スルー力と厨二病vs値段

 モヤモヤは吐き出す為にあるので書いてみよう。
 (360)「シュタインズゲート」、以前見掛けた頃からネタ的には気になっていたので体験版をプレイしてみた。けど、うーん。
 以下、あくまで切っ掛けとして語り始めた話であって、決してこの作品そのものの評価の話ではないのでファンの方は御容赦あれ。なのでリンク等も一切貼りません。

 今回、タイムマシンを軸にした物語っぽい点に食い付いてはみたものの、それを取り巻く所謂アキバ系のノリ、圧倒的な厨二病の空気感に正直身悶えが止まらず。「最初は主人公が厨二で痛々しく感じるものだ」とは聞いていたけれど、それが改善される(或いは導入時のおふざけでしかない)のではなく、単に慣れてしまうという意味での「最初は」だったのだろうなと。個人的にはこれは、辛い。
 この点、幾らこれが今時のオタク界隈の流行だとは言っても、ここまでコテコテのメタメタに作らなくてもいいじゃないかというのが自分の率直な感想なのだけれど、そうではなくむしろこれが今時の普通の味付けということになるのだなと。実のところこれは別にこのゲームに限らず、最近のアニメ等を見ても同様に感じたことなので。気にしている自分の方が部外者ということになるのだなと。
 そういう意味では「スルー力(ちから)が足りない」という話にはなるのだろうね。

 ただ勿論それも一部は真なるところではあるけれど、同時にスルー出来れば良いのかというとそれは否ではないかとは思う。あくまで肝心なのは「この雰囲気に浸れる趣味性」ではないかと。
 今回の自分の目的は「出来が良い」と評判の物語性の方にある訳だけれども、それだけを抜き出して楽しめれば良いというとそれもまた微妙な話。元来、物語作品というのはキャラクターと世界観、シナリオが渾然一体となって紡ぎ出されるものであって、今回で言えば四六時中妄想全開の厨二病患者たる主人公や、ゆるゆる脳味噌の妹幼馴染みというキャラクター、そして彼等が過ごす日常の舞台となる所謂アキバの世界、これらとの同調を以てして脚本を読み取っていくことが本来求めうるべき最良の楽しみ方というものではなかろうかと。
 この点、ぶっちゃけ自分は「いやー、皆、こういうの好きなんだ、、」としか思えないというか。
 普段から「厨二病プギャー。テラワロス」とか「wwっうぇww。主人公マジバネェっす」とかやってる人は全然良いのだろうけど、自分はそうではないもので。この感覚は結構敷居は高いと思うのだけれどね。
 まぁ或いはいずれまた気が向くこともあるのだろうかとは思いますが。中村先生があざとくもダムの一部を決壊させてくれたように。

 とまぁついでに普段から抱えていた疑問を持ち上げた感じになりますが。
 この作品に関して言えば、正直「手元にあれば最後まで読んだ」とは思うところ。主人公もアホだなぁとは思うけど心底毛嫌いしてる訳ではないし。ただ、それを7kも出してやりますか?って話な訳で。この点、つくづくゲームって高いよなぁと。
カテゴリーGame

生存証明

 すっかりTwitterが定着しているのでサイドバーに生存証明として表示してみた。
 Wordpressのtweetableというプラグイン。
 グラフィカルなウィジェットは10割方No Thank youの人なので、こういうテキストベースの軽いのはうってつけ。でもこれtwitterサーバから取り終わるまでサイト表示遅れるんじゃ? あまり重いようなら外しまずがまずは様子見で。
 あとエントリ投稿で自動twitしたりもしてくれるみたいだけど取り敢えずはいいかなと。

ダイヤブロックみんなのまち

 はてさて先日のダイヤブロック、何処に上げるか上げまいかと思っていたので、試しに模型等立体物向けのfgというサイトに投下してみた。

 幾ら誰得とは言っても作りっぱなしというのも流石に寂しくて、せめて昔みたいにダイヤブロック掲示板のような所に上げたいところだけど今は機能してないのでどうしたものかと。神姫バイクは某神姫掲示板に投下して満足したけど、今回のをTFと言い張るのは流石に顰蹙を買うので無理だし。というところでfgを思い出して覗いてみたら先例もあったので試しにと。>ココ 取り敢えずまとめすら無い近年の二者を。(あと酉もなんだけど、流石にもう古いかなぁ)

 でもって、今やらなきゃ後は無い、という感じで「ダイヤブロックまとめページ」も暫定ながら起こしてみた。
 旧サイトフォーマットとの摺り合わせとか、当時のテンションというか何というかの差で悩んだっきりだったけど、せめて入り口だけでもと。
 いやぁ、やっぱこうして見返すと昔のはきっついなぁ。特に文章が(笑)。
 まぁ生温かい目で流し読みして貰えればと。

TFアニメイテッド本国版

 TFアニメイテッド
 始まったばかりでネガキャンみたくなるのもどうかと静観するつもりでいたけれど、正直な所を言うと「これでおしまい?」な物足りなさを感じていたのも事実。各話の区切りが尻切れトンボっぽいし、内容的にもあっさりしすぎの感が否めない。
 シーンカットがあるとは聞いていたので、2話まで見た時点で微妙に堪りかねて本国版を見てみた。
 「やばい、本国版面白ぇ」
 まあね、、、結局そういうことですよ(苦笑)。

 元々1~3話は90分のスペシャル版をバラしたものなので各話の繋ぎが弱くなるのはしょうがない。しかしそれ以上に至る所でシーンがカットされていて、よりにもよって「これを削るか?」的な物ばかり。尺合わせの細かいカットは昔からあるものだけれど、今回はカットしたが故に本来成り立っている会話の組み立てが端々で崩壊しているものだから、そりゃ内容が薄くなって当然ですよと。
 幾つか例を挙げてみると、

・オプティマスはサイバトロンアカデミー出身
 スペースブリッジの誤作動?を一人で鎮めたシーンの直後、その優秀さを皆に問われ「昔アカデミーに居た」「そんなエリートが何故に辺境の修理部隊に?」というやり取りが為される。本来はこれを受けてセンチネルプライムに「一介の岩砕きが何の用だ?」と茶化されるシーンに繋がるところ。こういったキャラクターのオリジンを描くシーンをいきなりカットとはね。省略されても察しが付く範囲だとはいえ、元々あるものを敢えて分かり辛くする理由もないだろうに。
 更に言うと、この辺りで彼等は辺境のスペースブリッジの修理に来ていてオプティマスはその小隊長だという状況設定が会話の端々から読み取れるようになっている筈なのに、日本版では諸々カット&どうでもいい台詞に置き換えられていてまるで状況が読めなかった。

・気難しい老兵ラチェット
 同じくスペースブリッジのシーンで、身勝手な若造を嘆くラチェットと、そのご老体ぶりを茶化すバンブル、「聞こえてるぞ」と怒られる一連のシーンがカット。日本版では穏和なおっちゃんのイメージで描かれていたラチェットだけれど、本国版では典型的な爺さんキャラだったようで。
 更にこれを受けて2話の出撃シーンで、「老体は邪魔だろう」「機嫌直さない?」「No」、と続いて頑固ジジイっぷりを固めてくれる訳ですが。日本版では前者がカットされているので全く無意味なやり取りに変換。
 そして警察集団と対面する所で、サリの「赤白の人は気難しいけど」という台詞にも繋がってくるところ、日本版は事前の流れがすっぽ抜けているので一体こいつは何を言っているのかと(苦笑)。本国版を見てようやく納得した次第。

・スタースクリームの「俺様がニューリーダー」宣言
 メガトロンを爆弾で吹っ飛ばした後のスタスクお約束のニューリーダー宣言。どうしてこのシーンがカットされるのかはっきり言って理解に苦しむ。
 「俺様がニューリーダーだ」→誰も聞いてない→スペースブリッジの爆発が迫る→「Nooooooo」のシーンはスタースクリームのへっぽこキャラクターを決定づける重要なシーンではないのかと。
 更にこの後「やっと見付けたぜ」的に戻ってくるスタースクリームのシーンもあるんだけど、これまたカットされたのか3話に持ち越しなのかは微妙な線。50年間、船を直さずに一人飛び続けるというTFらしい無頓着っぷり(400万年生きるような種族なんで)も、そもそも吹っ飛んだシーンが抜けているので話が繋がらないだろうしね、、。

・原生生物(lifeform)
 「この星の原生生物(lifeform)をスキャン」して化け物退治に出撃、無人ドローン相手に「誰も喋れないのか?」、とTFらしい機械生命体基準のやり取りがあるのだけれど、やっぱりこれもカット&改変。
 でもって、「あの四つ足(犬ロボ)があんなでかいの(サリ=人間の女の子)をペットにするのか?」と繋がるところ、またも前フリがすっ飛ばされているので何だかなという。

 ついでに言うとここの戦闘シーンはもっと長くて、それを見た警部が「俺の車が!?」「というか誰も乗ってないぞ?」とかの細かい小ネタも一杯あるのに、それらが諸々削られちゃってる訳ですよ。警部の車がバンブルのスキャン元だという描写自体が全カットだし。

 いやはや、これだけ片っ端から削りまくられればそりゃ物足りなくもなりますよ、と(苦笑)。参ったね。

 そもそも海外版の辛い所として「台詞が少なすぎる(余計な台詞が一切無い)」というのがあって、その寂しさを補う為に日本版では政宗ナレーションを筆頭に台詞の追加が至る所で行われていた経緯は昔からあった訳ですが。しかしそこで元の脚本を蔑ろにするような改変まで行われていたとは思っていなかったのだけれどね。
 特に最近はオリジナルの映像も容易に手に入るので視聴者の視線も厳しくなっている訳で、それを踏まえた翻訳作業というのが為される時代になってきたのではないかと、勝手に期待していた側面もあるんですが、ここまで容赦なく、ねぇ。

 ここで問題にしているのは「此処が違う」云々という話ではなく、本来盛り込まれている作品内容を最低限再現出来ていないというところ。特に上に示したように会話の改編が顕著な訳だけれど、「端々の台詞が折り重なってキャラクター及び作品世界が構築される」という脚本作りの基本事項をここまで蔑ろにされると泣くに泣けない。
 ぶっちゃけ今作はビーストウォーズ同様におちゃらけアレンジ路線を目論んでいる訳ですが、それにしたって旧作のように元々無い部分で付け足したり、他愛の無い部分を捻ったり、そういう弄り方に留めるのがプロの仕事だろうと思い込むようにしていたつもりですが。結局、分かっちゃいたけどただ下世話に上っ面なコメント改変でその場の茶化し作業に専念しているだけなのだと。悪く言うとそれ以外にない。
 まぁどう言い繕ったところでビーストウォーズリターンズであれだけの下衆っぷりを披露してくれたスタッフは所詮こんなものということです。(2chの風評に目くじら立てて商品仕様決めるような人間だからね、、、。プロとしてやっていいことと悪いことがある。) ここまでスカスカにしといて「原作が楽しくないのでアレンジしました」とか言えた義理じゃない。

 うーん、下手に書いてもアンチBWとしか思われないんで控えたかったけど、どうにも止まりませんでした。
 おちゃらけアレンジとかはまだいいんですよ、とにかく「原作本来のレベルは維持しろ」と。
 Cartoonってこんなスカスカなの?と思った人は本国版見て欲しいですわ、ホント。

 まぁ今回に限らず、TFの日本版展開は昔からメタメタなんで。
 正直もうオリジナル性ってのは諦めていて。こういうのは当分は版権持ちに引っ張られちゃうので、10年後20年後の忘れられた頃に、スーパードラマTVと東北新社が字幕版(今はそれすらもない)や、カットシーンを字幕で足した「完全版」を作ってくれるのを願うのみです、はい。

遂に来た

 これは書いておこう。よりもよってこれですが。
 スタートレック・ヴォイジャー #31 “Threshold”
 噂に聞いていた最低最悪級の一品、ついにキター(笑)。

 ・・・・(呆然)。

 確かにこれは、、、惨い。
 万一普通に楽しめちゃったらどうしよう?という迷いを軽く吹き飛ばす怪作でした。
 いやワープ理論の限界を破るという世界観破壊系のネタそのものは、別に昔からある単発やっちゃった系の一種で別に大した事ではない。実際途中までは「うーん、聞いた話に近いけど、これじゃないのかな?」と迷う程度には普通に見られていた。
 しかし終盤になって急速に雲行きが怪しくなり、パリス変異体が艦長を攫って姿をくらましたかと思えば、場面転換後にはいきなりどでかいサンショウウオのペアとその子供達。妙にシュールな麻痺フェイザー攻撃と(色々な意味で)場違いなトゥボックの冗談を虚しく響かせながら再度場面転換した後にはまた唐突に元通り。っていうか今の、何?(苦笑)
 一応どういう展開の話かは一通り聞いていたから場面自体に驚くことはなかったけれど、もし事前知識無しに見ていたらしばらく固まるどころの騒ぎじゃなかったと思う。それくらいあまりにも話運びが意味不明。まさしく「どうしてこうなった」

 ワープ10という無限速度に到達した事で時間の壁を越えてしまい身体に急速な進化(或いは退化)をもたらした、という所に話を持っていった時点で力尽きてしまったのだろう。どう考えてもあの短時間に収めるようなネタではなく、一体どう収拾を着けるのかと思えばあの見事な有様。言ってしまえばただのやっつけ脚本ですね。そこらの漫画アニメではいつものことかと思ってしまうけど、よもやトレックでそれを見せ付けられるとは。嘆きの最大の要因はここにあるのだろう。本当、あまりにもあんまりだ。

 脚本家の「100話も書いていれば駄作もある」という悲鳴に近い釈明も今となってはもう笑うに笑えない。
 いやホント、これスタッフ全員クスリ決めてました、って言われたら納得するよ(笑)。

TFアニメイテッド開始

 さてはて、うちは地上デジタルは綺麗に入るんだけどアナログは殆どマトモに映らないという未来に生きてる地域(違)なので、コピーワンス制限のこのデッキではキャプチャも取れないので文字のみでご容赦。

 トランスフォーマー・アニメイテッド、ようやっとのことで始まりましたよ。
 のっけからOPに色々なキャラが出まくり。「ジェットロンは相変わらず一杯居ますよ」とか「え?オメガスプリーム出るの?」とか。シャットアウトしていたというか特に拾っていなかったので耳に入った情報しか知らないのですよ。いやぁホントこれはこの先が楽しみでならない。
 お話の方はまだまだこれからって感じですが、期待通りかなり「歴代要素の集大成」な感じでファン的にはニヤニヤが止まりません。ウルトラマグナスが上官だよおい(笑)。ロディマスも出てくるらしいので一体どう展開していく事やら。
 っていうかよく考えたら毎週1話で1年近く掛かるの?(ぉ)
 最近はもうCS衛星放送で週2~週5くらいのハイペースでガンガン叩き込まれる生活に慣れ切っていたもので、そんなに小出しにされると生きていくのが辛いです先生、、、(笑)。
 いやもう消されない内に原語版で見ちゃおうかなぁ。どっちかというと改変が気になるだろうから日本版→原語版の流れの方がいいだろうとは思って今まで我慢してきたんだけどさ。悩ましい。むーん(笑)。

 そんなこんなで、
 後はまぁどうしてもG1世代としては気にならざるを得ない地上波向け改変もろもろのお話。
 OP/EDは当然のようにオリジナル楽曲。絵的には輸入物の定番である「本国版映像の編集」方式ではなく、どうやら日本で新規に起こしたもののよう。何でまぁ無駄に熱いと言われる作りなんですが(笑)。
 しかしよく見たらこれオリジナルの映像はまるっきり使ってないのね。あの「日本のバンク変形を逆輸入してみた」映像諸々にも期待していたのに。まぁCartoonNetwork版に期待するしかないのかな。
 あとは歌のほう、これは予想以上に残念だったかな。希望としては旧作のリスペクトがあれば嬉しかったけど、それどころではなくそれ以前に「こんなにピンと来なかったのも久々」というくらい、何だか正直全く記憶に残らなさそうな感触。タートルズでももう少しはそれっぽく印象に残る物だったので、せめてあれくらいのを期待してたんだけどね。多分、テンションがCartoonの空気と全く噛み合ってないんだと思う。

 また声に関しては、前科持ちの岩浪音響監督ってことではっきり言って不安9割くらいだったけど、まぁ今のところ冒頭でデタラメなナレーションが入った以外、本編では普通で助かった。オマケで台詞が入るのはG1時代からそうなのでむしろOKで、ただ台詞の意味やキャラクターそのものを変えてしまうような真似はして欲しくないというところ。果たしてBW(ビーストウォーズ)後期みたいに暴走しない事を願うのみ。静観。
 それはさておいてキャスト面、ウルトラマグナス=銀河万丈ってのがもうね(笑)。OVA版ですよ。しかも最高司令官? ああ、本当に立派になって。マトリクスの指の入れ方間違えなかったんですね(笑)。

 あと映像サイズが4:3でちょっと残念。というかどう見ても見切れてるカットが、、(苦笑)。向こうも映像そのものはビスタで作ってるけど放映時に4:3みたいな話で。結局その原版を持って来ることは出来なかったってことなのかなぁ。横の帯が気になってしょうがないです先生。

 しかしそれにしても2010年の自分の誕生日に放映開始とか、この物凄い巡り合わせっぷりには感動せざるを得ない。

誕生祭2010

 さて、今年もやって参りました。
 「4月3日は誕生祭!(俺の)」
 <どう見ても一度でいいから言っておきたかったシリーズ

 思えば2年前は「来年には風化」などと言っていたものですが、青い春なMIKU(初音じゃないよ)といい、一度根付いた物はいつまでも大事にするのがうちら世代のオタクなんじゃないのかと勝手に思いますよ。

 という訳で、折角なのでこの場を使って日々の成果報告(え~)。
【ニコニコ動画】アイドルマスター 春香 Make Me
img
 普段のおっホイから洋楽系に派生した時に拾ったもの。
 この手の洋楽系はダンス的にも気に入ることが多くて、「なんだろう、曲調が醸し出す雰囲気? 当人のモーション選択センス?」などという話を書こうかと思っていたものの、その後しばらくして単に素材が「万能ダンス」と呼ばれる代物だった事が判明。だって殆ど構成が同じPVが出てくるんだもの(笑)。とほほ。なのですっかりお蔵入りになってしまった話。
 ただまぁそれにかこつけて言ってみたかったのが「最後の寄り目春香さん可愛いですよね」と。
 この電飾服の薄ピンクバージョンも妙に気に入ったので、リボフロ(可動フィギュア)で出ないかなとか。(出ません)

 後はこの辺とか。
【ニコニコ動画】アイドルマスター 春香さんが夏のバーゲンに誘ってくれました
【ニコニコ動画】【im@s初詣爆笑ヒット】春香さんが冬のバーゲンにも誘ってくれました
img img
 パンダにティンと来ました。あ、あれ、熊パジャマ?
 オチも大好き。

 でもこうやって巡回している割には未だに本編はやったことないですけどね。やりたくないというよりやるのが怖いと申しますか。別に金銭的には周りに笑われるだけの話ですが。如何せん好き嫌い厳しいからなぁ、この分野。自己解釈で良い所取りしてるだけの方が賢明な感じもしなくもなく。いや万一余計な事を口走っても皆様方に申し訳が立たないだけなので、、。
 まぁ昨今話題のラブプラスバージョンでも出たら考えますよ(ぉ)。でも正直キャラクターが見たいだけでラブまでは求めてないのでその辺取っ払って、さしずめ「ラブマイナス天海春香編」とかどうですか。(どうですかじゃねえよ)

 とかいう感じで。これが4/1だったらもう少しデタラメ吹いて回れたかなとも思ったけどこんなところで。4/1にまた「k0が結婚」ネタを振られた時は、定番の「俺だ~、結婚してくれ~」ネタで反応するか若干迷ったのは内緒。前提知らないと分からないネタは辛い(笑)。
 まぁもうぶっちゃけた話、ニコ動は「おっさんホイホイ」「アイドルマスター」のタグ検索を掛けた上に、更に春香さんが出てそうな動画を優先して叩いている現状なもんで。事実には抗わないのがこの世の掟なのです(何)。

そして誰得の世界へ

 さて、
img
 そんな訳で4/1に便乗してクソ真面目に何かやらかす企画、でした。
 超絶久方ぶりのダイヤブロック変形。

 今年はどうしようというところで脳裏を過ぎった「西暦2010年4月1日」という日付。 何せ、一生に一度どころか史上唯一のイベントになりますからね。やらない訳にはいかんだろう!と。

 一応モチーフとしてはTFムービー・コンストラクティコン・オーバーロード。四脚四腕のゲテモノです。
 まぁ体型バランスを勝手に前寄り形式にしていたり上下半身のパーツ配分が全く逆だったりはしてますが。実のところ発想の大元は、私的に「カニケンタウロス」と呼んでいるゼロディバイドTFCのキャンサー。「四脚は男の浪漫だよね(反論却下)」と思う間に脳内変形を初めてオーバーロードと悪魔合体を始めたのでこりゃいいや!と(笑)。そんな訳で個人的趣味が多分に盛り込まれているのが実情です。まぁオーバーロードはイメージソースみたいな感じで。

 そんな訳で、前々からやっておきたかった四脚に、更に四腕まで盛り込んでの明らかにネタの詰め込みすぎ。正にoverloadなのだなと思い知らされた訳ですが。「まぁやることはやった」感に溢れてます。正直疲れたよ先生(笑)。

 因みに今年は文章で自然にウソをつくというのを勢いでやってみたんですが、あまりにも自然すぎるというかそもそもターゲットが狭すぎて、嘘を嘘と考える人間そのものが居なかった気がする罠。
 まぁ僅か1日ですが、万一見てしまった人の為に、こんな商品ある訳ないですよ、という話。