そしてデスループへ

 折角目覚ましが鳴る前に(微妙な夢で)目を覚ましたものの、二時間布団にくるまりながら悶々して、二時間半くらい掛けてメールをしたためて。、、、現実に還る度に堂々巡り。
 駄目だもうマジでどうにもならん。

 ついったで本音ぶちまけてくれと言われたけど(そりゃリボアリスのぱ○つの話とかそういうのだろう)、正直こういう誰が聞いても得をしない話(婉曲表現)を誰の目にも入り得る公共の場に垂れ流すべきではないよね。何のかんのでついったは言葉を選ぶ。内容は勢い任せでもね。
 故に、久々に書く話がこんな物だけれどもこちらに残しまする。こちらはこちらでわざわざ能動的にアクセスしてきた方々にとって大変申し訳ないのだけれども。まだ暫くはこんな感じだと思います、すんません。

 嗚呼、こんな事なら「『ああもうドリクラZERO買おうかな』という言葉を飲み込む毎日」、という露骨な前フリを実行しておいた方がまだマシだったのか、と思わなくもない。流石にこの状況下で土日をキャバクラもといロボ子との疑似コミュニケーションに費やすのは自滅行為じゃないのか、と思い留まったのだけれども。

 まぁ実際、ロボ子脳の疼きが止められないというだけで、本来の目玉(?)たるソフトクリームだのバナナだの乗馬マシーンだのの大変ピュアな新要素を楽しめるような紳士には自分は到底なれないものなので。
 それ以前にやはり自分には性格的にギャルゲーは出来そうにないと分かっているしね。但しロボ子は別腹。そんな感じで(激ぉ)。

 そもそもロボ子に何を求めているのかと言えば、ぶっちゃけ最近も何処かのCMで見たような「ロボットの女の子との切ないなんちゃら」系のストーリーには自分は100億%興味の欠片も無いというか、むしろ(以下検閲削除)
 そうじゃなくてA7M2アルファさんみたいに(ちょっと変な)「自律思考ロボット」であってくれればそれで良かったんだよと。ちょっと不思議な事を考えて楽しませてくれればそれでいい。
 ってか常識的に考えれば恋愛ゲーじゃないのコレと言われそうですが。キャバクラもといドリームクラブという事でそういう結末は想定もしていなかったのだろうか。いや単に何も考えていなかっただけだと思いますけど。
 結局、こういうゲームフォーマットのシナリオに何を期待出来るのかは考えなくても分かるだろうと、「三歩歩けばマジレス脳」の方は考えてはいる訳ですが。まぁ何か一度慣れてしまった以上、続きを見届けてやりたい心境かなぁ。

 ま、どうせ一日二日でクリアしてもうやらないようなゲームなんだよね。
 ポチりましたけど。
 「えっ」

朧村正

 (Wii)朧村正、長いこと積んでいたのをプレイ。
 (SS)プリンセスクラウン、(PS2)オーディンスフィア、と連なる格ゲー「っぽい」(ココ重要)動きをするアクションRPGの系譜。グラフィック面での魅力が非常に強い一方で、アクションの癖の強さや総合的なゲームデザインの甘さは惜しいと言うか勿体ないと言うか、なかなか重い腰が上がらなかった要因に他ならない。まぁその辺りの話は後に譲るとして。

 取り敢えず勢いに任せて2パート双方の(一次)エンディングまで見終えたところ。
 プリクラ、オデンとずっと西欧ファンタジー色の濃い流れで来たところの今回の和風。洋に比べて和はバリエーションが限られるんじゃ?と正直甘く見ていた節があるけれど、いざ触れてみると成る程なぁ。考えてもみれば我々現代日本人は「和」と呼ばれる時代の物事になどこれっぽっちも触れて来てはいない訳で。呪術や法力に始まり神仏交えた和の世界のファンタジーとはかくあるものなのかと。仏のほの字も解ってない自分ではありますが、雰囲気に飲み込まれていく感覚は上々。終盤の寺の雰囲気が凄く良いんですよ。畏れ多いとはこのことか。

 それとよくよく見ていて思ったけど、日本は「骨」なんだね。海外での死というとゾンビやスプラッタのグロいイメージが強いけれど、日本は髑髏に骸骨。ここは土葬と火葬の習慣の違い故か。不思議と気持ち悪さは無くむしろ格好良くも見えてしまう。いや骨って格好良いよね(笑)。
 これは軽いネタバレに属してしまうのかもしれないけど、鬼助編EDのスタッフロールで、主人公の代わりにヒロインが馬に乗って駆けるという。まぁ声がグウェンドリン(オデンの主役)だしね!というのはさておいて、お陰でゲーム中ではおちおち見ても居られなかった骸骨馬の動く骨格を存分に堪能させて頂きましたよ。成る程、肩甲骨からこう繋がるのかぁと、趣味柄、(後)脚の関節はヒトに鳥に馬にと押さえていたつもりだけど、前脚の構造はいわゆる逆関節とはまた違って改めて見てみると面白い(参考:画像検索。ヒトで言う腕にあたるものなので、ここが脚になって更に後脚を付けたみたいなケンタウロスもどきって考えてみればちゃんちゃらおかしいよね(笑)。それを言ったら肋骨二つあるんかよ!とかそんな話にもなりますけど。ケンタウロス(に限らず各種モンスター)の骨格標本とか考えてみるとちょっと面白いかもしれない。

 などとつい脱線してしまいましたが、
 和風ゲームなんて源平討魔伝と月風魔伝(どっちも好きですよ)くらいしかパッと思い付かない自分ですが、真面目に取り組めばこうもなるんだなぁと。逆に言って我々が「和」に関して不勉強すぎるに他ならない訳でもありますが。下手に真似は出来ないだろうなぁ。

2011

 謹賀新年、明けましてお目出度う御座います。

img
 今年は親に付き合って近所の神社に初詣に行って参りました。
 昨年あまりにもロクな思い出がないので何かしらの切っ掛けにでもなればと。
 別に神懸かり的な事を気にするものでもないけれど、机の上のオブジェクトにでもなればとミニだるまを買ってみた。というか買った後になって初めて「あ、目玉入れるのどうしよう」と、素で何も考えてなかったことに気付きましたが。直近の本音ならあるけれど、それをこれで願うのは何か違うよねと。ふーむ。まぁ何か考えよう。

 そんなこんなで。まずは生命力回復だよね。