GalaxyS4購入編

 続いて、GalaxyS4購入編。
 S4を選んだ経緯は前にも一応書いたので置いときましょう。時間もなかったので結局はS2からの乗り換え安牌を選んだと。

 ここで問題になるのが、自分はb-mobile化しただけに端末はSIMフリーの端末(またはdocomo白ロム)を買わなければならないこと。
 しかし国内docomo端末のLTE機は3G SIMは使えない嫌がらせが為されている参考ので、自分の選択肢からは消滅(SPモードメールとかdocomoホームとか入れられても邪魔だし、root取るのもそれはそれで面倒くさそうで)。そうなると後は海外端末を購入するしかない。
 幾つか見て回った結果、EXPANSYSというショップが価格・評判と共に良さそうだったのでそこで購入することに。
(追記:もっとも海外端末はfomaプラスエリア対応は限られているのでご注意を。まぁ自分はどうせ都心から出ないので、、、)

・PayPal
 海外ショップなのでクレカ直よりもPayPalを使った方が安全とも言われていたので、念のため従っておくことに。まぁ日本語スタッフがいるようなショップならそう間違いも起きないとは思いますが。(というかPlay Asiaとか余裕でクレカ入力してたわ!(笑) まぁ期限切れの古いのだし消しておきましたが。。)

 むしろこのPayPalの方が曲者でした。
 先に要点を書くと、「アカウント作成時に国籍を外国にして英語で入力しましょう」
 解説サイトに素直に従っておけば良かったものを、英語で登録しないで日本語で登録してしまった。微妙に情報が古かったので、今は日本語ページも出来ていて「あとで英語住所を追加できます」という言葉を信じたのが運の尽き。確かに住所は複数登録出来るのだけれど、なんと名前は最初に登録したものが唯一無二。しかも名前が最重要視されていて容易に変更出来ない。タイプミス程度なら修正出来るけれど、それ以上の変更には事務手続きが必要となってしまう。何てことだ。日本語のままではどう考えても文字化けの宛名で発送されて酷いことになりかねない。
 変更に当たっては電話で手続きをすればものの10分で完了らしい、ってこちとらその電話が死んで困ってるんですガー!とブチ切れ金剛(注:ただの逆ギレ)な気持ちを抑えつつ。第二案としては、問い合わせフォームから「海外で使用するため英語化をお願いします」的な言い訳を添えて流せば変更して貰える参考。これも10分くらいで対応して貰えたとのことだったけど、果たして運が悪かったのか、まぁ私ですからね、うん、実に2日くらい掛かりました(苦笑)。
 結局待ってられなくて、そもそもFedExの発送は土日は無いのでこりゃ急がないとってことで、さっさと別アカウントを作ってそちらで注文してしまった。
 まぁこういう無駄にリソースを食い潰すユーザにならないよう、皆さんはお気を付け下さいませ。とほほ、御免なさい。

・発送
 ショップの表示によれば大体2~3営業日で発送するとのこと。
 木曜の昼に注文したので運良く終末までに発送処理されても土日挟んで届くのは来週か~、くらいに思ってたら、金曜の15時にもう届きましたよ。「え?」って感じでした。いやホントに。なんで国内通販より早いの(笑)。

 因みにここで「運良く」って書いた訳ですが、ああ、成る程、マイナス方面に振り切れていた運のバランスがここで取り戻された訳ですね。うん、そうか、、、(笑)、、、。

・関税
 発送にはFedExが使われ関税がかかる。関税はこちら持ち。
 しかしこの催促通知がなかなか来ない。飲みの場で、「来なければ放っておけばいい」「giftとか言って送られると掛からないこともある」などと聞いてちょっと期待しながら帰宅したらポストに入ってました(笑)。半月くらい経ってたかな。
 支払い自体は公共料金よろしくコンビニ払い出来るので簡単。
 因みに2500円でした。元値は計算しなくていいよ!(一ヶ月でもう**k近く安くなってんの)

・保証期間
 白ロムって保証どうなるのかなと思ったら、EXPANSYSは基本三ヶ月の保証でした。
 尚かつ延長保証で+1年。2980円也。
 当時はもう相当慌ててたんで(時間無かったのよ)、全然気が回らずに保証入れませんでした。
 というか自分、家電の保証とか一切入れませんので。「普通に使ってたら壊さないでしょ」「壊す方が悪いよ」くらいにしか思っていないんですが、「(自分が)壊さなくても(勝手に)壊れる」という現実を直視させられたばかりなのでした。ぐぬぬ。
 まぁS2ですら2年弱保ったし、1年くらいは保つからきっと意味ないよ、多分。うん。壊れたら開き直ってgoogle版S4を買うフリをしつつ、泣きながら安いS2の白ロムを探すと思います。

 そんな訳で、取り敢えずroot化に手を出すのはよくて三ヶ月以降ってことで!

b-mobile移行編

 さて、b-mobile移行編。
 長年なすがままにされてきたdocomoの契約を打ち切り、b-mobileのスマホ電話SIMに移行した。
 思えばこれが悪夢の始まり、、、という話はさておいて(笑)(注:間が悪かっただけ)

 このサービスは、最低限の音声通話とデータ通信を格安で組み合わせたもの。1080円/1290円の音声通話と、980円~のデータ通信の組み合わせで、一番下のプランを選べば月2k程度で音声通話付きSIMを維持出来るようになる。また回線はdocomoのものを使っているのでサービス領域もそれに準ずる。またSIMロックを外さなくともdocomo端末にそのまま差せる。悪くない。

 自分が選んだのは3Gのデータ980円プラン。月2kちょい。
 以下選ぶ際の注意点は3つほど。

・LTE / 3G
 LTEの方が1080円と若干安いが無料通話は一切なし。一方、3Gは1290円で無料通話30分プランと、他に上位2プラン。但し翌月繰り越しは無し。3Gの増額分は通話5分(21円/30秒)に相当するので、その辺で折り合いを付けて選ぶのもあり、なのかな。いやまぁLTEはデータ通信の為に選ぶものだよね。
 まぁ自分はそもそも当時はGalaxyS2だったのでLTEという選択肢は無い、のかと思ったらLTE版SIMを3G機に差すことは出来たのね。
 ただ逆に、docomo端末の白ロムを使う場合は、LTE対応端末(Xi対応端末、GalaxyS3 SC-06D等)はLTE版SIMしか使えないというdocomo側の小細工があるので要注意。この点で自分は国内端末の白ロムを買うという選択肢は無くなっていた。(追記:fomaプラスエリアのことを考えると国内版端末という話もあるのでそこも注意。)
 また注意点として、現状では「LTE・3GのSIMの移行は出来ない」。まぁ予定はされているとのことですが。

・データプラン
 今のところ、150kbps固定の980円プラン、月1Gまで高速(以後150kbps)な1980円プラン、同2Gの2980円プランの3点。こちらはいつでもプラン変更が可能。
 また低速回線でも100MB/525円で高速通信を使うことが出来る。すんごく割高ですけどね(笑)。
 自分は物の試しに980円プランにしてみたけど、150kbpsでも意外と使えるね(個人差はあります(笑))。まぁ勿論、昨今のwebサイトではそれなりに待たされますが。一番重そうなgoogle mapsも、ちょっとした外出程度なら事前に表示しておいたキャッシュを利かせて、後は店舗検索程度であれば軽く返ってきた。まぁこんな時の為のオフライン機能の筈なんですが、日本では~ってことで。いつものことか、、。ダウングレードで、という話もあり。試してないけど)
 そもそも自分は基本的に外出時にはRSSリーダーのオフラインキャッシュで殆どの暇を潰してる訳で。ところ構わずwebガリゴリって人には当然向きません。それでも月1GBプランなら大抵のことは出来るからいいんじゃないかな。

・SIMカードのサイズ
 標準/マイクロ/ナノの3種。
 いつでも変更可能だから後で考えればいいや、とS2基準で標準SIMを選んだ馬鹿がここに居ります。はい(苦笑)。
 変更は可能だけれど当然有料、尚かつSIM再発行時の実質不通期間が発生するので要注意。
 しかもこちとら届いたSIMを差す前にS2が死亡する罠。昨今の端末はマイクロSIMが主流。最初からマイクロサイズを選べばアダプタを使って小が大を兼ねることが出来たのに、こりゃまた盛大なバカをやらかしたもんだ。と、慌てて調べてみたら何のことはない、標準SIMを上手く切り取ってしまえばそのままマイクロSIMとして使えるのだそう。確かに寸法を見てみるとチップを傷付けずに済むサイズになっている。参考
 という訳でいざ実行。
img
 カッターでという話もあったけど、うちのしょぼカッターではSIMが堅くて手こずったので、素直にハサミでカッティング。大きめに切り取った後、ヤスリで削って調整という風に一応慎重に攻めてはみたけれど、外人は結構適当に切るらしいよ(笑)。

 そんなこんなで、ちょっと前後したけどSIMを選んで申し込み。
 MNP発動ですね。

・MNP
 一応公式にはMNPによる乗り換えには4営業日は必要とのこと。
 自分は5/22(水)の日中に申し込みして土日を挟んで5/28(火)に切り替え完了(docomo切断)、SIMが発送され翌29(水)には届いたけれど生憎の不在につき30(木)に受け取り。
 尚、この間、29日から即使えたのかどうかは不明。契約上は「利用開始日:2013年05月30日」となっているので5/30までお預けを喰っていた可能性はなきにしもあらず。まぁ1・2日は間が空いてしまうことは覚悟した方がいいと思う。

 因みに、b-mobileはdocomo回線を利用しているので、SIMもdocomoのものだし、端末の「ネットワーク」等には「NTT docomo」と表示される。端から見ればdocomoユーザのままかいなと(笑)。

・APN設定
 データ通信用のAP設定。こちらを参考に。
 ノントラブルですっきり。
 ただ場合によっては認証タイプで引っ掛かる例も見掛けた。具体例は失念してしまったけど、この辺参照?


 という訳で、届いてみれば(SIMサイズの件はさておいて)実にすんなり。S2がお亡くなりにならなければそれこそ大した話題もなく地味に移行できていたろうに、、。
 ともあれ通話も通信も、まぁそんなに使ってないけど(笑)、特に問題なし。
 やっぱ低速とはいえデータ通信が安価のまま気軽に使えるのはいいね。何せ今までdocomoの月5.5kの暴利を抑えるために、パケホーダイダブル2で月2.1kに抑えるという地味な努力を続けてきましたからね。普段はデータ通信はオフ(使う時だけオン)、spモードメールはデータ通信オフでも別途通知(のみ)されるから連絡は十分可能だという。明らかに不便ですが、これで月3k以上が浮くのだから、そりゃケチりもするって。
 まぁそんな生活とも流石にお別れです。ありがとうございました。最後に素敵な思い出をありがとう(笑)。(しつこくてすんません、まぁ忘れられませんよホント)

マイナスレア賞

 さて、気付いたらあっと言う間に一ヶ月が経過して、とうとうGoogle版GalaxyS4も出てしまいましたね。まぁ日本では(多分ずっと、公式では)買えませんけど。
 っていうか、つくづくこれが「顧客自分が本当に必要だったもの」としか言いようがないのですが(苦笑)。
 ほんと、40日前の自分に「あと一週間待て」と伝言を飛ばしたいよね。移行当日とかレア的中にも程がある。
 こういう何の役にも立たない(主にマイナス方面の)レアイベントにだけは縁のある人生。

 ところでついでに言うと、GalaxyS4と同時にHTC Oneもgoogle版が出されていて、ネットの記事ではHTC One推しのものも見掛けたのだけれど、個人的にはどうなのかなぁと。One Xなら触ったことはあるけれど正直微妙だった。独自カスタムしている部分が好みじゃなくて。まぁ元記事の比較もプリインストールアプリの問題だったけど、どうせpure版には関係のない話かな?
 ただもう一点、HTC機はボタン配置が実に宜しくない。まず筐体上部に置かれている電源ボタンが非常に押しづらいのと、更にOneの場合はソフトキー代わりのハードキーがback,homeの2個しか無い(OneXは普通に3個)というのは致命的な判断ミスではないかと思う。3つ目にあたる筈の中央の箇所には全く何の役にも立たないロゴがただ鎮座しているだけという。(まぁ実のところ、センサーは付いているのでカスタムROMで改善出来るとのことですがー。)

 まぁ何にしても、一ヶ月という期間を電話無しに過ごす訳にも行かなかったし(一応社会人としましてね。緊急なのは何もなかったけど、それはいいことであり。)、何よりやはり突如端末を失ってつくづく感じたのは、既にスマホが生活の一部品として組み込まれていたなということ。
 とはいっても他愛のないことばかりではありますが、
・目覚まし
・メモ
・todo
・mp3プレーヤ
・通勤中のRSS、読書(青空文庫)
 など

 思えば当日、朝風呂にしようと目覚ましを早くセットしたのにいつもの時間に目が覚めて「あれ?また余裕で爆睡?」と思ったら電源が落ちていた、というのが事の始まりでした(遠い目をしてみる)。
 ただでさえ「いつもの」日常に依存するタイプなのに(日本人は米!だよねとか)、これだけ一気に吹っ飛んだ上にリカバリの目処も立ってなかったものだから参った参った。せめてもの、と昔使っていたmp3プレーヤを急遽復活させた当日にもう海外からS4が届いた時は軽く笑いましたが。

 そんな訳で、b-mobile移行を始めたらいつの間にかGalaxyS4を手にしていた、何が何だか以下略編、を始めたいと思いまする。

決別

 さて。
 出掛けるかなというところで気付いたら横浜ラプソディーが終わり掛けだったものでコイヲシテイマスまで聞かざるを得なかったという、性懲りもなくアイリ全曲集デスループ中毒の今日この頃ですが。
 と、微妙に間を空けてしまうと前置きネタもあれこれ思い付いてどうしたものかなというところで敢えてアイリネタを選んでみました。昨今わざとらしくも増え続けていく有様にアイリカウンターとか名付けつつあります。まぁそろそろ飽きるんじゃないかな?(ぉ)


 はてさて、S4の話なんかも書きたいけどまずはこちらを。
 長らく実家に放置し続けていた我が過去の遺物なんですが、家の改修工事とやらにかこつけてとうとう処分命令が下りまして、渋々片付けに行って参りましたよ。
 まぁ持ち出さずに置いてきた漫画本とかはそもそもが二軍なのでどうでもいいのだけど(ヒマな時にもう一回読もうくらいには思っていたけれど)、やっぱり悩ましいのは幼少期~思春期を共に歩んできたFCカセットやらX68k(PC)やら。この辺は昔引っ越しをした時期からずっと箱にしまわれ続けていたのだけど、一度処分しようとして箱を開けた直後にその光景に耐えきれずにそっと箱を閉じた過去があるもので(笑)。
 そうは言っても、自分はハードウェアマニアでも何でもないので、思い出を掘り返す程度ならぶっちゃけエミュでも十分。ノスタルジーに浸る為の記号的存在でしかない以上は完全なデッドストックなので、悲しいかな今の自宅に引き取るのも正直に言えば無駄でしかない。ここはもう、倉庫の一つも持てなかった我が家系ないしは自己の財力を呪うしかないので、既に諦めの境地。せいぜい記念写真を撮ってあとは思い出の海に沈めようというものですよ。

 という訳でとうとうお別れとなりました、元愛機、X68000初代機及びX68030。
imgimg
 とはいえこの辺はどう処分するかが最大の難点。
 こういう時こそ、ということで多分初めて本来の使い方が出来た気がするtwitter。自分は大したフォロワーも居ないけどそこはリツイートの力で、無事に引き取り手が見付かりましたよ。動作確認もせずだったけど(X68kは電源基板破損の持病があるので変な事はしたくなかった)快く受け取って頂けました。多謝。
 というか今時欲しがる人だけあって自分なんかより余程精通した方のようなので、現役時代以上に活用して頂けるんじゃないかなどと思ってしまったりも。私の分も可愛がってやって下さい、ホント。
img
 でもってお土産にこれを頂いて参りました。ありがたや。

 あ、流石に初代機は引き取り手ナッシングでした。(尚、こっちのモニタは兄貴がTV用に持っていったので既に手元に無し)
 まぁ二台目を買う程じゃなくて諦めたであろう030と違って、初代機の需要なんてもう何処にも無いですよね、ということで(苦笑)。(因みにうちは兄貴の初代機を引き取った後に、自分が別途030を買ったというだけ)
 さてどうしたものかな。コンピュータ類は下手に捨てられないのでハードオフに0円で置いてくるしかないかなと思っていたけれど、生憎の閉店時間でその日は終わってしまって諦めたまま。
 他にも、数年分が溜まりに溜まったOh!X(雑誌)なんかもありますが。オークションでこまめに売れば結構な額にはなりそうなんだけどね。まぁそういう気力もないし。せいぜい雑誌類を扱ってそうな古書店に持っていくくらいかなというところで。初代機と共に「捨てる候補」とだけ伝えてひとまず置いてきた。

 というか、FCカセット類も保留したままです(笑)。
 いや写真に撮るのも結構な手間で、流石にそこまで時間もなかったので、ちょっとくらいは勘弁してくれということで押し入れの片隅に残してきた。まぁ次はやらねばなるまい。三脚とカメラを持っていってルーチンワークの刑かな。
 因みにFC類というと、これまた厄介だったのが攻略本の類。今はというかSFC辺りからもうただのデータ本としての価値しかなくなってきているけれど、FCの頃はそのチープな表現力を補うように結構読み物として面白く作られていたので、なかなかに捨て難い。まぁ過去に一度主だったものは回収済みだったのだけれど、今回また改めて選別して引き取ってきた。
 まぁ一回読み返して懐かしさに浸れれば十分な気もするのだけれど、困ったことに残っているゲームの本=もう一度やってみたくなるような物ばかりで迂闊なネタバレもしたくない。いやもう大分忘れかけてきた今こそ新たな気分で楽しめるんじゃないかと。まぁ結局は記憶の連鎖で次々蘇ってきてしまうのが我が脳味噌のしつこさだったりもしますけどね。最近はとんと記憶が定着しなくなったというのに、長期記憶の領域がもう子供の頃のそれで埋まり切ってるんだと思いますよ(笑)。

 そんな訳で、部分的にとはいえ過去との決別をして参りましたと。
 荷物の量なら今も正直何とも言えない量がてんこ盛りですが、まぁ昔の思い出とは違って、全部丸めてポイしてこいと言われたら、何とかなるんじゃないかな、一部を除いては<未練(笑)。

文鎮

img
 Galaxy S2 (SC-02C)が文鎮化しました!
 いや、別にroot化に失敗したとかじゃなくてですね、、、。

 状況としては、
・朝一で電源が切れていた
・電源を投入するといきなりDLモードが表示された
・寝ぼけてたのもあって慌ててキャンセルを選択
・galaxy起動ロゴ表示後、docomoロゴが再び表示されフリーズ
・仕方なく電源off
・再度電源を投入しようとするも全くの無反応
・充電ケーブルを挿しても充電反応すら起きない

 今思えばDLモードが出た時点でそこでカスタムROMを流し込んでおけば、もしかしたら助かったのかもしれないけれど後の祭り。まぁいきなりのROM飛びってことはもう基板とかフラッシュメモリとかが逝ってしまっている気もするけどね。
 一応、root化に関しては確かにやったことはあるけれど、galaxyS2はbootloaderがロックされていないのでカスタムROMを焼かずともSuperUser他を流し込めるこちら参照。自己責任でお願いします)ので、結局元に戻したし、DLカウンタとかも上がっていないので怒られるような事はない、筈。。
 ということでdocomoに問い合わせることも十分可能だった筈なのだけれど、ここで大問題が一つ。私、b-mobileに切り替えたばかりなのですよ。というか前日に切り替えが完了して「今日SIMが届くぜ」って日に端末死亡ですよ。何この図りまくったタイミング。

 まぁ端末はdocomo購入のものなので一応どうなるかは聞きに行った。そもそも2年弱が経過してるので保証の範囲外だよね?と思っていたのだけれど、実際はdocomo保証で計3年まで保証の範囲内だったとのこと。いやうん、私は昨日で契約切れてましたね、、、。ということで通常の保証切れで、状況から見て13kくらいは取られるとの話。何てことだ、乗り換えをあと一週間躊躇していれば、、。或いはあと一日早く壊れていれば!(でも修理中に解約とかいうと最悪な結果にもなりそうな)

 流石に今時型落ちのS2に13kも出してられないということで、急遽新しい端末を見繕うことに。
 いやそもそもの話、今はNexus4が日本に来る来ないと言われていたり、GalaxyS4等の最新端末が出たばかりの時期なので、明らかにタイミングが悪い。だから先にSIMだけ切り替えておいて(b-mobileはdocomo回線だからdocomo端末にそのままSIMが差せる)、後でゆっくり時期を見据えて端末を見繕うつもりだった。それなのに全く、、。
 端末選びは結局は幾らまで出すかの勝負でもあるのだけど、こちとらS2が既にICS(4.0)なのでせめてそれ以上の機種は欲しい(既にICS以降のみのアプリも使っているのでGBへの巻き戻りはしたくない)。出来ればJB(4.1-)。その時点で相応の出費は免れず、下手に勝手の分からない他社製に乗り換えて悶々するよりは、pureなNexus4か、安牌のGalaxyで、S3を買うならS4だよねという感じかと。(S2のICSアップデートが微妙だったので、S3のJBアップデートも期待しておらず。)
 この点、Nexus4は今輸入するとバカを見る試算が強すぎるし、かといってS4はgoogleがpure版を一ヶ月後に出すというこれまた最悪のタイミング(苦笑)。そこはもう諦めて、最後に残った視点は使い勝手。
 pure Androidの悪い所は3以降に標準化されたソフトキー。backが左下なのはまぁ慣れだとしてもmenuが無いのは絶妙に使い勝手が悪い。ActionBarで上に持って行かれたのだけれどどう見ても指の移動量ばかり大きくて使いづらい。だからカスタムROMでソフトキー配列を弄ってmenuを追加しているのをよく見掛ける。要するにpureとか言っても結局は最初からカスタム前提みたいなものなので、そうなるともう端末のハード性能が全てになるのでNexus4を買うのは何だか割に合わない気がする。
 その点S4はmenu,backのハードキーを固持しているのでカスタム無しにもそのまま使える(今はそんなことにかまけている時間も無いので)。まぁrecentキーが無い(home長押しは若干めんどい)のが気にはなるけどね。recentはまだそんなに重要視はしてないんだけど、あればあるで便利なので。4系から(?)アプリ終了機能も使える(右や上にswipe)ようになって利便性が増してるようだし。
 それ以外にもsamsungの余計なアプリが一杯ついてくるというデメリットはでかいけれど、無視すればいいだけの話なのでまだマシ。それ以外の標準的な部分については実はGalaxyシリーズというのは結構素直なカスタマイズなので変な癖もなく使いやすいんだよね。

 という訳で迷いに迷った結果、GalaxyS4購入を決意した。バカ高いけどね!
 いや如何せん文字通り「連絡が付かない」状況に陥っていたし(PCメールは届くけど)、また最近は昼夜問わずの糞プロジェクトのヘルプに駆り出されていたので、とにかくじっくり考えている時間が全く無かった。
 まぁ海外通販だし、木曜昼にポチって来週までお預けですかね、と思っていたら何と金曜の昼過ぎにもう着いた!(徹夜明けで家で寝ていたところ) びっくりどっきりあまりにも早すぎてちょっと笑った。
 いや~、水曜に死んで金曜に復活できるとは思わなかった。
 S4はうん、実に快適ですね。galaxy自体使い慣れてるし、S2で酷くなっていたプチフリもなくなったので。


 そんな訳で紆余曲折がありつつもb-mobile移行、及びGalaxyS4購入ということになりました。
 この辺はまた色々あったので後日まとめたい。