メタルマックス2R

 (DS)メタルマックス2 Reloaded
 メタルマックス3のシステムをベースにした2のフルリメイク。こちとら3で一周してようやく遊び方が分かったところで放置していたのでそのリベンジの意味も含めて購入してみた。というか数ヶ月前の自分がうっかり予約してしまっていたので積む前に開封してみた。
 しかし、これはまた想像以上にヌルいというか歯応えが無いというか。ヌルいこと自体は今時の風潮だけれど、3やってた時もこんなんだったっけ??と戸惑わずにはいられない。

 今回追加されたチャレンジハントという狩り要素も含めぼちぼちこなしているけど、ただただこなすだけの内容が多く、「○○分以内に」といった限定チャレンジですらものの数分も掛からずに片がついて全く張り合いがない。またDSサーガ以降ガチガチだった戦車改造が一気に緩くなりそれ自体はようやく自由度を取り戻して良いと言えるようにはなったものの、その戦力を注ぎ込む場に乏しく改造のモチベーションがあまりにも上がらない。雑魚は瞬殺芸で、WANTEDは無駄に堅いもののその堅さに何ターン費やすかの話でしかなく、これですらレベル依存で早々に風化しかねない。
 これは最早「遊べるバランス」というよりも「どうプレイしても良いバランス」に注力していると捉えれば良いのだろうか。自由度と言えば聞こえは良いものの、むしろ個人的には虚しさを覚えずにはいられない。このゲームに限った話ではないけれど、勝てる相手に勝てる勝負をしても楽しくはないのだよ、とね。

 というのがデルタ・リオ周辺を押さえた今の状況。今後海に出たり、イスラポルトの東側後半エリアに入ったところでどれだけ敵の強さがインフレするのかという感じではあるけどね。どうかなぁ。

 しょうがないので最近は、一般人グラフィックから専用黒髪娘にクラスチェンジしたイリットにインテリアを贈るようにしているのだけど、昔からとはいえやっぱり反応が薄い。むしろ執拗にねだってくるアンドロイドマリリンの方が笑えるというか。ただどちらにしてもワンパターンなので正直物足りない。もう少し無駄遣いに興じている背徳感を演出して欲しかったというか(ぉ)。ものとしては昔からこうだったのだけれど、昨今会話イベントが豊富になってきた一方でのこの機械的な反応は、それ以上は何もないという現実が浮き彫りにされてしまうだけというか。妄想の幅が却って狭められるようにも思えてしまう今日この頃なのですよ。とほほ。

 そんなこんなで正直、「困ったなぁ」。
 最近のゲームは「取り敢えずクリアしてみる」までに時間が浪費されすぎだしね。うーむ。
top↑