実写TF最終章

 「トランスフォーマー Dark of the Moon」、日本版ようやっと封切りですよ。勿論前夜祭上映に突撃。
 いやぁ、こう来たか、っていうか別段何も考えずにPVの印象だけで臨んだから思わぬ方向で楽しめた。
 以下、パーフェクトにネタバレですので、念のためご注意をば。twitterではやはり遠慮して言えないこともあったので。あちらはやはり、少しでも興味ある人の気持ちを削ぎたくはないので。

 当初は、ボロマントを羽織った落ちぶれメガトロンに代わる新興勢力ショックウェーブ?という構図なのかと思ってたのですよ。それはそれでコミック版の野心家ショックウェーブなので有り得るのかなと。まぁそれで題名の「月」とどう関係するのか全然考えてはいませんでしたが。
 それが実際のところ、その「月」に不時着していたセンチネルプライムこそが今回のキーはおろかメインキャラクターだったという。彼が望んでいたのは滅亡した本星サイバートロンの再生であり、メガトロンと結託し、地球を犠牲にしたスペースブリッジ作戦を敢行。
 いやぁ、「正義とか悪とか関係ないAutobotキター!」ってなもんですよ(笑)。正にTF。
 分からない人はこの動画を見ましょう。動画はあくまでネタだけど、(最後の)クインテッサの言葉は全くもって正しい。
 そりゃ自分の国は遙か昔に滅んじゃって、赤の他人を犠牲にすれば戻せるよと、その為の力が手元にありますよ、ってなったら形振り構わなくなる奴だって居るよと。ましてや国を背負ったリーダー。オプティマス(コンボイ)だってG1の時に地球滅亡スイッチ押してますからね。
 そして結局、メガトロンに屈することもなく最後まで己中心に計画を遂行する様は完全にラスボス。まぁ時折「神」だの何だのと少々世迷い言を言っていたりもしましたが、それはラスボスをラスボスらしく倒す為の仕込みだと思えば仕方無いかなと。逆に、何だよメガトロンまたへっぽこなのかよというのは残念要素ではありましたが、そこはラストが違うという小説版に期待してみよう。

 そんな訳で、センチネル・プライム、まさかの大活躍。
 ま、普通に見れば悪に身を堕とした元リーダーくらいの味付けなんでしょうが、TF者的に見れば、如何にもTFらしいキャラ設定を軸にしたストーリー展開は良いご褒美、ってことで。
 他にも今回は結構脇役TFも好き勝手に喋ってくれた感があって良かった。前作までのメイン脚本家を降ろしたのが効いたのかなぁ、とか勝手に思ってみたり。勿論戦闘シーンの繋がりは相変わらずデタラメなんですけど。話の運び方は結構良い感じだったと思う。

 まぁ、3D再確認ついでに吹替え版見たり、小説版見たりして反芻しながらまたぼちぼち。
 なんか久々に書いたらまとまらないの(笑)。いつも以上に。

緑の怪物

 さて、あまり日が経たない内に書いてしまわないと。
 という訳で既に先月の話ですが、携帯をいわゆるスマホに変更しましたよ。
 今はまだとにかくハードスペックが重要な時期なので、最新型のGalaxy S II。Androidと言えば当然コレだよね。おおっと間違えた(ぉ)。じゃなくてこの緑の怪物のCrazyダンスに一目惚れしてもう買うしかないなと(ぉ)。
 いやまぁ元々買おう買おうと思いながらも発売時期の都合で待たされていただけで。因みにappleは必要に迫られるまで避け続ける(いやUIデザイン嫌いなので)私めとしましては当然Androidを先に選ぶ訳です。まぁ実際に触って比較させて貰えばまた見えてくるものもあるだろうということで。Androidは身近に持ってる人間少ないから触るのはほぼ始めて。

 でまぁ、簡易webデバイスが欲しいと思ってはいたものの、専ら家と会社を往復する間の短い時間の需要(しかも半分地下)でしかなくて、正直まだそんなに活用しているという訳でもありませんが。そうでなくとも最近ちょっと体調ヤバいので弄るどころではないというのが実情。
 まぁゆるゆると使っていこうと。まずは家でPCを立ち上げるまでもない簡易webアクセスからという感じで。

 なので通信費も、上限固定の従量式パケホーダイダブル2で敢えて様子見をしてみてはいるけど、どうだろうね。その絡みで監視ソフトとか入れてみたりはしてるけれどまだ何とも。
 リアルタイムの需要が少ないのに常時バックグラウンド通信とかする意味は無いので(メールpushだけあればいい)必要な時にオンにしているけど、それでもいつの間にか11MBアップロード?が計測されていたり正直裏で何をやられているのかがよく分からない。別途googleアカウントのバックアップ?とかあるからそれ絡みなのかもね。この辺、おそらくは「無駄な足掻き」とはなるだろうけど、まぁ来月までは敢えて見てみようかと(笑)。

 それよりも気になるのはバッテリの保ち。大抵一日で無くなるし、酷い時は(使ってないのに)半日でほぼ無くなったり。しかしあれやこれやとアプリを入れて消してしている内に唐突に保ちが良くなったり、また元に戻ったり(笑)。まだ原因がはっきりしないのでこれも何とも言えないけれど。ただ広告用の通信が地味に多いのでそれも悪影響及ぼしてるんじゃないかなぁ、という点でむしろ気になっていて今は監視ソフトの方を強化中。大体、常駐してくれなくてもいいのに常駐するソフトが多すぎるんだよね。

 とか何とかちょこちょことはやりつつも、今は正直まったり安静にしていたい気分なので、適当にゲームを落として遊んでるのが専ら。忙しいアクションとかは全力でお断りなので、適度に思考重視のパズルゲームでも無いかしらと。

7/1は

img

 ということで本日7/1は、
img
 アイリ生誕記念 兼 実写TF3本国公開二日遅れですけど記念(マテ)。

 いやぁ、
絵では敵わないけどステージ内容的にもういっちょやってみたい。良いベース絵ないものか。
→7/1は生誕祭! これにかこつけて作業開始也。
→うーん、思った以上に難しい。イマイチ方向性に踏ん切りが付かない。
(→作業してる余裕がなくなっちゃったよ!!!)
→時間も無いし、絵だけでも仕上げてみようか。
→むずい、、、、そもそも俺に絵なんて描ける訳がなかったんだ

 これは、俗に言う本末転倒、、、(即死)。

 という訳で、一応「バンガイオーHD / 番外王HD」
 このご時世になってFC並の色数のタイルペイント初体験、って何ですか(笑)。ただでさえ難しいのにバックスクリーン表現とか無謀にも程がありすぎた。もう素人なので色々ご容赦下さい。顔のところだけはどうにも忍びなくてキャラオブジェを重ねた色増し技を使用。まぁ昔の絵描きさんの苦労が大変よく身に染みました。今の今になって(笑)。
 そもそも今回やろうとしていたネタは前回から考えていたもので、ただあの絵を描き上げた時点で勿体なくなってしまったのでああいう方向に落とし込んだもの。そのリベンジだったんだけど、結局はまた絵の部分が勿体無くなってしまって(笑)、というか思った以上に収まりが悪くて作業が捗らず、諸事情あって時間がなくなった為にゲーム内容は見送り。それが逆に絵描き勝負になろうとは、、、全くもって敵いません。アホだ(笑)。
 ただここまでやっちゃうと、また作業を再開するにしてもこの絵を崩して手を入れていくことになるので、やはりまた躊躇してしまうのが本音というべきなのか(笑)。まぁ気が向いたら考えてみようかと思いまする。どうしたもんかなぁ。

 しっかし、冒頭の診断ネタがあまりにもピンポイントだったので、こっぱずかしいのを覚悟の上で事前の仕込みネタに使ったというのに、直後に「診断メーカー使うくらいなら死ぬ」と言われた時の動揺っぷりったら無かったぜ!ってなもんで(笑)。