XBLA特集

 さて、XBox360のHDD容量にも空きが出来たところで、ぼちぼちXBLAの発掘に着手。一度はやってみないと分からないだろうというスタンスで、もう片っ端から落としまくってお陰でDLが終わるだけでもえらい時間が掛かったり。あまりにも数が多いのでめぼしい物から試してはポイ捨て(マテ)。
 ただ、何となく良さげなのが多くなってきた気がするね。デベロッパがこなれてきたというのもあるのかもしれない。そんな中から幾つかピックアップ。

Insanely Twisted Shadow Planet
 UFOで惑星探索。地味アクションアドベンチャーといった風体か。地味加減が好み。
 ビジュアルだけで見るとまるでPS陣営のデザインだけど、もうちょっとゲーム性もあるんじゃないかと期待したい。感触的に「Shadow Complex」を彷彿としたけど、それは期待しすぎかな? あれほどアクション重視ではないし。
 まぁ掴みはOKなのでこれは購入した。丁度まったりしたい気分だったので。

Bastion
 クォータービューARPG。はい、大変好物です(笑)。こういうのをXBLAには期待していたのになかなか出てこなかったんだよなぁという感じ。
 ゲーム的にはひたすら敵を薙ぎ倒していく今時の類っぽいけど、回復アイテムが最大3つしか持てないところに適度なヒット&アウェイの可能性を期待したい。
 ただ如何せん日本語化されていないんだよね。アイテムの効能くらいなら辞書を片手に頑張ろうかとも思うんだけど、ナレーションはきっつい。字幕を出されてもリアルタイムで読んでる暇なんて無い。ストーリーが良いという話もあるので益々悩ましい。
 取り敢えず日本語化を待ちつつ、ARPGやりたい病の発症と合わせて考えることにしよう。

From Dust
 知る人ぞ知る「アウターワールド」の作者参考の久々の新作という触れ込みの作品。
 大雑把に言えば現代版ポピュラス。地面をいじくり回して住民を導いていく、シミュレーション要素の濃い作品。こういう環境プログラム的なところだけでも惹かれるのだけれど、むしろ無理にゲームに落としこもうとした結果、下手な時間制限が煩わしさを招いていなければ良いのだけれど、といったところ。
 しかしこれも日本語化はされていない。難しい操作はなさそうだけれど、ヘルプを読んでいたら時間は無情に過ぎ去るし、何よりこれまたリアルタイムナレーションの問題が痛い。何処かの民族語?+英語字幕。はい、辞書を引く暇がありません。。。
 雰囲気物だからそこは外したくないんだよなぁ。うむむ。

Lazy Raiders
 ステージ回転アクション。パズルという程ではないかな。
 こういうゲームは早々にFixした操作パターンの反復入力タイムアタックに陥りがちだけれど、その点どうだろう。強いて言えば速度制御に適度なアドリブ感が期待出来るかどうかというところ。
 評価は決して高くはないようだけど、自分は好きかなぁ。

Super Meat boy
 2Dジャンプアクション。幾つか見た中では今のところこれが一番良さげかなぁ。
 とにかく死にまくりながらクリアしろと。昔に何処かで見たような作り、って嗚呼これだ >「I Wanna Be The Guy」(笑)。いややったことはないけれど。それをもっときちんと遊べるようデザインした製品というべきかな。それこそ昔見た作りと言えばそう。
 とにかく細かい操作の山なので、気合を入れてやらないといけない。ただキャラの性能ははっきりしているから遊び易いと思う。この辺、前に買った「N+」は速度を載せていくシステムがレースゲーム的で駄目だったんで。


 取り敢えずこんな感じ。
 悪くなさそうというのは一杯ありそうな気はするけれど、正直片っ端からやっていく訳にもいかないので、ピンと来たものからやっていければいいかなと思う。

 因みに、BastionとFromDustはSteamでも売られていて、あちらはあちらでローカライズされているケースもあるようなのでちょっと様子見した方が良いかなと思う(360に進出したがっているという話も聞くけどどうなるのだろう?)。ローカライズと言ってもあちらは日本語字幕までだけれど、正直それで十分。いちいち日本語音声とか入れるからコンシューマ版は遅いんだよね。コストだって掛かるのだし、どうしても音声まで日本語にしたいというのならDLCで別途分売すればいいんじゃないかとすら思う。まぁ音声は色々厄介だろうけど。
 この辺、ローカライズの問題は今後益々問題になってくるんじゃないのかなぁ。というか個人的には既にかなり問題(ゲームに限らず)。パッケージ物で「Just Cause 2」がRiotAct1(Crackdown)にそっくりなので購入予定なのだけれど、ローカライズの際にどういう訳か酷い改悪を連ねて台無しにしてしまっているらしく、悩んだ末に海外版を注文したからね。
 一々手間を掛けてこんな馬鹿げた事をするくらいならSteamのように字幕差し替えだけしてくれればいい。コストを掛けて、売れない、じゃあやらない、の悪循環が目に見えるようで辛い。何とかならないものかなぁ。

さらば二本(誤字ではありません)

 という訳で、(初めてまともに繋がった感(笑))、新調した眼鏡が出来上がってきた。
 近年、正直なところ「眼鏡を掛けているのも嫌になる」という生活が続いていたのは、勿論仕事のストレスが9割9分だろうけど(ぉ)、眼鏡が年々合わなくなってきたか、或いは前回作った奴が諸事情あって見えることに拘りすぎたあまり度数を強めすぎていたんじゃないかと。そういう思いがあったので、今回は敢えて度数を弱めて作ってみた。実際の所、細かい部分での焦点の合い具合は若干劣るけれど、普段使いの視力としてはそこまで無くとも十分だろうと思う。AndroidのRSSリーダーで文字の見え具合を散々確認したので問題無い、筈。
 加えて今回はフレームも軽くした結果、随分軽く仕上がった。っていうか凄く軽くなった、自分の眼鏡とは思えないくらいに(笑)。うーん、これはフレームの軽さ故なのか、レンズの差なのか(小さくもした)、バラす訳にもいかないから分からない(笑)。
 というのも前回は眼鏡屋が「レンズが重いのでフレームもバランスを取る為に重くするべき」と頑なに譲らなかったので軽いフレームが選べなかったんだよね。今回は店員にそれも伝えたけど特に問題無かろうという話だったので軽くしてみた。まぁそのバランスの問題が顕在化してしまうか否かは経過を見るまで分からないやね。取り敢えず軽くする気になればここまで軽くなるのだと分かっただけでも俺は嬉しいよ(笑)。

 尚、フレームについては最近着け外しが多くなったのは自覚しているのでバネ蝶番付きの奴を選んでみた。形状記憶のもあるけれどそれは重いレンズの場合はしなるからやめろと前回の眼鏡屋に散々言われたのを覚えていて、バネ蝶番はメンテの問題がどうという話だったけれど、そこを改善したブランド物(デュポン製)を勧められたので乗ってあげることに。そしたらこれがクソ高いの(笑)。まぁいいんですよ、どうせレンズが特注クラスでクソ高いんだから。フレームでケチっても始まらない。その後ろでオバサンが一桁違うセール品の話をしてましたけどね。いやぁ、俺みたいなのって店員さんには良いカモなんだろうなぁ(笑)。
 因みにこの機能性を優先した結果、長年連れ立ってきた二本バー型とは縁を切りました。だって選択肢が皆無なんだもの。これも前の眼鏡屋に「二本バーの人はずっとそのまま」と言われたけどそんな事は無かったぜ、ということで(笑)。

CartoonNetwork以外のCartoon

 唐突ですが、
 俺の中でMy Little Ponyがやばい、
 などと言ってみる。

 ぶっちゃけリーダー格の紫パッツン髪ユニコーン(Twilight Sparkle)が可愛いという興味本位から入っただけなんですが、調べてみると何だか思った以上にツボり始めている感。
 普段女児向けアニメの類は特に守備範囲には入っていない自分ですが、そういう女児向け玩具のアニメ(Cartoon)が近代化を果たした結果こうなった(なってしまった)感に物凄く心くすぐられると言いますか。スタッフ的にも近年のCartoon色が濃いようで、話を聞きかじる限りそっち方面にかなり受けているというか、正しくパワパフに通じる物を感じてしまうのですよ。

 たまには動画を埋め込み式で貼ってみよう。
 ちょっと長いけれど劇中の歌のシーンをまとめた動画。

 これは予想以上にいいかもしれない。
 こういうシーンの断片を見るだけで十分にキャラの性格が伝わってくる、その如何にもあちららしい描き方がいい。

 そして凄いのがコレ。

 海外のファンが(何故か)日本語に吹替え。
 「石田さん」が素敵すぎる。
 そして上の動画共々Pinkie Pie(ピンク色)の揺るぎないバブルス臭(笑)。

 ただまぁこれをやってるのはhubという、Hasbro社が抱える放送局で、現状では全く日本上陸の見込みがないのが寂しいところ。ついでに言うとTFの最新作もこの局なんだけどね。もういっそタカラに任せず直接放映してくれよと思いたくなる(笑)。
 などと思っていたら、え、これもタカラトミーが日本展開してるの?ってコレジャナイ! いやこれなんだけど個人的にはこれ(このバージョン)じゃない!(笑)
 うーん、この出来のCartoonを放っておくのも勿体無いと思うんだけど、どうにかして上陸しないもんかなぁ。
 日本はCartoonNetwork以外は今はパッとしないし、そうなるとNHK-BSに細々と期待するか、或いはあれか、またパワパフみたいにテレ東で流すというのが現実的なラインなのかなぁ。あれも当時はどういう経緯で持ってこれたんだろう。

現行型最新機

 はてさて、ようやっと長い戒めから解き放たれたかのようで。まるで憂さ晴らしのように眼鏡を買い換えに行ったり、箱○を買い換えたり、自転車もそろそろドロップハンドルにしてみたくなったというかペダルを付け替える筈が固着してどうにもならないのでもういっそ本体ごとと考えたくもなるんだけど流石にここは思い留まった、とか。
 いや何かさりげなく酷い散財が混ざってるんですガ(笑)。

 という訳で、XBox360を新型に買い換えましたよ。
 いや別にRRoDは出てないんだけど、HDDの残容量が乏しくなってしまったのを機に。HDDは60GBあるので当初は入れ替えながらで良いかと思ってたけど、実際に使ってるとドリクラ10GBが消すに消せなくなってというかいざ消すとなるとなかなか悩ましい。微妙にやり残し感があるゲームでも一度消したら最後もうやらなくなるのが目に見えて辛いというか、HDDインスコも決して速くはないのでやる時にまた(他を消して)入れ直すという行為は明らかに精神障壁になっちゃうんだよね。そういう形で無理繰り回すよりもハード増強で解決させたかった。加えて去年出た新モデルの発熱・騒音の改善具合も見てみたくなって、もういっそ買い換えてしまおうと。幸いに旧型の引取先もあったので。

 HDDのデータ移行は20GB→60GBの時に経験済みなのでケーブルもあるので問題なし。
 だったのだけど、一点困ったことにサブのタグ(アカウント)でバンガイオーHDが起動できなくなってしまった。嗚呼、これは随分昔に聞いた事がある、箱○のライセンス管理の問題
 タグではなくHDDにライセンスが紐付けられているのでそのライセンスを移行しなければならない。ただメインタグ一本ならオンラインでも認証されるのでそのままでも一応は遊べる(但しメンテ時に泣く?のかな)
 一見すると何だか誤解を招くややこしい仕組みに思えてしまうけれど、このシステムのお陰で、例えば北米アカウントで買ったコンテンツをメインの日本タグで使うようなことも可能となる。同一HDD内なら別のタグにもシェア出来る、というのが分かり易い考え方かな。
 実際、複数タグを持たない人は知らぬまま使っていたりするのかもね(で、メンテ時に大変な目に?)。自分は北米タグがあるのと、+バンガイオーのタグ管理をちょろっとやっているので、きちんと移行させることに。

 移行にはPCその他ウェブアクセス端末が必要。xbox.comにサインインして、「アカウント情報→コンテンツライセンスの移行」を開いて後は手順通りに。
 最大の問題は、その手順を終えた後に、「コンテンツを全て再ダウンロードする」というところ。
 DLと言っても実質的に再確認がされるだけなのか一瞬で終わるのだけれども、何せそれを選び直す事自体が面倒臭い。「アカウント情報→購入の記録」で一覧は出せるのでそちらを使うのが賢明。それよりも厄介なのが、たまに丸ごと再DLされてしまい、データファイルが二重で作られてしまう現象。多分サーバ上のファイルが修正版に差し替えられた時のものなのだろう。それはそれで仕方無いけれど、IDか何かで管理してきちっと差し替える等して欲しいよなぁ。1GB近いファイルが二重で出来たら良い迷惑ですよ。まぁ要注意です、と。

 そんなこんなで無事移行完了。
 本体の改善は流石に数年経過したハードといったところ。大変静かになりました。これが最初から出来たら文句無かったろうけれど、数年経ったからこそこれだけ小さく出来た訳で。(いやでもドライブ駆動音は言い訳出来ないか(苦笑))
 思えばもう数年経ってるんだよなぁ。自分が買ってからでも4年は経っている? 一時期であればとっくに新型機の話が出ている頃合いだろうけど落ち着いているのは、ようやく「(一般人レベルには)十分なビジュアルが提供出来る」ハード性能が備わったという事なのかなと思う。勿論、任天堂が一旦脱落して、ソニーが勝手に自爆して、というハード競争の鎮静化もあるけれど。しかしその後に思い直した任天堂が出す新ハードのグラフィック性能を見てもこんなものとも言える訳で。

 まぁ自分はハードどうこうより面白いゲームをくれというだけの人間なので。性能はその為の足枷にならなければそれで良いのですが。
カテゴリーGame