悪魔艦長始まり始まり

 「間に立つ俺の身にもなってみろ!」
 初っ端から中間管理職全開なチャコティ最高。いやちゃんと進言とかしますけど。

 はてさて若干書くのが遅れましたが、
 スタートレックVOYAGER、いよいよ始まりましたよ。
 いやぁ、おもろい。その一言で十分(笑)。

 正直な所を言うと、反乱勢力マキの追撃中、遥か深宇宙のデルタ領域に飛ばされた宇宙艦ヴォイジャー、という触れ込みから勝手に想像していた内容とは大分違う始まり方で拍子抜けしたのも事実ですが(笑)。その実、消息を絶った艦を捜索に行ったらミイラ取りがミイラになっただけで、それも超科学の異星人に拉致されちゃいましたというトンデモ話だわ、そこから帰れなくなった理由というのも、ただの原住民みたいな勢力に大苦戦の果てに基地を破壊するしかなかったとか。ヴォイジャーに同乗し共に地球を目指すことになったマキというくだりも、そもそも艦を失ったのはその敵艦への安直な特攻だったりするわ。いやはや冷静に振り返ると露骨に結論ありきのしょっぱいストーリー運びにしか見えない訳ですが。しかしぶっちゃけそんなことはどうでも良くて、何だろうなぁ、この雰囲気にあっさり飲み込まれる感覚と言うか、気付いたら「To Be Continued」を迎えている没入感。とはいっても何処ぞの次回予告で次々回の引きを見せるようなあざとい演出がある訳でもなし、極普通に見続けてしまう居心地の良さ。作品の勢いというかオーラがまるで違うよなぁ。つくづくENTERPRISEは何だったんだと思わざるを得ない。

 ただまぁこの作品については既に良くも悪くも色々評判を聞いている訳で、「あー、これが例の居なくなっちゃった人ね」とか(笑)、まだまだ初々しさの残るジェインウェイに「こうして孤独な宇宙に放り出されて悪魔に変貌していったのね」とか。途中でスタッフが抜けた辺りから悪魔呼ばわりされるようになった、という話も聞いているし、そういう噂だけ聞いていると余計な不安を掻き立てられるのが人情ってなものですが。ましてやENTが予想の遥か斜め下のどうしようもない出来だっただけに、悪評というものは曲がりなりにも真実であると思い込みたくもなる訳ですが。
 ところがどっこい、こちとら既に最終シーズン(のみ)を見てその「行き着く先」は見えているのだから何も恐れることはない。将来に何の不安も無い事が約束された人生、最高ですね先生(笑)。

人生諦めが肝心

 スタートレックENTERPRISE
 終わったなぁ。終わったね。うん。

 以上(ぉ)。

 まぁもう十分毒は吐いたし諦めも付いたし。
 ただやはり、その作りに惚れ込んで見続けたシリーズが何処にでもある駄作に成り下がって幕を閉じる様には、流石に泣けたけどね。
 何のかんのでここ最近の倦怠感の一因を担っていることは否定しようがないと思う。
 さようなら。永久に。

(追記)

@tarot3 今の気分を代弁して頂きたい。

@tarot3333: @duplex403 のカードは「剣のエース」の正位置,力で勝ち取る勝利、繁栄、成功、征服、優勝、決断する、スポーツ、力を持つ http://bit.ly/cfGLQz


 ああ成る程、勝って、燃え尽きたんだな。
 勝利は時に虚しい。(笑)

二百五十六騎掌位

 弐瓶勉「シドニアの騎士」2巻購入。良いね。

 弐瓶勉というと代表作BLAME!に限らずいつも白と黒と能面顔の難解SF系漫画の人、というイメージで長年固まっていたけど、あらまぁホント作風変わったなぁと言わざるを得ません、これは。前作バイオメガでも「ええ、こんな絵描くんだ?」と徐々に変化は見せていたけれど、読み切りのブラム学園三回目でいよいよ何かが弾け飛んだのか、今回はこんな感じ。表紙めくって1ページ目で、「色だ、色がある!」みたいな(笑)。
 大抵こういうカルト人気の人は一途に芸風を保つものだと思っていたけど、よもや弐瓶先生が例外に収まろうとはね。ロボ操縦候補生の青春漫画みたいな雰囲気で「女の子」というものが普通に描かれている、それだけでビックリなのに(笑)、女子更衣室(正確には光合成室)にパンチラも完備。とはつい触れちゃうけれど実際のところ普通にあるようなもので、こういう作品も作ってみたくなったのだろうと。こと「感情表現というものに弐瓶先生が興味を持たれたようです」とかそういう感じかと。
 なので、やはりベースは弐瓶勉だなぁという所もあり。まぁこれは今後に続く話なので果たしてどうなりますか。ネタバレの無い範疇で言うなら「人が死ぬ時はほんとプチッと死ぬよね」とか(笑)。何のかんのストーリー展開自体はシリアス目。
 まぁ「読みやすくなった弐瓶勉作品」と思って貰うのが良いかと思いまする。

 というかぶっちゃけるとこれは好物。二百五十六騎掌位良いよね。(ロボが円陣組んで推力アップ)
 正直自分は肩肘張り続けられるタイプじゃあないんでこれくらいが丁度良い。BLAME!しか読んでなかった頃は引越の際に手放すかどうか悩みかけたけれど、これはもう手放さないだろうなと。っつか気付いたら先生の単行本全部持ってるじゃん俺。

RD換装まとめ

 さてRD-XD91 HDD換装日記。
 まぁ大した事やってないですけどね。基本的にはRD-Wiki参照で。

■HDD
 3.5inchのSATAなら何の工夫もなくそのまま入れ替え可能なので、後は換装実績のある物を選べば確実ではないかと。
 容量に関してはRDはファームで固定に切られるので、後は性能というか音くらいしか気にする所はないと思う。SSDで幸せになりすぎた自分としては400GBのSSDがあればいいのにと思いつつ(笑)、とにかく五月蠅いのだけは嫌なのでネット上の評判?を頼りに「無音」言い張るHDP725050GLA360を選んでみた。一度評判のブツの実情を見てみたかったという好奇心が殆ど。
 まぁその点、結論から言えば「思った以上に全然変わりませんでした」が(笑)。確かに若干回転音が下がった気もするけどブン回している事に変わりはない。シーク音なんかは元々大人しかったので、体感的にどうという差は無いよね、やっぱ。HDDはHDDと。

■換装手順
 カバーを開けてHDDを入れ替えて、メニューからHDD全初期化。
 既存データをどうするかが結局これの最大の命題だろうとは思う。

 けど敢えて細かい所を書くなら、
・カバーはスライドではなく手前側を軸に上に開く。中村先生ゆうパック(激ぉ)
・HDDはマウンタごと外れるタイプ。左右4本ネジで。
 メンテ性最重視というやつですが、こんな手前に置くから音漏れ目立つんじゃないのと思ったりもした。
・換装後、再起動しない(HDD回りっぱなしのままファームがハングったかのような)場合は「電源ボタンを10秒間長押し」すると強制終了するのでそこから電源再投入。

 最後のは要注意かも。何故かwikiにも触れられてないけれど。
 何か既視感のある話だなと思ったら、これはHDDの認識エラー云々以前に(換装関係無く)引越の時にも喰らった話だったという。コンセントを長期間抜いた時かとも思ったけど、多分HDDが起動中のままコンセントをブチ抜くと不味いんじゃないかと予想。まぁ実際気にはしたんだけど、こいつの仕様上避けられないというか。主電源を落としても要らぬDEPGT(デジタル番組表更新)で何分何十分もHDD回しっぱなしな訳で、大人しく停止を待つしかないのかな。マニュアルにはそんなトラブルシューティングは一切ありませんでしたが、、、(たまたま他の項目に載っていた)


■データの待避
 既存の録画分をPCに待避するだけなら単純、新HDDに書き戻しまで考えると若干注意。
 データ転送自体にはネットdeダビング式とDLNA転送式がある。後者の方が速い。
 この辺参照。

・待避
 DLNAが使えるならRDLNA。倍から速度が出る。
 注意点としては、ブラウザから「ネットdeナビ」画面を使ってしかDLNAの設定は出来ないこと。本体ファーム上からは設定出来ない(何故)。ここ参照。

 但し、書き戻しを行う為のヘッダ情報が送られないので自分で付与する必要がある。RDheaderというのがあるけど完全に手作業するしかないのでちょっとね。せめてバッチ化したいところだけど。
 めんどくさければLANDE-RDで良いと思う。というか今回はこれで。
 LANDE-RDを起動しておいて、RD本体のダビング画面から緑ボタンの送り先切替でLAN機器を選択。

・書き戻し
 前出の通り、LANDE-RDで吸い出しておけばそのまま噛ませられるので便利。
 RDLNAならRDheaderを使って一個一個頑張るしかないのかな?(送るのには結局LANDE-RD等で。)

 送る際の手順がちょっと特殊で、XD91の場合は「受け取り側で適当なファイルを選んでダビング選択画面に入り、緑ボタンの送り先切替でLAN機器選択画面を出しておいて、LANDE-RD側で「開始」。
 これが最初分からなくてXD91では無理なのかと思い込んだりもしたもので。まぁRD機器のなりすましみたいな事をしているのだろうし、致し方無いのかな。

■そんなこんなで
 無事に終了。未消化分の書き戻しもぼちぼちやったり。
 残り10~20%でうろうろして一部の領域ばかりガリガリ痛めていた時代ともこれでおさらばでしょう。HDDの初期化がしたかっただけで、HDD換装自体は実のところ不要だったのは内緒にして頂きたい(ぉ)。

 という訳で別途HDDの話。まぁHDDは所詮HDDなんだろうな。
 そもそも3.5inchで7200rpmで2プラッタの500GB(HDP725050GLA360)が「無音」にまでなるのか?と、しかし後継の1プラッタ版のレビューでも「2プラッタより微かに音はする」と。まさか前機種を持ち上げるのが工作員だとも思えないし、ならその実力は如何ほどか?と興味本位で手を出してみた訳ですが、果たして結果といえば「??」。まぁ確かに「微かに音は弱まった気はする(笑)」。
 勿論HGSTのFeature Tool使って音抑えてます参考、特に電源設定はここ

 そもそもこのRD-XD91のHDD駆動音が気になるというのも、絶対的にうるさいというよりも、以前DIGAのE80Hを使っていた頃は気にならなかった(気がする)(引越と同時なので並べて比べた訳じゃないし環境も違う)からというもの。ただ勿論80GBから400GBにも膨らめば条件も違う訳で、別段載っていたHDDが悪かったというものでもなかったと。
 むしろE80Hが配置やシーリングをしっかりしていたということなのかもね。前述の通りXD91はあんなマウント位置なので音はダダ漏れ。加えて矢鱈と長い録画待機時間にDEPGT。何よりも使ってもいない時間にブンブン唸るのがシャクに障るという訳で、散財がてら解消出来たら嬉しかったけど残念賞。
 っていうかやっぱ五月蠅いな、と、余っていた遮音シートでHDDをくるんだのは内緒(笑)。何のかんので音は塞ぐのが一番ということですか。世の中にはSmartDriveなんてものもあったので、たかだか小一時間回る程度の稼働レベルならよもや熱問題は心配なかろうと。万一それでおかしくなる頃には先に機材の寿命が来るだろうと信じて。

ほぼ締め

# 書きかけRDまとめは時間なくなったので今度。ホットな話題優先なのですよ。

 はてさてスタートレックENTも残り3話となりました。
 続いて金曜にVoyagerが始まったら物凄い勢いで記憶を消し去って(笑)何も書かずに終わりそうなので、今の内に触れておきますよ。

 シーズン4は、テコ入れの筈が更に悪化したシーズン3までの展開を開始2話で全て闇に葬り去って仕切り直そうとした、その思いは確かに感じられる出来だとは思う。この流れで5以降も続いていたらとか、そもそもシーズン2でこの舵転換が為されていれば等々、僅かに生き残った選民ファンが惜しみたがるのも無理は無いのかなと。まぁ尤も、一番重要であるキャラクター作りで初っ端から大コケしている時点でどう頑張っても良作には届かなかったのではないかとは一応。TNGの初期に比べれば明らかにマトモだけどピカード艦長も居ない、そういう案配。
 ただまぁそんな中でも頑張りが見られると決して悪い気はしない訳で。

 #91 “Affliction”, #92 “Divergence”
 シーズン4の中ではこれが一番記憶に残るかな。まぁファンサービス系だからでもありますが。
 DS9渾身のネタだったクリンゴンのメイク違いの謎にもっともらしい言い訳を付ける話、というのはむしろ設定マニアしか喜びそうにない「ネタはネタとして眠らせるべき」題材選びであったにも関わらず、「まぁクリンゴンなら有り得るかな」と思えるオチの付け方には正直安心した。また一方で話の軸には同シリーズ既出の優性人類に絡めたものなので新参にも無理のない構成。番組紹介の「事前知識なしに十分楽しめる傑作」という触れ込みは最後の二文字を除いて成る程納得と言ってもいいなと(笑)。
 まぁ細かい事を言えば、同時に詰め込んだセクション31ネタは詰めが甘すぎるし、前後編で無駄に冗長化した部分を削ぎ落として一話でがっつり見せるくらいが本来のトレックかも?、と思う所はありますが。逆に前後編らしく二号艦コロンビアとの共同作戦を盛り込んだお祭り回と考えれば、何のかんので同型艦ネタは盛り上がるよね~、ってことで。

 などとちょっと盛り上がったかなというところで、
 #94, #95 “In a Mirror, Darkly” (1,2)
 「何この物凄い開き直り」
 打ち切りを踏まえてこれまたシーズンお約束(?)の平行世界編。特に何かしらが逆転した「鏡像世界」ということで、地球人類が平和ではなく侵略を求めた暗黒世界のお話。
 しかしこれがまたどうしようもなくて、今回は完全に新規視聴者置いてけぼりで一切の説明の無いまま、拷問を喜ぶレギュラークルーを描いたアバンタイトルに始まり、OPは戦争史に染め上げられた作り起こし。エンタープライズが光子魚雷で地表を爆撃した瞬間は吹く以外に無かったというか。悪ノリも此処まで行けば潔いと褒められればいいんだけれど、如何せん今まで積んできた過去が過去なので、、、。だって鏡像世界なのにアーチャーのやってることは同じなんだもの(大笑)。まぁ同じような性格で、片や英雄、片や出来損ないの副船長、という立ち位置の違いが鏡像世界なんですが。とにかく、最近大人しくなりかけていたアーチャーの何と生き生きとしていること!(苦笑) っていうかレギュラー全員ノリノリで悪役こなしてるし。挙げ句には一応ネタバレですが、本編ではまるで光の当たらなかったレギュラー2名が最後にのし上がるという、これが本来の鏡像オチなんですけどね。
 ただ、結局のところ最初から最後まで本当に一切救いの無い地球帝国編で終わったので、「あのスタートレックで!」という話題作り以上の機能性の無いエピソードだったと言えばそう。反面教師と言えばまだ聞こえは良いけれど、そもそも所詮はこれが「悪事にも容易に手を染めるENTERPRISE」の集大成と言える回ではあったと言えてしまうのではないかと。そういう思いの捨てきれない回でもあった。恐らく末期ファンは「ENTERPRISEだから出来た」と考えるのだろうけど、それは擁護。
 とは一応釘を刺しておきますが、まぁ最低最悪を通り越したシーズン3に比べれば楽しめた回であったのもまた事実。きちんと出来の良い作品の上でこの鏡像世界があればな、とは思う所です、はい。

 あー、でもやっぱ嬉々としてフェイザー打ちまくるアーチャーには笑いを抑えきれない(酷)。<何たる締め

RD換装完了

 はてさて、RD-XD91換装完了。
 若干トラブルというか困ったりはしたけど無事終わったので、様子見しつつまた後でまとめようかと思いまする。

 因みに換装後初の録画はLine入力3の真っ黒画面でした(ぉ)。
 いや単に不具合対策用のダミーファイルなんですが。削除(ゴミ箱移動)でフォルダ内が空になった際、ルートにファイルがあればそこに戻るんだけど、ルートに無いとあらぬフォルダの中に飛ばされる。削除後は必ずファイルにカーソルを合わせたがるようで、それを探して多分末尾のフォルダに潜るとかしてるのかと。何ですかこのバグ仕様。処理は分かるが意味は分からない。
 何と言うかこう、作り手が何やらかしたのかが見えちゃうのって嫌だよね(笑えない)。

RDのHDD換装に向けて

 今週末はHDDレコーダーの録画消化大会と相成っておりました。
 いや、っつーか、コレ無理(いきなり何)。

 今のレコーダRD-XD91は入手当初からHDDがうるさくて不満だった(DIGA-E80Hは静かだった)ので、そろそろ堪りかねて、というか単に衝動的に換えたくなったので換えることにした。この辺参考。RD専用も。
 しかし最大のネックは今の400GBのHDD内に溜まった大量の録画データ。CSの放送は一期一会でもあるので録るだけ録って後で見たくなったら見るか、みたいなのが一杯あってさあ大変。まぁこれが理由で今までも諦めてきた訳なんですが。幸い東芝RDシリーズは(いちいちDVDに焼かなくても)ネット経由でPCに吸い出しが出来るので、消すか否かも迷うようなのから待避させて、残りを捨てと消化という形にして強行することにした。HDDを購入してしまったのでもう後には引けない。
 んが、その消化がやはり辛いのですよ(笑)。おかしいなぁ、大分見切りを付けた筈なのに、折角だからこれは見ておくかというものだけでも塵も積もればゴミの山でした(死)。
 もう疲れたよ先生、という事で諦めて、これまた幸いにRDは書き戻しも出来るので力業である程度持っていくことにした。まぁ少しは過去のストックがないと、新規録画分だけでは寂しいのが実情でもあるし。ENTだけ見て寝る生活なんて地獄ですよ先生(ぉ)。

 因みにRDからの転送はDLNAを使うRDLNAの方が圧倒的に速度は速いのだけれど、書き戻しがそのままではできないので、無難にLANDERDのネットdeダビング形式を使うことに。見た感じmpeg2のヘッダにシステム情報が載ってる感じだけど、いちいち別の形式で吐かなくてもいいのになぁと思いつつ。仕方無いか。
 まぁそもそもPCに移動させたままそっちで見ればいいじゃんという話もなきにしもあらずですが。自分どうもPCで動画見るのは好きではないもんで。ビデオ鑑賞は座椅子にどっぷり座って寝落ちするくらいがいいのですよ(ぉ)。いやそう言いつつ、書き戻すのが面倒くさくてそのままPC側で見る番組多数に10000カノッサとかそういうノリかと(激ぉ)。