検索の役に立つ(つもり)

 さて、気を取り直して。
 うちは一応google analyticsで検索語の統計なんかを見たりしているんですが、元々は月刊ログの検索合体事故が面白くて見ていただけのそれも、wordpressで普通の1エントリ型になってからは比較的きちんとした題材の検索が目に付くようになってきたように思う。それに昨今の世の流れがblogからtwitter/facebook等に移ってきているので、今時細々とでも雑記を書き連ねているこういう雑記blogが、比較レベルで検索ヒットしやすくなってきたのかもしれない。
 また特に最近はゲーム以外の雑記が増えてきたためか、情報的価値を求められるクエリにヒットしやすくなってきている感があるので、例えば「○○ レビュー」なんてのは、うちはtwitterの呟きに毛が生えたようなことしかやっていないのでひたすらごめんねーという感じですが、ものによっては如何にも困ってそうな調べ物もあって、そういう時は「果たしてお役に立てたのでありましょうか」などと要らぬ心配をしてみたりする昨今。
 いや自分自身、真面目な調べ物をしている時ほど、てんで使えないアフィリエイトブログ等にぶち当たった時のゲンナリ感は半端無いので、せめて少しでも世間の役に立つような情報を残しておくべきだよねと、ネットの片隅に駄文をばらまく身としての最低限の責任を考えてみた(笑)。今日はそんなお話。

 件の検索クエリは、「クラシックダンジョンx2 武器ステータスの見方」。これは「ああ、俺もこれ調べたよな」と思わされたもので。実際雑記に書こうともしてた筈なんだけど、どうやら書いていなかったみたい。
 「クラシックダンジョンX2」はいわゆるパラメータゲーなので当然ステータスの見方は重要になる。勿論そのぶんヘルプも充実していて全て網羅されているのだけれど、情報が分散していて、自分も一部のパラメータは物語中盤まで意味が分からずに保留してしまっていた。(上記クエリも多分、振りの速さや硬直パラメータのことだろうと思う)

 ヘルプの参照方法は以下の3つ。
・ひよこキャラの解説
・メニューのヘルプ
・説明書

 盲点だったのは3つ目。如何せん自分はDL版だったので(XBLAに慣れていたものだから)「DL版は説明書がないのが辛いよな」と思っていたら、ちゃんと参照方法があった。「ホームメニューのゲーム選択リスト上で△ボタンを押す」
 あとはそれぞれをきちんと見返せば必要な情報は揃っている筈。
 こういうゲームは、wikiなんかでも分かっている人間同士の情報交流にしかならないので、基本的なことは当たり前すぎて触れられないのが辛いね。

 ついでにもう一つ検索語の話をすると、「クラシックダンジョン アイリ」、
 「呼んだ?」(笑)

 まぁどうせアイリといっても知名度からして鎌を持った冥土のメイドとかその他アニメのキャラクターのことなんだろうな、と思って自分もググってみたらgoogle先生は非情でした。世間はかくも狭すぎた。
 お粗末様。

次回予約未定・補足

 何だか最近はベルト放送が多くて困る。皆、生き急ぎすぎだよ! TV番組の録画なんてものは一ヶ月くらい溜め込んでまとめて見るくらいが丁度良いのに。まぁつまり一気見の需要に応えた放送スタイルってことなんですけどね。
 しかしそれで個人的に問題になるのはHDDの残容量、ではなくて例の録画ミスの問題。ベルト放送は後日再放送ということはないので録り損ねたらアウト。これでもうcartoonを3話も駄目にしてるからね。cartoonは一話完結が基本だから諦めもつきやすいけれど(それでも流れってのはあるし)、これが連続ドラマやアニメだったら途切れた瞬間に見る気をなくす、とは言わないまでもガッカリ感とゲンナリ感に苛まれることは必至。

 そんな訳で、正直バカらしいとは思いつつも後悔する前にと同じ番組を2つの時間帯それぞれで録るようにしてみた。いやほんとバカらしい。
 というのはただそれだけの話なんですが、問題はここから。
 さて二重運用を始めて最初の録画の後、「次回予約未定」。また来たよ、、、。
 そこで折角の機会なのでそのまま様子見してみたら、翌日の番組開始1時間前くらいに見たら無事再登録が行われていた。流石にリトライ処理は走っているということね。問題はそれがいつ行われるのかということと、そもそも何で次回未定になりうるのかということ。
 一週間先の番組表だと更新が間に合っていないこともあるのでそれで登録ミスが起こるのかという可能性は危惧していたけれど(まぁ番組表更新の度にチェックしてるんだろうけど)、今回のケースは翌日なので番組表データが無いということは確実にあり得ない。以前気付いたケースにしても放送終了から2日くらいは経ってとっくに番組表には出ていたのでリトライしていないのかと疑ってみたというのもある。
 しかもまたつい先程も1件次回未定が出ていたし、思った以上に登録(検索)ミスは度々起こっているのかもしれない。つまり、どういう訳か番組検索にミスってしまうことはあるものの、なにがしかのリトライのタイミングで回収されている、そんなことを繰り返している危なっかしいシステムだということだよね。
 因みに先日の予約すっぽかしは本当に時間帯変更があった可能性も出てきた(どうもスペシャル番組が入りやすい時間枠だった模様)ので、この危なっかしいシステムで実被害があったのかどうかはまだ分からない。けどねぇ、確率の問題ですよこんなもの。それこそ連日ベルト放送なんてリトライチャンスが限られるので死亡率はグッと上がる。やれやれ。
 そもそもスケジューラーがスケジュール通りに動かない(可能性がある)なんてのは機能不全以外の何物でもない。予約録画はビデオレコーダーの最上位の基本機能だろうに。それがまともに動かない(可能性がある)というのはもう、情けなさと不甲斐なさに身悶えがする。(ソニー製SDチューナー+東芝RD時代は雷雨と豪雪以外での被害は0だったと断言出来るし、それが当たり前)


 しかし最近こんなことばかり書いてる所為か、「スカパー なんとか」とか「DIGA なんとか」とかの検索ログが増えてるのですよ。いやー、もしかしてハズレの組み合わせだったんですかねこれ(まぁ上記の話はスカパーチューナー単体の問題ですが)
 個人的にはもうストレスでしかないので、やっぱり腹を据えて4波レコーダーに買い換えるしかないかなとは考えているところ。ただホントSKP75は微妙機種なんですけどね。他に選択肢がないんだからしょうがないのか(もう1機種あるけどそちらは数少ない評判が露骨な不評のみという)。まぁ最大の懸念事項は、それで本当に解決するのか、或いはまた別の問題が浮上するのではないかという不安。ほんと、最近は「最低限まともに動かない」物が増えてきたよね、、。

 まぁ今回は過去ネタの補足訂正が必要だったので書いたけれど、もうこれ以上は話題はないかなと思うのでこんなつまらない話は打ち止めにしたい。

DIGA不具合

 スカパーチューナーとDIGAを直結させて数日、早速録画ミスが発生、、、って地上波の方かよ!
 うわぁ、、、
 まさかとは思っていたけれど、ここ最近の録画ミスの頻発はDIGA(DMR-BWT620)の問題の可能性が。
 スカパー録画だと相変わらずエラー表示に複数原因を並べるので気付かなかったけど、今回の地上波録画ミスでは「AC電源が抜けていた」という理由一つのみが挙げられていた。いやその時刻に停電なんて記憶はなく、そもそも仕事してましたし!(苦笑)
 改めて見返すとここ最近のエラーにはそのAC電源の文言が追加され、アイコンもそれまでの「一部未実行」ではなく「未実行」と異なる表示がされていた(スカパーチューナー側は履歴が流れてしまったので違いは確認できず)。つまり少なくともこれまでのエラーとは明確に現象が異なる訳で、今回のチューナー無関係のエラーを見るに、ここ最近のエラー頻発に限ってはどうやらDIGA側の問題だった模様。

 ただまぁ、これを除いても、「DIGA側は録画待機状態にあるのにも関わらずチューナーが動いていない」現象は実際にこの目で確認しているので、チューナー起因で録画ミスが発生する可能性がなくなった訳ではない。ここは改めて継続監視していくしかないだろうね。

 しかし今度はこの今のDIGAの問題が改善するのか、という話まで降りかかってきてしまいましたが。電源ボタン長押しでシャットダウンっぽい反応だったので、尚かつコンセント引っこ抜きでリセットを試みてはみましたが、果たして。
 調べてみると同様に謎の「AC電源エラー」に遭遇している例は散見されるようで、そんなにそこら中で不具合が発生しているのかと思うと情けなくてしょうがない。これまでの過去機種では一切のトラブルフリーだったのだけれど。それが家電ってもんでしょ?
 それとも実際に電圧供給不足? うーん、これまでのSDチューナー&東芝RDの時よりそんなに電源必要量が増しているのだろうか。それにここ最近になって急激にだからね。LAN録画の都合上クイックスタートONだから、シャットダウンされずに長いこと稼働してたらおかしくなっちゃいました、とかなのかねぇ。

 うーん、参った。
 まぁこれこそチューナーもDIGAもどっちも悪いという話になってきているので、チューナー内蔵機への買い換えで一気に解決できる可能性はありますが。
 ポチるだけなら簡単だけど、チューナー移行だから手続きとかもめんどくさいんだよね。
 それに候補のBDZ-SKP75自体が微妙機種なんで。まぁ待っていても後継機は出ないですが(今年のラインナップからも外れたばかり)

※追記:その後、状況が悪化して基板交換。全てはこいつの所為でした。

スカパーHDその後の後

※追記:最終的に録画ミスは録画機器側(DIGA)の基板の故障・交換でほぼ片がついています。

 「これが終わったら雑記を書こうか」なんて見事な死亡フラグを立てちゃったもんだから酷い目に遭った、というか遭っている。とほほ。
 お陰様でとうとう先月は月に1エントリという過去最低ラインを記録してしまった。最早これ以上はないというか、この先は隔月に1回とか1年に1回とか10年に1回とかになるのかもしれない。
 そんな訳で本当は先月の内に書くつもりだったネタを並べておきますよ。
 、、、という書き出しで始めようかと内心目論んでいたら、まぁたやってくれましたよ、バカチューナー。

 寝る前に一本cartoonを見ておこうと思ったらベルト放送のその録画がすっかり止まっている。「あれ、もう全話終了?」「な訳ないデスよねー」
 またも連日の録画ミス。ここ最近のあまりの惨状に流石に怒りゲージが瞬間沸騰してSKP75をポチる、直前まで行った。危うくのところで思いとどまったのはちょっと気になるところがあったから。
 もしかするとLANを繋いでいるハブの調子が悪い?のかと。所用でノートPCに有線LANを繋いだら認識が悪いことが何度かあって、その時はケーブルかポートの接触の問題だろうとグニグニやっている内に繋がったので放置していたのだけれど、これがハブ側の問題ということはなかろうかと。如何せん普段そこにぶら下がっている機器の使用頻度がいまいち低くて、はっきりとは言い切れないのが辛い。ただ、たまにデスクトップPCを使っていても特に回線がおかしかったという経験はやっぱり無いのだよなぁ。ノートの無線LANならたまにプチプチ言ってるのに気付くのに。

 そこで一つ思ったというか思い出したのは、この際もうチューナーとDIGAを直結させた方がいいのではないかと。DIGAのLAN機能は軒並み死ぬけど、よく考えればうちは使うこともない気がする。
 ここは暫く経過を見るしかないので、ただいま絶賛試験運用中。試験めんどくせー(違、わない)。

 仮にこれで回線が安定すれば、録画ミスも消えて一応の平和は訪れるのか? とも思ったんだけど、やっぱそうじゃないですよ。チューナー起因で起きている録画ミスは他にもある、というかまた目の前で起こしてくれましたよ(苦笑)。

 ということでここから先は先日の補足。>スカパーHDチューナー(TZ-HR400P)&DIGA(DMR-BWT620)

・繰り返し予約の登録ミス
 先日の予約すっぽ抜け現象はやはりこれだと思う。
 というのもエラーのリカバリーで予約一覧を見ていたところで「次回予約未定」という項目が見付かって、「ああ、そういやこれ前もあったよ!」と。番組表には通常通りの時間に番組が見付かるのに毎週予約登録がされない。「そこにあるだろう!」と虚空に突っ込みを入れる以外にない、この無力感。
 そもそも次回予約検索のタイミングがどうなっているのか分からないけれど、一度でも番組検索に失敗するとそのまま放置して二度と予約登録されないっぽい(訂正:流石に何かしらリトライは行っている模様 >参考)。当人としては一週お休みでまた来週、という腹づもりなのだろう。だから履歴にも残らず、翌週に何事もなかったかのように一週飛びの予約を入れる。
 因みに言うと、このチューナーの繰り返し録画は「番組名ありき」なので、番組が見付からない場合に取り敢えず予定時間帯を録画しておくという、親切というか極標準的な動作はしてくれない。なんで同じpanaなのにDIGAと設計違うん?

・予約登録エラー
 これは通信エラーに属するのかもしれないけど、チューナーで予約するとその情報を連携機側に送る、その動作がたまに失敗する(している)ことがある。こうなるともう多分エラーのまま抜けられないみたいで、結局録画も失敗する。
 手動で予約した際は一覧を確認するのでその時に気付くのだけれど、これが繰り返し予約時に発生すると当然録画ミスとなる、そういうことなんじゃないのかな。
 ただその場で幾つか登録していた中の一個だけエラーってるなどということも記憶にあり、そんなに度々LANが断線してるのか?と考えるのはどうにも納得がいかない。そもそもリトライとかしないのかよ?という。
 何せこうなるとメニューから再実行などという便利なI/Fは持ち合わせていないので、予約を消して再登録して下さいということになる。素敵ダネ! これは先ほどの「次回予約未定」の件もそう。削除・再登録・再確認の3フェーズの手間っぷりったらない。そこで間違いが発生することを考えても、出来れば避けたい動作なんだけどね。

・予約被り2
 いや人為的ミスであることは事実なんですが、それを防ぐ機構が何故ないのかという話。
  >毎日予約を登録
  >その時間帯に別の予約を登録(当日は除く)
 これ、エラーにも警告にもなりません。もうびっくり。(通常はエラーで登録自体できない)
 というのも、この繰り返し予約システムは1つの予約実行後に次の予約を登録するという作りなので、例えば「月~金」で設定していても、「月」が登録されている時は「火~金」は何も登録されていないという判断になる。だから火曜以降に別の予約をしてしまうと後で予約が被ってキャンセルされますという現象。いや、ロジックとしては分かりますけどね、ただの手抜きだろう!


 他にも予約が被ってしまう際に優先度設定一つないUIの至らなさなど、プログラム設計の酷さは筆舌に尽くしがたい。
 もちろん、自分がこういうことに口うるさい云々という話もあるけれど、同じような録画機能を持った他機器と比べてあまりにも時代遅れの頓珍漢な設計という点は言い逃れ出来ない。(DIGAと)同じpanaなら少しは横で連携するなり、せめて参考にくらいしろよと思う。

 そんな訳で、思い返せばやはり碌でもないチューナーであることに代わりはないんですが。
 だったらもう腹据えてチューナー内蔵機に乗り換えろよと思うところですが、ただまぁぶっちゃけ今はそんなことに構ってる余裕はないというか。ならこんな長文書いてるなよという感じですが、イライラが一日5分で収まらないから鬱憤晴らしに書き連ねているのですよ、ということで。HAHAHA