机上設計

 「SpaceChem」、当初は4個しかないBonderにやきもきしたものだけれど、SuperBonderで8個使えるようになったらなったで、より一層エグい分子配列が待っているだけだった(笑)。

 最近はオフラインで合間合間に考え込んで「これだ」というのが出来てからプレイするようになってきた。そしてその構想が特にブレずにクリア出来るようになってきている。勿論細かい部分での手違いでつまづくことはあるものの、各リアクター間の入出力という大枠のレベルでの設計は崩れることなくクリア出来ている。良い傾向だね。
 っていうかコレ本当、プログラムの世界と同じだよなぁ(笑)。でもって実に建設的で楽しい。
 まぁ強いて言えば、最近はキツいステージが増えてきて、クリア後は達成感より安堵感の方が大きくなっている気がしなくもないのが難点か(笑)。
top↑