Star Trek O’Brien

 スタートレックDS9、#139 “Honor Among Thieves”。
 オブライエン主役エピソード、久々に来ましたよ。
 いやもうのっけからニヤニヤしっぱなし。やっぱオブライエンは我らが庶民のヒーローですよ(笑)。
 もう彼が主役で題名「スタートレック オブライエン」でいいよ(ぉ)。
 「予言者?選ばれし者? そんなもん知ったこっちゃあない。俺はケイコとモリー(妻子)が無事ならいいんだ!」とか毎回そんな調子で。

 まぁ話そのものは裏の業界の人情劇というやつですが。
 そこで情を移したらプロじゃねーよ、とは思うんだけどそれがオブライエンなのであって。正体を明かす危険性も顧みず、「彼はそんな奴じゃない」と、人のなりを信じ切るその一途さは自分には真似出来ないのだろうなぁきっと。
 それにしても、士官を辞めて技術チーフに落ち着いた一介の妻子持ちをスパイ任務に送り出すってどんだけ惑星連邦は人手不足なんだよと(笑)。
top↑