TF祭り継続中

 TFムービー2のCDアルバムが届いたので聞いてみた。
 今回は普通に主題歌(?)が一番好みだったかもしれない。前回のバリヤッタみたいな曲が今回は無いのが残念。今回のあのオプティマスの凶悪極まりない暴れっぷりとその言動こそサイバトロン破壊司令のテーマコレの0:20~)に続く新曲が望まれたというのに(ぉ)。
 まぁ一応真面目モードでフォローしておくと、あの博愛主義のオプティマスらしからぬ言動の酷さは、直訳に過ぎる翻訳と吹き替え方の問題もあったんじゃないかと思うけどね。基本的にやる時はやる人なので「悪は滅せよ」と感極まった結果の台詞なのだと思いたいけど、あまりにも淡々と喋られると辛い。機械だから感情表現は抑えて下さい、とかいう頓珍漢な指示でもあったんだろうかと疑いたくもなってしまう。残念な話。

 あと、「スターゲート戦役」のコミックが出ていたのを思い出して小説共々購入。
 うーん、思ったよりは普通でした。最初の頃は好き勝手に喋る研究者タイプのホイルジャックや、マトモ系のマイスター、そして「うぉぉ」なコンボイ司令と、各々のTFの台詞が脳内再生が出来る程度に盛り上がったのだけれど、後半はストーリー進行に寄ってしまった所為か物足りなくなってしまった感。雑誌休刊の影響もあったのかな? お話自体は、何と言うかまぁスーパーロボットマガジンという編集部の意向もあったろうと思うので、そんなものだろうと思う事にしておきます。
 それよりも気になったのは絵柄のほう。最近よくTFに関わっている人なので頑張って欲しいとは思うのだけれど、やはりちょっと描き方が人間的すぎる。特に口元の表現が好きなようで(勇者シリーズ的というと伝わる人には伝わりやすいと思うけど)、何とも生々しくてTFとしては抵抗がある。口がマスクで覆われた(一見同じ顔にしか見えない)コンボイ司令からあれだけの感情(特に苦悩)が読み取れるというのに。勿体ない。

 因みに小説の方は、今読んでいるのが片付き次第着手予定。
 映画版で不足していたTFの台詞の少なさが解消されるといいなぁ。
top↑