あっという間に

# 知らない世界(違)

 「ジャスティスリーグ」、視聴完了。
 いやー、何だか物凄い勢いで消化してしまった。
 それこそ最近のぐったり脳には就寝までの良いお供になってくれたというか。
 そろそろこういうCartoonが見たい頃合いだったので丁度良かった。

 自分もCartoonは近年のパワパフから入っていった層だけれど、元々Cartoon=洋物アニメというとこういう、地上波でもやっていたバットマンやX-MEN等のヒーロー物の印象の方が強かったので、そういう作品群も見ていきたいとは常々思っていたところ。
 今でこそ「ザ・バットマン」や「バットマン・ブレイブ&ボールド」のように、あちらの国でもよりターゲットを明確にした「子供でも楽しめる作品作り」が意識されていると思うけれど、あの頃はぶっちゃけ対象がどうとかはまるで気にしないで、先に触れたような「ドラマ的な脚本作り?」とかそういう作風が平然と受け入れられていた時代。
(まぁ、たとえ子供向けのデザインを取り入れようが、結局はいい歳こいた大人がポップコーンを片手にTVの前で見続けるような、そういう作品作りであることには変わりはないんですけどね(笑)。パワパフは衝撃だったなぁ。特に初期。)

 この手の作品は、「以前はやっていたけれど」という物がまだ沢山あるので、徐々にでも再放送を期待していきたい。旧「バットマン」や、何気に興味深いのが「バットマン・ザ・フューチャー」(<評判は知らない(笑))、あと以前気に入った「ガーゴイルズ」もヒーロー系Cartoonに大分慣れてきた今、改めて見直してみたい作品。何のかんの根強い人気というか影響あるみたいなんだよね、あの作品。(まさかあんなに番宣で盛り上がってたJETIXが跡形もなくなるなんて思ってもみなかったのさ、、。)

 因みにこの「ジャスティスリーグ」、本家では続きのシーズンも制作されていたみたい。
 日本上陸していないのは評判が悪かったのか(にしては3シーズン続いてるけど)、単に今の日本CartoonNetworkの方針にそぐわないのか。今はヒーロータイムと言えばベン様だからなぁ(笑)。勿論あれもあれで好きだし、ただこういう渋いヒーロー像も忘れないで欲しいのですよと。

 >参考:Justice League Unlimited – OP
 ああ、何か一杯増えてる!っていうかそうだよ、Toonamiだよ。何もかも懐かしい。
top↑