く書いた事もなかったしなぁ。
 激しく見辛くなりましたがご容赦をばと。いやほんと、すんません。
 元はと言えば「続きを見る」系UIのまどろっこしさが嫌いだったのだけれど、この理由の主な点はwebのbackのレスポンスの遅さにあったと思うので、昨今専ら使っているRSSリーダーみたいに一覧から1クリックで開閉できれば問題ないのかもとは思ってみたり。

GalaxyS4サービスモード

 圏外問題関連を追い掛けている内に見付けた、GalaxyシリーズのService Mode。
 ダイヤルコマンドを打つと端末の詳細設定が可能なサービスモードに入れる。
 世代ごとにコマンドは変わっているらしく、S4に関してはこちら(追記:リンク変更)
(他にもちょこちょこ見付かったり機種(○○版)による差もあるようで、決定的な情報ではないのでご注意を)
*#0*# (General Test Mode)
*#0011# (Service Mode)
*#0228# (Battery Status)
*#0283# (Audio Loopback Test)
*#1234# (AP / CP / CSC version)
*#22558463# (Reset Total Call Time)
*#2663# (TSP / Touch key / SensorHub Firmware version)
*#34971539# (Camera Firmware Standard)
*#7353# (Quick test menu)
*#9900# (System Dump)
 以前挙げたdocomo端末のLTE-SIM縛りもこれで抜けられるかな?と思ったけどそう簡単でもなさそう。昔の端末では行けたこともあるようだけど塞がれたとかどうとかいう話も。
 またBluetoothの問題もチャンネルを固定するとかで少しは改善出来ないかと考えたけど、どういう訳かAUDIOメニューを選んでもここだけ入れないので何も出来なかった。残念。

(※追記)
 GT-i9500については先日(7月頭)の公式アップデートで0011からmenuのbackでトップメニューに行くことが出来なくなってしまった模様。
 そもそもが旧機種でトップメニューとして有名だった197328640が塞がれた結果、下位メニューの0011から上に戻る「穴」が利用されていたというだけで、結局それも塞がれた形。
 世知辛いね。キャリア版じゃないんだから使えるままにしておいてもいいのに。

一瞬圏外

 あれで一旦締める筈が結局気になる話が出てきて締めるに締められなかったシリーズ(?)。

 SIM絡みの話で一点追記。
 b-mobile SIMなのか端末なのか、原因が何処にあるのかははっきりしていないけど、と 前置いた上で。
 どうもたまーに一瞬圏外になっていることがある事に気付いた。ログを見るに日に一・二回、だいたい数十秒程度で復旧しているよう。
 今のところ原因として考えられるのは、
  ・SIM接触不良
  ・基地局との接続が悪い

 まず疑わしきはSIMの接触不良と言うことで、ここは元々個体差で発生しうる話のようだし、如何せんうちのSIMはお手製となってしまったのでそれこそ不安が伴う部分(苦笑)。何度か抜き差ししてみたけど特に改善はせず。かなり位置をずらしたりもしてみたけど全く状況に変化がない点を見るに単純なカットミスって話ではなさそう。そもそもこういうICカードは接触不良が起きやすいのか、スカパーでもトラブったことがあって、押し込んでいる内に何が違うのか認識して以後すっかり安定したという、全く腑に落ちない経験がある。
 尚、圏外になったタイミングで画面を見てみたけれどSIMのエラー自体は出ていない。但しこれは、起動前からSIMが刺さってない場合は「SIM未挿入」と出るけど、起動中に抜く(普通はできないけど)とそういうエラーは出ずにただ圏外になるという情報もあった。やっぱりSIM接触不良なんだろうか。ただ接触不良なら毎回必ず短時間で復帰するというのも都合が良すぎる気がするがどうだろう。大抵の接触不良トラブルはそもそも復帰しないケースが多いようで。

 もう一点は、実際に基地局との繋がりが悪いのではないかという点。
 偶然なのか何なのか、殆ど家に居る時にしか発生しておらず、先日初めて自宅外でも一度確認できたという程度。(ついでに言うとどうにも夜間~朝方の発生率が際立つけど、ただの偶然だろうか)
 この点、うちはどうも電波が不安定なのか昔(docomo時代)から通話音声が途切れる事があったし、基地局から微妙な位置にあるのかころころ変わって安定しない(昔も圏外になってたかまでは今となっては分からず。ログで見た覚えはないけど)。こういう電波の悪い環境下で発生しやすい話なのかもしれない。
 尚、うちのS4はグローバル版(GT-i9500)なので日本の800MHz帯に対応していない。でもこれはFOMAプラスエリア用だから関係ないよなぁ、多分。

 またちょっと分からないのが、普通の圏外とは微妙に状況が異なるのだろうか?という点。
 現象としては、まずアンテナが圏外表示になってサービス利用不能の通知が出る。それに加えてAPIで取れる基地局情報が-1として記録されているのだけど、ここがイマイチよく分からなくて、普段の電波状況で圏外になる場合はこの状態になっていないような気もする。如何せん最近は地下鉄でも電波が入るようになってくれたので、いざ圏外を検証しようと思ってもなかなか上手く行かなくてはっきり確認できた訳ではないのだけども(通勤電車内で一瞬切れたのを目の当たりにしたけど、基地局ログに-1は出ていなかった)
 尚、確認にはこのllamaというアプリで基地局ログを参照(追記:S4に関しては若干トラブってるらしくストア配布はしていないため、公式サイトからbeta版で)。一点気になるのは、復帰時に一旦妙な基地局に繋がることがある点。毎回ではなく稀に。セル番号あり(既存と同じもの)で国番号・事業者コードが0:0というもの。やっぱり基地局との接続がおかしくなってるのかなぁ。表示がおかしいだけで繋がってはいる感じなんだけどね。(アプリ・APIのバグって可能性もあるか、、。)

 まぁちょっとこれ以上は分からないのでメモとして残すだけにした。
 SIMが悪いか端末個体の問題なのか、ってのはS2があれば検証もできたんだけどねぇ、、。つくづくついてない。
 b-mobileに問い合わせようにも自分でSIMカットしてるから、間違いなくそれの所為にされちゃうだろうしなぁ。

 まぁ当面、起きても日に数回、僅かな時間のみの問題だし、&何だか夜間ばかりだし、万一その瞬間に電話を掛けてきた不運を呪って貰えばいいか、、。普通に電波の悪いところに居ることだってあるしね。圏外着信は後でSMSが来るから何とかなる。
 もし悪化していくようならまた改めて。SIM再発行からになるだろうか。

 尚、うちのような音声通話SIMには関係ないようだけれど、データSIMに関しては圏外表示関連の問題がよく起こるらしいので参考までにメモ。いわゆるセルスタンバイ問題というらしい。>こちら

Android JB4.2

 さて、最後にAndroidのバグ?の話をしようか(えー)。
 Android4.2は何だかまた酷いバグ持ちバージョンらしくてですね。4.0→4.1でブラッシュアップして高速化、4.2で安定版、というのが本来期待出来る流れの筈なのに、蓋を開けたら露骨なバグが修正版4.2.2ですら消えていないレベル。もうやだこのgoogle。
 いやほんと、右を向いても左を向いてもという感じになってきて流石に辟易してきた。
 俺だってバグくらい入れ込んじゃうけどさぁ、何かそれとは違うんだよね。ろくすっぽ完成度を上げもせず次から次へころころ作り替えてバグを乗せ続けているというか、、。

・Bluetoothのバグ
 当初はS4側の問題かと思ったけど、どうやらAndroidカーネルの問題のよう。
 4.2.0の頃は特に酷かったらしく、切断が度々発生する有様だった模様。
 今は接続は大分安定しているとはいえ、未だサービスが暴れまくっているらしくCPU使用率がとんでもないことになっていて(50%~90%)、バッテリ消費が甚だしい。本当にガンガン減っていく。
 2.4GHz帯の混雑に影響されててんやわんやになっているような感じなんだけど、昔は普通に動いてたよね? バッテリ消費なんて有線ヘッドホン接続時と大差なかったよね? という事実を顧みると、今の惨状には心底ゲンナリ。
 しかもそれを数ヶ月放置で4.2.3の開発の話もないまま4.3だとかいう噂だし、それすらアナウンスもない。一体いつ直るのか。
 他機種はカスタムROMでfixパッチの例も見掛けたんだけど、S4はどうだろうとか考えてしまうレベル。

・位置情報サービスのバグ?
 これまたBluetooth程ではないけれど、locationサービスやmapsサービスのCPU使用率が常に10~20%くらいを保っていて、これが原因かバッテリ消費が確かに上がっていた。
 GPSのonでバッテリ消費が上がるのは当然として、IPベースの位置情報取得(設定->位置情報サービス->無線ネットワークを使用)だけで目に見える程の変化はあったっけ? 勿論、位置情報ログ自体は切っている。というかそれを切っても一度mapsを起動するとlocationサービスがずっと働きっぱなしになって上記の有様。
 対策として手動で対応しようにも、GPSのon/offはすぐに呼べるけど、位置情報取得のon/offショートカットなんて聞いたこともないよなぁ。

 ただCPU使用率に関しては先日の端末アップデートで解消した模様。Androidのバージョンは上がっていない(というか最新)ので、S4(Samsung)側でパッチを当てたってことかな。GPSならデバイスドライバの不具合対応かとも思うけれど、そうじゃないだろうし。
 バッテリ消費は直った、のかな? 最初に試した時は駄目に見えたんだけど、改めて試したら落ち着いたような気がする。ちょっと検証不足かな。バッテリ消費は複雑な要因が絡みがちで検証は難しい。Bluetoothバグほど露骨であれば一目瞭然ですが、、。

GalaxyS4ソフト編

 以下ソフト面。
 と言っても、ガワさえ整えば後はいつもの自分が使うアプリを入れていくだけですよね。
 S4独自の機能ソフトウェアとか、あー、結局片っ端からオフになってます。
 つくづくGoogle版を買えば(買えれば)良かったね、と(笑)。

 まぁ基本的なところで気になった話でも。

・通知ドロワー
 画面上部から下スワイプで出すあれです。
 Galaxyは初代から機能on/offボタンが置かれていて(国内はともかく海外端末は意外と無い感じ)、S2の頃はまだ数が中途半端だったけど、S4に至っては片っ端からボタンを詰め込んで、1列→複数列の展開形式になった。そしてその並びがカスタマイズ出来るので、よく使うボタンを一列目に置いておき、その他を展開して呼び出すという使い方が出来る。
 またそれらとは別に「設定」ボタンも置かれているので、通知ドロワーから大抵の設定操作が出来るようになった。お陰で、今までお世話になっていたWidgetsoidの出番が随分減ってきてしまった感。
img img
(正直まだあまり精査もしてないですが)

・ロック画面
 Android4.2でロック画面ウィジェットの機能が搭載されたらしい。
 S2の頃はたぶん独自カスタムで、ロック画面にミュージックプレイヤーのウィジェットが出るようになっていて地味に便利だった。但し、認証なしのswipe設定に限る形で、パターンやPINロック時は出てこなかった、筈。
 今回標準の機能ではどのロック方式でも使えるよう調整されている。(※追記参照)
 ただこれの所為なのだろうなぁ、ロック画面の時計表示も1ウィジェットの扱いになり、1画面1ウィジェット(複数ページ切り替え可能)なので、ミュージックウィジェット表示中は時計が出なくなってしまった。右上ステータス部にちっこいのは出てるけどね。
img img
 この1画面1ウィジェットというのはノーガードのスワイプでも同じ、なので画面が余っているのに時計が出ない結果に。
 まぁロックの仕方も含めて再検討が必要なところかな。せめて外出時はロックされるようにしないとなぁ。
 っていうか前々から思ってたんだけど、ロック画面に色々アプリを置くようなカスタマイズって何かセキュリティ意識と反しまくってる気がするんだけどね。カメラくらいなら分かるけどさ。そんなに素早くアクセスしたければロックやめなよ、って思うし。ページ切り替えしてまで使うならロックを解いた方が早いんじゃ、とか。ホームとの二重管理な気がしてならない。まぁロック無し階層と有り階層ってことかなぁ。
 なんかその内またポリシーが変わりそうな感じはするよね。

※追記:
 どうやらgalaxyS4のカスタムで、ロック設定がスワイプ以外の場合はロック画面ウィジェットはデフォルトの時計と動作中のもの(音楽プレーヤーくらい?)しか出ないように変更されていた。
 セキュリティを強める考えとしては同意だけど、簡単な情報を一纏めに表示するウィジェットくらい使ってみようかなと思っていたもので、あえなく玉砕。(あれから家を出たらPINロックが掛かるようにした(llamaで))

 その他、S4の独自機能は、そもそもまだあまり使ってないから恩恵も分かってないとはいえ、あまり使いたくなるような機能も特にないなぁ。大抵はセンサーでバッテリ消費を上げてまで使いますかというものばかりで。

・マルチウィンドウ
 画面を二分割してマルチタスク的に使える。Windows8のストアアプリも同時に2個までだけど、あれと似た感じ。
img(というか酷い使い方(笑))
 機能onにすると画面左に変なノブが現れてちょっと邪魔にも思えるんだけど、backボタン長押しで消去できる(ノブのon/offができる)。まぁ詳しくは解説サイトなりでどうぞ。(この辺とか)
 これはまぁ、タブレットなら有効かな?という印象。スマホでは流石に画面が狭すぎる。
 そもそも何でも並べられる訳ではなくアプリ側の対応が必要なんだけど、意外なソフトが対応していたりしてそこは面白い。どういう点で決まるのか、という方が気になったり(笑)。

 以下標準アプリ周り。

・webブラウザのブックマーク同期
 昔から標準ブラウザとChromeの二刀流で通してきた自分なんですが、S4になってから、googleアカウントの「(標準)ブラウザのブックマーク同期」がなくなってしまった。
 というか、Android4.2になってChromeが標準化されて通常ブラウザは消滅したらしい。けれどS4独自に標準的なブラウザを搭載しており、このブックマーク同期はgoogle管轄外ということのよう。うぬぬ。

・標準ブラウザ/Chrome
 そもそもChromeでいいじゃん?とも言われそうだけど、むしろ自分、昔から標準ブラウザ派なんですよね、、。
 実際、Androidで使うブラウザは?で「結局は標準」という声をよく目にするし。何のかんので一番クセもなく使いやすい。Chromeは何が嫌って、自動テキストサイズ調整の働きが出鱈目すぎて非常に見づらい。たまに開くスレッド系掲示板で特に顕著。一見してまるでコメントの優位性に準じて文字が拡大されているかのように見えて、実はただのてんでバラバラ。しかもその相対比率が極端すぎるのも問題。ほんと見づらい。S4標準ブラウザもテキストサイズ調整機能は持っているけど、作用はかなり大人しめ、且つオフにも出来る。
img img
(左がChrome、右がS4ブラウザ)

 S4ブラウザで難点を挙げるなら、昔ながらのフォント仕様を引き摺ってか、日本語のboldが出ない点。顕著な例としてはgoogle検索単語の強調。Chromeや他のブラウザではboldで出る。というか他の4.1のタブレットの標準ブラウザでも出たんだけど、、。
 因みにこのS4標準ブラウザはどうも中身はchromeのforkらしい。chrome://version/ でバージョン表記が出てくる点にその名残が見える。元が同じならもうあまり二刀流の意味もなくない?と思ったりもするところ。
 細かい挙動に関しては正直標準ブラウザの方が好きなんだけど、ブックマーク同期なしは痛いし、どうしたものかなぁ。

 ついでにtips。
・データの自動同期 on/off
 いつのまにか随分分かり辛いところに設定メニューが移動していた。(Android 4系)
  設定->データ使用->(menuボタン)->データの自動同期

・ミュージックプレイヤー
 もう一つ自分がプリインストールのまま使っているのはミュージックプレイヤー。
 S2の頃からスタンダードで使いやすいんですよ。フォルダ単位のアクセスも出来るし、ロック画面ウィジェットもあるし。
 んが、S4版で一点困ったバグが。「再生時に頭の数百msecが飛ぶ」
 たかが数百ms、されど数百msと言った訳で、結構な割合で曲の頭が一瞬飛んでしまい、ガッカリ感が半端無い。勿論、Bluetooth立ち上げのラグとかそんなオチではなくて。内蔵スピーカー再生でも起こる話。
 そもそも普通に作れば0地点にシークして再生を始めるだけの話だろうに(勿論自分のヘボアプリですら発生しない)。まぁ内蔵イコライザを通す課程で(たとえoffの設定でも一律で)、生成エンジンのバグないしは仕様で頭が欠けちゃうようになってるとかだろうか。
 まぁとにかく現時点では利用価値は0に等しくなってしまいましたよ(苦笑)。
 しかもこういうのに限って無効化できないアプリ。(root云々はさておき)

 そもそも自分でヘボアプリ(ランダムアルバム再生)を作ったんじゃ?という話ですが、如何せんplaylist再生機能を持たせていないので、まだ標準アプリとの併用段階のままでして。
 やむなく代用品として取り出してみたのは「Google Play Music」アプリ。えー、勿論、日本国内ですのでクラウド機能なんかは使っておりません(IP偽装もめんどいし、、)
 クラウドは使わずともローカルデータの再生機能をということで使っていたら、何とこれまた酷いバグが。「プレイリストの曲順が出鱈目になる」。もうやだこのgoogle。毎回ではないがよく発生する。
 解消方法としては、今のところ「旧バージョン(4台)に戻す」ことで落ち着いている感(油断は出来ない)。プリインストールの4から5に上げた時点で多発した不具合という感じかな? っていうかUI的にも4の方がまだ使いやすい。5のメトロUIの悪い所取りをしたとしか言えないバカでかいタイル表示はセンスも使い勝手も悪い。

 というかバグに次ぐバグで、これはつまり、さっさと拙作アプリを改修しろという話でしょうか? うむむ。(ついでに言うと、現状、S4ないしは4.2になってからBluetoothのボタンが全く反応しなくなってただのバグアプリと化しております。とほほ)

 それと標準アプリを整理していたところで、幾つかありそうで見付からないアプリがあることに気付いた。
 例えば、
・Diodict
・Polaris Office
・タスクマネージャ
・標準で入ってたっぽいゲーム類

 他にもあるかもしれないけど気付いた範囲で。
 概ね困りはしないんですが、と前置いた上で、そもそもアプリが見付からないのは何故だろうという話。

・Diodict
 アプリケーション管理画面の一覧にコアであるDiodict serviceはあるのだけど、辞書自体が何処にもない。
 調べたところ、初代GalaxyS時代にfactory resetを掛けたらdiodictがおかしくなるという話があった。この場合、root化して自分で復旧する方法はあるらしい。自分も先のリストア問題でfactory resetをしてしまったのだけど、それが今回該当しているのかは分からない。
 或いは、そもそも検索すると関連アプリが国で弾かれているので、jpのアカウントを紐付けた時点で消滅させられたとかあるのだろうか。
 まぁ、仮にアプリがあったところで「英英辞典がお前の何に役に立つ」という話ではありますが(笑)。ただdocomo版S2付属の英和辞典は何気に良かったのでね。

・Polaris Office
 office系アプリ。excel表示などに。
 アプリケーション管理画面の一覧にはPolaris Viewerはある。だからファイルマネージャ等でexcelファイルを開くとintentでビュアーが呼ばれて表示することはできる。だから実用上特に問題は起きていない。
 元々ビュアーだけってことなんだろうか。ただ動画レビューでこのS4(GT-i9500)のホーム画面が映ってるところでこのアプリアイコンを見掛けた気がするんだよね。
 うーん、これも国制限絡みだったりするのかな?
 まぁ今は編集はしないのでofficeアプリ自体は無くてもいいんですが。

・タスクマネージャ
 android標準かと思ったけどregzaには無いのでgalaxy独自?
 起動中アプリの表示やRAMの解放が行えるアプリ。
 これもアプリケーション管理画面の一覧には出ていて、recentボタンの一覧から呼び出せるようにはなっている。
 けれどアプリとして直接呼び出す事が出来なくなってしまった。まぁ別段使ってないし困らないんですが、いいのかこれで?感は漂う。

・標準で入ってたっぽいゲーム類
 これまたアプリケーション管理画面の一覧には表示されているゲームアプリらしきものが一つも見あたらない。まぁ遊ぶ気もないので無効化するんですが。
 単にSamsung hubから呼ばれる子アプリなのかな? まぁあれこそ起動したこともないので何とも、ははは。

 、、、とここまで書いたところでふと思い出した。
 samsungアカウントというものがあって、専用アプリを落とせたりするらしいので、factory resetで消えたのかもしれないアプリはこっちから取得しろってことなのかな。ゴースト状態みたいなのはまた別として。
 如何せん自分はS2の頃から登録した覚えがないので、どんなアプリがあるのかすら存じ上げない訳ですが。何か作りたくないから、いいや、、(笑)。ってあれ? アカウントがないとOTAアップデート出来ないって読んだけど、このグローバル版S4はアカウントは要らない。S2は、最早確認不能、、。


 ソフトの話題は尽きないけど取り敢えずこんなところで。

GalaxyS4ハード編

 ここいらで折角なので記念撮影。
img
 「壁紙は(また)それなんだ」 (貰いものだけど、いいよね、これ
 復活初日に言われた言葉です(笑)。
 一度気に入ったものをデスループさせる芸の狭さは最早周知の事実で御座いましょう。壁紙がアイリじゃなかっただけ良かったと思って貰うしかないんじゃないでしょうか(ぉ)。

 因みにhome画面がガラガラなのは単にそういうページだということで。メインのページは色々ウィジェット等が並んでますが、アプリはドロワーで整理しちゃうタイプだしなぁ。よく使うもの以外は、下手にhomeにアプリを並べるよりドロワーを呼ぶ方が早いというか、ページを切り替えるのもドロワーを呼ぶのも1アクションであまり変わらないしね。

 さて、この辺でS4らしさに多少触れていきましょう。
 まずハード的な面。

・ボタン配置
 先にHTC Oneの件で触れたけれど、Galaxyシリーズを選んだ最初の理由の一つでもある、ボタン配置。
 いや何てことのない、右側面に電源ボタン、左側面にボリュームボタンという極シンプルな配置。しかしこれがどういう事か、他端末では独自性に拘っているつもりなのか変な箇所に配置されていたり、凹んで(埋まって)押しづらかったりもする。こと電源ボタンは自分に取っては画面on/off用なので、移動時にパッと閉じてポケットにしまったりする訳だけど、そういう用途は想定されてないのだろうか。明らかに「あまり押さないキー」配置になっていて、まぁ用途の違いと言われればそれまでもかもしれなくて、そうなるとまぁそれは自分は選ばないって話になるよね。
 ただ、そもそもボタン(キー)のアクセスのし易さってのは重要だと思うのだけどね。

・ソフトキー&ハードキー
 以前書いたけど改めて。
 S4は初代Sから引き続いて、home,back,menuのハードキー(物理/センサー)を装備している。
 menuは、やはりあると便利。カスタムせずに使えるのは大きい。
 backが右か左かはまぁ慣れかな。他端末を使うと混乱する辛さは否めないけど。世の中多数決だよね。
 一方、homeの物理ボタンは、正直センサーでもいいよとは思っているところ。recentがhomeの長押しに当てられているけど、物理故の抵抗感に若干煩わしさも覚える昨今。ホームアプリの設定でmenu長押しにrecentを当ててみたら、センサーは指を乗せておくだけなので楽なものだなと(笑)。
 recentは、スマホであまりマルチタスクどうこうはやらないのでrecentとしては活用してなくて、それよりタスクマネージャーとしてのアプリ終了機能をよく使う。ここでスワイプすると一見して履歴削除のようで、processまでkillしてくれる。言うことを聞かないアプリはこれで確実に叩く(笑)。
 こう考えると、カスタムROMで4ボタン並べるのが個人的にはいいのだろうなぁとは思いつつ。薄々感じてはいたことだけれどね。
 まぁ今はまず総合力で。

・ストラップホール
 え、無いの?
 スマホが手から滑り落ちる落下の恐怖に怯えて常にストラップを指に引っ掛けておく小心者なんて私だけなんでしょうかね。
 とはいえ探せば同族は居るもので。まぁ少数派なんだろうけどね。
 んで、どうするかって言えば、やっぱDIYですよ。
 でも筐体に穴とか開けられないですから、ってことで、
img
 スピーカー部分にくくりつける(笑)。
 まぁ剛性には大変不安が伴うので、ストラップからぶら下げてブンブン振り回すとかは論外。あくまで不意の落下時の保険ですよ。その辺、肝に銘じておきましょう。
(追記:後日、当然の如くあっさり粉砕いたしました。気付かぬ内に取れたレベル。お勧めできません。ははは。諦めて素で使っているけど、やはりうっかり滑って落としそうで、気分的に落ち着かない小心者でありまする。)

・通知LED
 S2は充電ランプしか無かったのが、S4には通知用の可変色LEDが装備された。(S3から?)
 ああ、通知って凄く便利なんですね、と失ったものを取り戻して初めて分かる有り難さ。

・筐体・液晶サイズ
 5inch液晶搭載ということで、ちょっと大きすぎるんじゃないかと思ったけど、まぁ慣れてきた。片手操作はかなり怪しくなってきてしまったけどね。上の方に指を伸ばすのが辛い。
 ただその分、画面が広々と使えるようになったのはやはり大きいのかもしれない。ホーム画面は一段広げたし。っていうか職場で久々にS2を触ったら、「画面せまっ」(笑)。
 Androidアプリは基本的にdip(Density Independent Pixel)という解像度非依存の単位でデザインされていて、どの端末でもUIコンポーネントが見た目共通の大きさで出るようになっているので、情報量を増やすには単純に画面(inch)の大きさが物を言う。或いは端末のdpi設定を変更するという選択肢もあるけど要root。まぁ結構落とし穴もあるみたいだし、今はまだいいかな。

・解像度
 ブラウザで通常のPCサイトを開いた時のこと、
 ちっさ!文字ちっさ!(笑)
 そりゃだって、5inchの液晶サイズにして、うちの12.1inchのPCの液晶より解像度が細かいんですもの。
 うちのX200sだってこのサイズにしては細かいのを選んでたんだけどね(1440×900)。それがこっちは1920×1080だもんなぁ。
 あー、高解像度液晶のノートPC欲しくなってきたわー <そっちか。いやだってスマホよりよっぽど重要だし。近年は酷い解像度のが多くて(X200sの後継もろくなのがない)、最近ようやくという感じなので頑張って欲しい、と改めて思わされました。まる。

GalaxyS4セットアップ編

 一呼吸置いてのつづき。
 最初は軽い気持ちでメモが残せればいいくらいのつもりで、大体一気に書き上げはしたのだけれど、一度書き出すと色々気になることも出てきて再度調べ始めたりして、微妙になかなか区切りが付けづらく。
 まぁ結果的には大したことは書いてなかったりしますけどね。

 何やかんやで入手しました、GalaxyS4 3G版 GT-i9500。
 続いてはセットアップ編。

・起動ロゴ
 最初に物凄くどうでもいいネタですが気になった話。
 起動時の端末ロゴ、「Galaxy S4」の4が今機から単なる数字になってますが、この数字が何と言うか。S2,S3,S4と結局は数字で表現されがちだからそうしてしまったのは分かるけど、まるで取って付けたようなしょっぱさが、、、。>公式
 いやほんとどうでもいいんですけどね。

・Googleアカウントのリストア
 S2は死んだものの、こんなこともあろうかとgoogleに個人情報をダダ漏れさせながらデータのバックアップをオンにしておいたので、S4でアカウント登録して全部復活するんだよね?、、、と思っていた時期が私にもありました(遠い目)。

※追記:この辺、何処かで機種変更時にアプリインストール状態も復元される旨の話を読んだ気がしていたんだけど、探してみると曖昧な記事しか出てこないので間違いかも。そんな機種変更対応機能なんて便利なものは無いですか、そうですか。本当にファクトリーリセットからの復旧限定機能?
※アプリバックアップというのは4.0からadbでフルバックアップが可能になったのでそれと混同してるかも。
※まぁそれはともかくとして、リストアの注意点として読んで貰えれば。

 はい、リストア失敗しました(即死)。
 googleアカウントを登録しても何も起きない聞かれない。そもそもリストアって何処で行うの?と調べたら、>こちら(追記:なんかヘルプが消滅している・・・)
重要: 設定を復元する場合は、セットアップ中に行う必要があります。セットアップの完了後にデータを復元することはできません。
 やってしまいました。リストアはセットアップ時限定。
 故あってセットアップ時にはアカウント登録出来なかった(後述)もので、後で登録したのですよ。こんな罠があるなんて聞いてないよ。いやもしかしたら英語で注意書きは出ていたのだろうか、、、(またfactory resetして確認する気力はないので)
 んで既に一度真っ新な端末状態でアカウントに紐づけられてしまったので、factory resetでやり直そうが無駄無駄無駄の極地。じゃあアカウント上の端末情報を削除してやり直せば? そんなものはありません!(超重要)
Google Play ウェブサイトの [設定] に表示されている端末を完全に削除することはできません。
 完全にというか一切、ね。非表示は削除とは言わない。
 いやこれ、一度捕まれた端末データは未来永劫消されないってことなんですよ。端末からはバックアップデータの削除は可能だ(とされてる)けれど、外部からは一切関与できない。例え本人でもね。要するに返事がないただの屍と化した我がS2のデータは永遠にGoogleに握られたままということです。うわぁ。
 もっとも、このandroid標準のバックアップが何処までデータを握っているのかは今回確かめようもなかったのだけれど、データのバックアップというくらいなんだから、/data/以下の基本ファイルくらいは持って行かれているものと仮定して。
 自分は特に困るようなデータは入れてないけど、一般的に言ってこれはちょっとどうなのかと。
 既に一度握られたデータにプライバシーも何も無いだろうとはいえ、感覚的にはバックアップというのは一時預かりみたいなものだし、それを消すことが出来ない状況が発生するというのは流石に不味いんじゃなかろうか。
 じゃあせめて、その握りっぱなしのデータを活用する意味で、端末Aのデータを端末Bに任意に移植させてよ?などと思って探してみたけど多分ない。本当に新規端末登録時にフルコピーを作るファクトリーリセットから復旧するための機能しか無いみたい。溜めるだけ溜め込んでおいて使える機会は機種変更ファクトリーリセット時のみ、かつ端末が死ねばサーバからの削除も不可。
 どうなんかなぁ、これ。
 リストア出来なかったのも痛いけど、それ以上の衝撃を受けた感はある。

・セットアップ時のWifi接続
 因みに何故セットアップ時にアカウント登録しなかったかというと、Wifi接続が出来なかったのです。ルータにMACアドレス制限を掛けてましてね。登録しようにもMACアドレスを確認する手段がセットアップ画面には無いのでキャンセルして抜けるしかない。(一時的に制限offにすれば良かったんだけどね、、)
 これに懲りて、たかが家庭のセキュリティということでMACアドレス制限は外すことにしようとは思いますが。でも会社ならMACアドレス制限くらい珍しくないし、そういうユーザ・企業の疑問の声というのは挙がっていないのだろうか。
 まぁ今はただ、気を付けましょう。


 さて、気を取り直して、

・日本語化
 この所謂グローバル版のS4は勿論日本語ロケールも入っているのだけれど、どういう訳かロケール選択に出てこない。
 対処としてはMoreLocale2というアプリを使う訳ですが、S4ではadbコマンドを叩く必要が出てきたとのこと。詳しくはこちら等で一通りまとめられてますが、まぁ自分なりの注意点も加えて簡単に書き並べておきましょう。

・デバッグ接続
 日本語化に先立って、AndroidSDKのインストール及びデバッグ接続環境が必要となる。
 USBドライバはS2の頃からのものが共通で使えた。こちらで。Kiesなんてものを入れる必要はない、というかあれは盛大なゴミ(アンインストールでも消えないマルウェア級)が付いてくるので駄目。いやほんと(>参考

 続いて端末をデバッグモードで接続する為に、Developers Option(開発者向けオプション)のUSB debug項目をオンにするのだけど、どうも4.2からはこれを出すために隠しコマンドを打つ必要がある。
 Settings -> more -> About device -> Build number
 (設定 -> その他 -> 端末情報 -> ビルド番号)
を何回か叩く。

 また4.2.2ではUSBデバッグ認証(ホワイトリスト登録)が必要。接続しても「device offline」となってしまう場合はこちらを参照。SDK platform-tools rev16.0.1以降とAPI17のインストールが必要。そうすると接続時に端末側に認証要求画面が出るので許可させる。
 これでadbコマンドが叩ける状態になる筈。

・改めて日本語化
 MoreLocale2をインストール。

 adbコマンドでMoreLocale2にpermissionを当てる。
> adb shell
$ pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION

 MoreLocale2を起動、Custom Locale、或いはmenuのAdd Localeにて、Language/Country = ja/JP で登録。

 以上で晴れて日本語化完了。

・日本語フォント
 日本語フォントについては全く問題なく表示された。
 ここは端末に依っては対処しないとならないこともある参考。androidのフォント変更にはrootを取らないといけないので、海外端末選びには一応注意が必要。ただ4.0からモトヤフォントが採用されたりとフォントの整理も進んでいるようなので、下手なローカル端末を買わない限りは最近は問題ないんじゃなかろうかとは思いたいところ。

 同様に以前の機種では問題になっていた日本語のbold参考もきちんと出ている模様。Chromeではね。
 ただSamsung謹製のS4標準ブラウザ(Chromeとは別に用意されている)では駄目なのは、独自に使ってるフォントファイルの問題ってことだろうね。


・再構築
 これで後はこの真っ新に蘇ったS4に新たな命を吹き込むのみ。
 これを機会にアプリの整理・一新が出来ると思えば、まぁ悪くない、よね。
 というか実のところ本当に困ったのはtodoデータの消滅くらい。電話帳を含め大抵のデータは所謂クラウドサービス化を済ませていたので、殆どの日常的なデータはすぐに復旧出来た(ゲーム類は、どうせもうやらない、、、ワルキューレのおまけフラグが消えたのは残念だけど)。ただtodoだけは、諸々あってサーバ同期機能を使わずじまいだったので見事に消え去ってしまった。思い出せないことは忘れればいいさ(遠い目で)。思い出せないという事実だけは忘れられなかったりするんですがね(笑)。

 しかし、どうせスマホでしか弄らないんだからローカル保存で十分だよね、と思っていたのだけれど、クラウドサービスというのは何も「端末を選ばない」ことだけでなく、バックアップサービスとしても機能するのだと改めて思い知らされましたよ。

引き際が云々

 某板でたまに見掛ける100円玉の人がですね、あんなにちっこいのに身体のラインがしっかり取れていてですね。凹みますよね。
 まぁ先日のアレに関しては、「やると決めたからにはやる」という事で決行した訳ですが、やっぱり世の中「やればいいというものじゃない」という言葉がありますよね。
 っていうか皆うまいなー。ホント脂汗出てきますよ。ははは。
(いつもの如く(笑)で誤魔化す気分にもなれなかった、、とほほ)

 因みに最近はネットの評判に従ってジャックハム先生の本で勉強しているのだけど、確かにこれは良いな~。これとルーミスの2冊だけあればいいみたいな意見もあったけど分からないでもない。(ルーミス本は実物が確認できなかったので未入手)
 最初からこれを見ておけばもうちょっと学習の仕方も違ったのかも知れないとは思いつつ、ただどうせ自分はまず「線も思うように引けない」レベルからの出発だから、何から真似ても大差無かった気はしますけどね。はははのは。
 ハム先生も「結局は数だ」とばかりにバリエーションサンプルがとにかく一杯詰め込まれているので、全模写しようとするだけで時間が掛かって正直まだまだ全然進んでおりません。
 ただちょっと最近たまに思うのは、サンプルをなぞる(模写)のも勿論勉強にはなるけれど、実物を見て自分で線の取り方を考えていくことも必要だよなぁと。まだそんなレベルかどうかってのはさておいて、いずれ。

 いかん、軽く前置きで言い訳しておくだけの筈が。思い出すだけで以下略。(人それを自爆と、、、)
 気分を切り替えて、書き忘れネタ行きますよ。

 ふとしたことから見付けたこの書き込み
ホスガが全員自分の周りにいるとしたら
どういう位置づけでいてほしい?


アイリ:おかあさん
 これはなかなかハイレベルですねと。
 まぁ気持ちは分からないでもない(笑)。

大体一周年と三周年

 さて、S4の話はちょいと一旦休止しまして。
 そういう話を期待していた方は0.0005秒でブラウザを閉じて頂ければ幸い。


 えーと、誕生日イベントにかこつけて何かやらかすシリーズということで。
 あれ?でもこの前歳喰ったばかりの気がするんですが、もう3*? って俺のことじゃないよ!(素ボケ)

 そんな訳で、この期に及んで始めた手先の訓練が大体一周年となりまして。元はといえばこのタイミングで誕生日イベントとかこつけて初めてドリクラ・アイリを描いてみるという目論見だったんですが。半年前の自分がうっかり早まって「ゲェーッ」な絵を載せてしまったのが去年末の話(リンクは貼りたくない(笑))
 さて今度はと言えば、
img
 これは、、、辛いね、、、。
 orzってのはこういう時の為にあるのだと痛感致しました。
 前回も大概だったとは思うけど、若気の至りで水に流せるのは一回きりなんだろう。半年経ってこれか、みたいなのもあるかも。まぁ「昔よりはマシ」と延々自己暗示に掛けながら何とか生きて行けたらいいのにな(何コレ)。

 いやまぁ「ここはおかしいだろう」みたいなのは何となくある訳ですが、まだまだ基礎が足らない中で足掻き続けるにも限界があるので、今回はこんなところで。
 ではまた、来世にご期待下さい。(ぉ)

 思えばこっちはもう(自分が触れてから)三年くらい経つのか。
 そもそも自分がいつまで経ってもアイリ中毒から抜け出せない背景には、ドリクラの曲(歌)が妙に良いってのがあると思う。


 ただアイマス含めてアイドル系の曲は全くティンと来たこともなくて、それどころか昼飯時のすき屋の有線でその辺のアイドル曲が流れて来た時はイラッと来たこともあるんですが(笑)。たぶん冷静に見れば、こういう如何にも感をウリにした作りは大して差はないんじゃないかとも思ったりもしたんだけど、何だろうなぁ。まぁ強いて言えばイラッと来た方はぶっちゃけ歌い手があまりにも下手くそだったからとは言えますが(苦笑)。

 この点、このアイリは比較的上手く歌っている方で、とはいってもゲーム本来の「女の子キャラがカラオケを歌っている」雰囲気を守りつつの歌い方なんだけども、そこがまた実に面白いなと思うところでもあって。特に彼女の場合は、「丁寧に音を合わせつつ」「(敢えて)感情表現を抑えた」歌い方が実にロボ子というテーマを演出していて、声優さん上手いなーなどと思わされるところ。
 ついでに言うと、一方で(全キャラ共通故の)モーションが軽快な笑顔を振りまく様というのが、まだ固さを残しつつも「らしさ」を押し出そうとするロボAIの試行錯誤感を演出しているかのようにも思えて、いやいや実に健気で可愛いもんじゃありませんかと。(笑) (もうこの辺は完全に俺解釈の世界だとは解っておりますが)

 その意味ではやっぱり、ZERO(の追加分)で歌い方も変わってしまったのは個人的に残念かなぁ、と。
 「棒っぽい歌い方」で未熟なプロトタイプを演出するようになっているのだけど、ぶっちゃけ棒なら人間にも一杯居るし(苦笑)、また自分は棒歌ロイドに興味がある訳でもないので、前述のような妄想を膨らませる余地もなかったという感じ。
 まぁ変化を出すにはやむを得ない方向でもあったろうけどね。無印の歌い方で新曲を聴きたかった俺ガイル、ということで。

 などとまぁ、正直もうこんな話をする機会もない気がするのでぶちまけてみました。
 じゃあまた5号店(仮)で量産型(普及型って言い方の方が好きかな)アイリが出てきたら起こして下さい。