残念なお知らせ

 バンガイオーHD、じゃなくて「番外王HD」(ぉぃ)。

  「非常に残念な知らせがある」(Dr.バン風に)

 手慣らしに前作のソワカちゃんyoutubeの移植でもしてみようと思ったら、なんと今回のBGパターンにはお絵描き向けの都合の良い物が無かった(しかもBGと背景でセットなので益々自由度が低い)。前作は黄色ブロックが辛うじて肌色っぽく見せられなくもなかったのに、今回はもう真っ黄色でゴツゴツ肌のイヤンなソワカちゃんしか描けないじゃないか。他にも描こうと思ったネタがあったのに。やいまん先生酷いよ!(ぉ)

 以上、非常に残念なお知らせでした。(極個人的に)

 しょうがないので次は「虚空に舞う」(youtube)を移植してみることに。
 そしたら今度は何と、お気に入りだった永久機関が再現不能になってしまった!(>惑星中心核に据えた無限発火ゾーン)

 理由としてまず、起爆用のサッカーボールが今作では被ダメージでは殆ど動かなくなり着火状態を保つことが難しくなってしまった(ダッシュアタックでのみごろごろ転がる)
 そして何よりの違いが、今作では(OBJ系の)爆雷同士の誘爆が一切無くなった」。誘爆可能なのは作中でも導火線に使われている赤BGのみ。これは物凄く痛い仕様変更。まぁ今作の無敵の仕様を思えば、一発でも発火して無敵になれば回避できちゃうのは不味かったのかもしれないね。ただこのお陰で爆弾の着火ループも作れなくなってしまった。
 仕方が無いので別の策を講じて、何とか機雷メインで同様の発火ゾーンを作ることは出来た。けれど美しくない、ええそれはもう。どう見てもでかいバスケットボールの周りに明らかな人工物が浮いては消え浮いては消えの構図は、あまりにも苦し紛れ感が漂う見栄えの悪さ。前作の如何にも無限発火状態なのが良いんじゃないか、と(>参考:36s付近
 因みに言うとリスポーン時の判定有効化までの時間も変わっているのかもしれないね。前作はそれこそ現れた直後に爆破のループだから綺麗だったのに。

 とか何とか言ったところで、所詮はただの1トラップに過ぎない訳で、まずはメインの無限機雷のゲーム性を再現してみる。
 物凄く微妙(大笑)
 いやぁ、やる前から薄々分かっちゃいたんですけどね。前作のように近接武器は無いし、今作はダッシュ無敵もあるからそれこそ根本的にゲームが異なる。倍角ショットの影響でちびコアも瞬殺出来ちゃうし。あと無限着火で生成されるフルーツで自動回復しちゃう(笑)(それ以上にダメージを喰らえば死ぬけど)。まぁやはりあのステージは前作の仕様でFIXした設計だよね。ただ無限機雷が作れなかったのとゲート開放の若干の不具合があったから、それを直してみたかっただけなんですわ。
 まぁ武器を縛るなどすれば辛うじて遊べるかなぁ?というところ。
 まだ半分しか作っていないので仕上げるだけ仕上げてみたい。

 元々、前作と今作で仕様が大きく異なる以上そのまま移植は出来ないと思っていたので、ベタ移植はしないで、やるにしても諸々弄りながらにする予定。
top↑