週10

 スタートレックDS9
 この前commanderの訳の話を書いたけど、今回は「中佐」で呼ばれてたなぁ。前のは露骨におかしかったからそれで苦情が殺到して改めるようにしたのだろうか。それとも今まで気付かなかっただけで、訳者次第で変化してたのかな? tricoderを長年トリコーダーと言い続けていたのに一回だけトライコーダーと改めたり、各人の敬語・口語の切り分けが公私の差を別にしても時たまあれ?と思う事があったりと、翻訳がイマイチ徹底し切れてないのが残念。まぁそれどころかゲストキャラの名前を勝手に変えたり、毎度の如く「ネタバレを更に歪曲化させた原作破壊級のサブタイトル」を付けたりと、翻訳スタッフの酷さは最早折り紙付きなんですが。
 とは言ってもそれぞれは細部の問題で済んでいて、作品の視聴に影響のある程ではないと思っているけどね。(一番やばいサブタイトルの件はCS放送だと何処にも表示されないし)

 つい長く書いてしまったので、折角だから本編についても。#68 “Explorers”。
 物語としては古代の宇宙帆船(太陽風で進む)を個人が手作りで再現して宇宙旅行しちゃう(バックアップも何も無し!)という、無理に無茶を上乗せした出鱈目ストーリーにも程があるんですが(笑)、そこはそれ。この事実を伏せていた敵国の思惑が絡んで政治云々・・という話なんぞには勿論なる訳もなく、その旅行体験を舞台に親子の関係を主軸に据えた脚本を展開するからこそ、最後まできちんと見ていられる話になる。やっぱ話の組み立て方の問題だよなぁ。
 直前に見た番組があまりにも箸にも棒にもかからない内容で萎えまくっていたので、よりにもよってこんなアホ話かと最初は不安だったけど、結局最後まで見ていられるその安心感は流石です。

 で元は何を書きたかったかというと、なんと来週から一日2話連続放送になるそうですよ! 週10かよ、過労死するよ(違)。
 トレックは1話1話できちんと満足出来る作りをしている作品なので、どんなに溜め込んでも一日2話3話が限界なんだよね。ましてや凄く良い回に当たると1話で満腹になってそこでプレーヤーの電源落としちゃうくらいだし。
 こういう作りがきちんと出来ていれば連続放送なんて暴挙は、、と思う事はたまにあったものだけど。まさかトレックでまとめ見を強要されるとはなぁ。他の溜め込み分を消化して容量空けとかないと。
 ま、DS9は連続話も増えたらしいのでその対策もあったのかしらん。この分、Voyagerの番が早く回ってくると思う事にしよう(笑)。
top↑