締め’10

#10年代に入ってから二桁表記がYYと認識しづらくなったような

 さて、そろそろ締めますか。
 今年後半ははっきり言って何をやった記憶も無いですが、まーね、残ったものと言えば結局コレだよね。
img
 まだ続ける気か。っていうか一回は貼ろうと思って忘れていたので、やるなら今年だし。もういいよこれで締めで(ぉ)。

 いやですね、たまに出てくるこの目がいいんですよ。勿論普通の目も良いですけど、何となくこうクリッとしたのがたまに出てくる所が。誰かが言ってた目力ってのはこういうことかな。
 言い訳する前に予め言っておきますがドリクラZEROはアイリの髪型を変えるためだけに買いますよ。但しプラチナ版(廉価版)でな!(ぉ)
 いや流石に13キャラ分の1の開発コストに出せる対価はそこまでだし。実際やはりシナリオが凡庸すぎるとか、ゲーム的にリピート性も何もないのがなぁ、などと三歩歩くとすぐマジレスモードに入ってしまうのが現実なので。
 かといってアイマスみたいにガチの育成シミュレーションをやりたいとは思わない(というかだからこそやりたくない。計算ゲーは計算しすぎるので疲れる)し、一方泣けるギャルゲシナリオ的に強化されても別にありきたりとしか思わないだろうし。何じゃそりゃ。いやここは泣ける方面に特化されるとありきたりだろうと思うだけで。
 自分は結局「AIロボ子のシナリオ」として何かこうグッと来る物があれば良いなと思うだけなのですが。そんな訳で一度駅から駐輪場までの数分で考え込んでみた事もあるけれど、「対話経験の為にキャバクラもといドリームクラブに試験配備されたAI」という前提の時点で引っ掛かってそれを覆すことが出来ず頓挫。駄目じゃねえか(笑)。

 はて、何を書いて(やって)いるのか分からなくなってきた。
 というのが今年の総括なのだと思います。(そう来たか)
 まぁ何かこう素直にハマれるものが欲しいのは確かなのですよ。ふーむ。

 ん? あ! 今年は2010だったんだからTFで締めなきゃ駄目じゃん!(もう手遅れ)
 まぁ来年のユニクロン降臨を心待ちにしております、ということで。

 おまけ。
img
 なんかいいの撮れた!(ぉ)
top↑