10周年

 ものっそ出遅れたけど、パワパフ十周年新作「支配者はワタシ!」を観てみた。
img
 正にこんな感じ(笑)。

 マクラッケン久々の制作(シーズン5辺りから抜けてたんじゃなかったっけ)ということで何を作るかと思えば、PowerPunkGirls等のファンの要望なんぞ知ったこっちゃない級のカオスな一品(笑)。全般的に「Foster’s Home」の影響が滲み出ているような。
imgimg
 等身も比較的初期のものに戻したようで、勿論近年のパンプキンな等身もあれはあれで可愛いとは思ってますが、この「砂を詰めた袋の端をきゅっと摘んだ手足」もまた懐かしい。
imgimg
 博士は見事にマッド(というかクレイジー)サイエンティストモードだし、バブルスはすっかりstupidな役回りだし。ああ、やっぱりパワパフってこういう変な番組だったよなぁ。それこそ一緒にやっていた映画版との落差がでかくて、折角の10周年に何という、いやこれでこそパワパフですよね、と(笑)。

imgimg
 ついでにゲスト出演のフランキー(Foster’s Home)。(左:中央下)
 ブロッサムの支配世界イメージなんだけれど、実際にこうなったら喜んで参加するだろうなと思わせる配置が堪らない。
 右はついでにバターカップ版の「BIG BUTTER」。相も変わらずの性格付けが最高です。
 うーん、他にも良いシーンが一杯で選んでたらキリがない(笑)。

 しかし、しょっちゅう再放送してるし未だにCNの看板キャラだから実感無かったけど、もう放送終了してから7年くらい経ってるんだよね。作り手としてはこればかりという訳にもいかないし、そう思うともうこれっきりなんだろうなという寂しさも無くはないですが。本音としてはやはりもう一度とは思うけどね。
 或いはいっそもうPPGZでもいいから、とか。あれこそ一度もっときちんと力入れて作ってくれないかと思う訳ですが。この前再放送見てみたら酷いのなんの(笑)。まぁあの緩さがZと言えばそうなんですが、うーん(笑)。

普通に外伝で良かったとも勿論思いますが

 遅ればせながら、「ヨコハマ買い出し紀行」小説版が出ていた事に気付き早速読んでみた。
img
 嗚呼、相変わらず良い色してますね。この色遣いが好きなんだよなぁ。「紅の山」とか、たまのフルカラー短編はどれも味わい深かったし。携帯サイトから拾ってきた「冬のおわり」の表紙絵が気に入りすぎて今の携帯を手放せない(コピー不可)原因の一つになっている気がしなくもない事はココだけの話にさせて下さいお願いします(何)。

 さてこの小説版は、夕凪の時代の更に後の時代に、地上最後のロボット・オメガ君が眠りについたアルファさんの記憶にアクセスするという所から始まる話。
 しかし、
 「2007年日本ホラー小説大賞最終候補作品」って、、マテ!(笑)

 つまるところ、原作がベースにしている「終末の時代」の要素を重点的に描いたお話になっていて、元を知らない人間からすれば何がヨコハマ買い出しなのかもさっぱり分からないくらい、元来の「てろてろ」な部分は含まれていないのでその旨あしからず。まぁ牧歌的な部分がバッサリ切られたターンA劇場版のように、それが全てではないけれどもちょっと寂しくはあるという感じで。どっちかというと、最終巻で加速した切なさパートを凝縮したものと思って貰えば良いかと。切なさ10倍くらい。
 その点、一冊という紙面の都合もあって諸々再構成されてはいるけれど(ココネもマッキも出ません。ファンは残念!)、オリジナルの表現を含めつつも個々の帰結する所は変わらず上手くまとめてきたなぁという印象。単純なノベライズでもなく、原作から逸脱する事もなく、適度なアレンジなのでファンでも安心できるのではないかと。まぁ巻末に読み切りの短編が収録されているというだけでファン的には買いなのかな(笑)。

 ・・・とまぁ書いてはみたけど何とも奥歯に物が挟まったような気分が拭えなかったので再考していたら日が経ってしまいました。最近こんなんばっかだなぁ(苦笑)。

 まぁ正直、この作品については(いつも以上に)何がどうだと断定し辛いところがあるのですよ。
 元々断片的に語られた要素から全体を組み上げていくタイプの作品なので、自分の場合はそれらSF的要素から形成された特殊空間上での人物の心象風景を愉しむ作品というスタンス。ただ中にはそのSF設定を更に掘り下げたいと思う人間も居る訳で、この小説版もそれを立脚点にした構成である点は否めない。その原作以上に「終末」の色の濃い世界設定(及び主題)がホラー扱いされたという訳で。
 しかしそのような「設定」を殊更に追い求める流れは、正直(この作品に限った事ではなく)自分はあまり好まないほう。設定解説に溺れて駄作に成り下がった作品も見てきたし、何より連載という形式故に発生しがちな不整合、これに関して既知の要素にこじつけていくだけの辻褄合わせの行為はただの不毛な作業だとすら思ってしまうのが本音。勿論、ファンの心理としてより完成された姿を求めたいという欲求が先立っているのは承知していますが、この点小説版は連載終了後の強みとして全てを総括して再構築を行っているので、無理なく自然な補強が出来ているとは言える。そうしてSF的背景を整え、それに合わせて各種エピソードを再構成した作りこそがこの小説版というものではないかと。
 こうした「改編」はファンジンには成し得ない公式出版の強みであって、公式のアレンジ版としては十分にその役を果たしているのではないかとは思う訳ですよ。この点個人的にはロクなアレンジを見てきていないのもあるんだけど。手前味噌に書き換えて、筋道が違えばそれがアレンジだと思い込んでいるようないわゆる原作レイプに比べれば、よっぽど正しく原作を理解して取り組まれているのではないかと(少なくともOVA二期の微妙なズレ具合よりはいいかなと)。別に悪くなかれ主義になる訳ではないけど、褒めるべき所は素直に褒めたいとは思う。
 まぁそんな感じなので、私的に手放しに歓迎できる訳でもないんだけど、否定するべくもないよなぁという。むしろこの内容にしては「ホッとした」という所。

 ただ強いて言えばやはり、7章の語り、いわゆる「設定解説」パートは相当にくどい。
 これを取って「自作設定集」扱いされるのも無理はないし、これこそが先に挙げた設定好きの悪い癖。ここは減点10の要反省としか言いようがない。
 ただまぁそこで重要なのは、あの事実を持ってしてアルファさんがその時そしてそれ以後に何を感じ得るかという部分なので、まだ辛うじて許容範囲。原作では直に触れてない部分(どちらかと言えばココネ担当かな)としてはまた一つの話の切っ掛けにもなろうかとは思えるし。
 しかしやはり同じ話をするにしても、原作であればもっと言葉少なに巧みに語るのだろうな、とは釘を刺しておきますけど。

再会

 さて、スタートレックDS9を観てみた。

 オブライエンwwww
img img
 「シャトルに何が起こったの?」「わかりません、、消えたんです」

 「うは、役に立たねぇw」的な、この溢れ出る凡人オーラ。
 駄目だもう、彼を見るだけでニヤニヤが止まらない(笑)。

 いや後できちんと技術チーフらしい仕事はするし、地味に頼れる中堅技術部員という事なんですが。だからこそ、そのどう見てもエキストラ級の役柄でレギュラーに昇格という奇跡は、役者は勿論、吹き替えの中の人もビックリだったろう。「え、俺、レギュラーになんの?」と(笑)。

 しかし、まぁ何だろうなぁホント。
 連邦最大級の宇宙艦の部門長から辺境基地の主任へとまるで左遷にしか見えない人事異動(一応話し合って決めたとの本人談)に、案の定おかんむりの奥さんと小さい子供を抱えての苦労人。ってやっぱり何処にでも居そうな中間管理職(ぉ)。
 それでも住環境改善のために(奥さんが)私設学校を開いたりと奮闘を見せる訳で。オブライエンはその差し入れ係。ああやっぱ美味しすぎます(笑)。

 という訳でついつい舞い上がってしまいましたが。
 他はと言うと、まさかこれを使うのかというTNG既出の寄生共生体に、これまたチートくさい変幻自在の流動体生命、そしてカジノのフィレンギや非軍人?のカーデシアンと、実に個性的な面々。TNGですっかり凝り固まったかに見えた世界観、及び作品イメージを上手く広げてきたよなぁと思わされる。
 勿論、お話の善し悪しはまたこれからの話ですが。
 流動体の人が、言ってしまえばデータ少佐の変形版のポジションのようだけれど、あれとはまた違ったテーマが楽しめそうで好みかな。<何気に声がメガトロン様(&主役はコンボイ司令)

燦然

 続けて特撮番組ネタ。
 書こう書こうと思いながらも流れたままになっておりましたが。
 某「敏鬼」の全盛期(?)、超光戦士シャンゼリオン、見終わりましたよ。
img img
 いやーーー、、、「あれ?案外おもろくない?」(笑)
 もはや無茶苦茶で出鱈目な記憶しか残っていなかったけれど、改めて見てみると出鱈目は出鱈目でもまだ良い意味でのデタラメ感。気付けば毎週普通に見続けている自分が居りました(笑)。

 うーん、やっぱこの頃は、コメディタッチにはっちゃけてはいてもまだ最低限のラインは保っていたよなぁ。言ってみれば良心回路という奴ですか。あんな駄目駄目主人公でも(自ら)フォローを入れている様に感心したりも。
 いつからこういう心の余裕が無くなったんだろう、あの先生は、とつい思ってしまいますがまぁもうそれはいいや。

 取り敢えず、朝倉ヘビ男君とカテゴリーキングの在りし日の姿を堪能したということで。ついでにまさかのセイン・カミュ(笑)。

鳥頭

 いやぁ、ガッツ星人いいね。参考
img img
 こんな奴等に暗がりで囲まれたら生きた心地がしない、ってなものですよ。
 暗闇への恐怖というのは人間の本能に根差すものなので。しかもこの番組(或いはこの時代)、映像的配慮の為される今とは違って暗がりを本当に暗く映すので、その演出効果は段違い。
 そしてこの獲物を喰らう猛禽類のような、そんな生態学的イメージを容易に想像させうる風貌は、デザイン上シンプルながらも非常に効果的。

 でもまぁ、、、オウムと言われるとその通りかも(笑)。
 第一、前半はウィンダムを一蹴しセブンを翻弄する圧倒的強さを誇ったにも関わらず、後半ではただ円盤を燃やされてぐっすんおよよの如くわーわー騒いで散っただけだもんなぁ。<今まで書いたの台無し(笑)

 そんな訳で、恐竜戦車を過ぎた辺りでハタと止まっていたウルトラセブンの続きを見終えました。
 まぁ何というか当時の色々に触れる良い機会になったかなとは思いますよ。下手な事は言わず、うちらみたいな素人はコチラのサイトのような解説に頼った方がむしろ楽しめるんじゃなかろうかとも思いますが。
 強いて言うなれば、昔の作品はキャラ(人物)がしっかりしていたよなと思わされる。毅然としたキリヤマ隊長に、誠実な主人公ダンに、案外きちんと仲間想いなソガ隊員に、と。特にソガは「三(枚目)をやらせたくても二になってしまう」とは言われていたようだけど、それが却って普通の人間っぽいキャラクタになったのではないかとも思う。あれが三だけだったらただのコメディキャラにしかならないけど、二な役割もこなして隊員としての色々な経験を積んでいく事でキャラにも深みが出てきたのではないかという。それ故にか真面目なダンとも徐々に接点が増えていって、最終話(前編)冒頭の気遣いにも繋がったのではないかと。最後までへっぽこだったアマギではああは行かない。いや失礼(笑)。

管理社会がそんなに嫌かと

 引き続いてサルベージ。
 事実上別件の前座なのでエントリは分けました。

 同スタートレックTNG #113 “The Masterpiece Society”(この辺は日本放映時の順番がバラバラみたい)
 こちらはDNA改造により個々人の役割レベルで統制管理された管理社会のお話。
 まぁ結果としては亡命者23名という「大失態」に他ならない話でしたが。
 ただいつもと違って移民集団即ち「同じ人間」だという所に、艦長も人としての感情が先立ってしまったのだろうなぁなどとも考えてみる。茹でダコ星人ですからね。


 むしろこの管理社会の設定を見て(Wii)「Opoona」を思い出してしまった。
 こちらは適性に応じたノルマをこなせば後は遊んで暮らせるという超ノルマ社会(主人公は体よく魔物退治。内勤ノルマとの差が激しすぎるというのは野暮な突っ込みか)。しかし、そんな管理社会の長が実は悪人で何もかも操作されていましたというありきたりに蛇足を加えたようなシナリオは、初見で想像がついたとはいえ情けなくて涙も出ない。何つうかまるで正月のNHK番組で見た若者の政治不安の現れのような、そんなチープな発想をかましている暇があったら折角の空想社会を描ききってみろと。わざわざこんな有り得ないくらいの理想郷なんだかどうかも分からないノルマ社会を構築したのだったら、その社会の上に何を成すかが作品世界をきちんと活用したシナリオ作りというものだろうに。
 まぁ自分自身、地軸が傾いた惑星を舞台にした冒険、という程度の軽い気持ちで手を出した物に過ぎないけどさ。でも別に大した冒険になっているでもなし、イベントをノルマという単語に置き換えただけの、ガワを剥げばいつもと変わらぬ構造には、流石に苦言の一言でも漏らしたくはなるというもの。せめて舞台に身を投じさせる何かという物をきちんと考えて欲しい。

 結局の所、「何をやっているか」という問いに「いつもの事」という回答しか得られない事実に、これらの病巣が埋まっているんじゃないかと常々思うのですがね。キャラがアレだからとかそういうのは後から付いてくる話。

 ・・・という所まで書いた辺りでまた余計な話をしようとしたのか、文章の締めに迷って止まったっぽい。(今回、最後の所だけ修正)
 強いて付け足すならば、昨今目に付く和製SFってこんなプロダクションIGの生気のない情報管理社会みたいなSFばかりだよな、と。自分もSFをどうこう語れるほど精通してはいないけど、何も難しい話をしろって事ではなくて、藤子F不二雄のSF短編みたいなので良いんですよ。あれ一冊読むだけでも違うと思うけどなぁ。

ループ好き

 終了記念に過去の放置分をサルベージしてみる。

 スタートレックTNG #118 “Cause and Effect”

 宇宙歴45652.1
     ぼかーん

 宇宙歴45652.1
     ぼかーん

 宇宙歴45652.1
     ぼかーん

 宇宙歴45652.1
     ・・・

 まぁこんな話(笑)。
 所謂タイムループネタですよ。こういうギミックは初見以後はネタが割れるだけに、話そのものの作りがポイントになるのだけれど、そこの所なかなか上手くやってたんじゃないかと思う。この「またかよ」と思わされる所が面白いのですよ(笑)。そして回を重ねる毎に変化は生じるのだけれども結果的に同じ所に落ち込んでしまうループの罠。あれも違うこれも違うとやりながらも結局はコップを割ってしまうDrに、「ああこれが死亡フラグ」などと考えると妙にくすぐられる物もあったりして。誤って立てたフラグの所為で先に進めないアドベンチャーゲーム、なんてのは今日日見掛けないもんなぁ。懐かしい。
 まぁ強いて言うなれば、最後はやはり艦長の冴えた禿頭でビビッと解答を導いて欲しい所でしたが。決定的な外部情報を手にしながらも上記に上げた変化の点が乏しかった(最後の一手のみで他は同じ)のが心残りかなとは思う。

 ・・・という風に、ネタとしては結構好みだったので折角だから掲載。
 原文そのままで書き上がってはいたんだけど、続けて書いた話から別件に派生したところで筆が止まって時機を逸してしまった(苦笑)。

今はただお疲れ様

 さて遅ればせながら、
 スタートレックTNG、全話視聴完了。
img
 いやぁ、お疲れ様!>特に自分(笑)

 そう言えば最後の方はガイナンは出てこなかったような。ジョーディもバイザーを取る取る言われていた割には(&シーズン2で早くも話を振っていた割には)、特別な話を除いて、シーズンの進行上でそれを取るには至らなかったし。ここはシーズン2立て直しの貢献者たるDr.ポラスキーのゲスト登場もちょっくら期待してたのにね。それどころかヤー大尉が、娘の方は放置してまたも未練がましく本人が復活してくるし! まったく、最後まで話題を引っ張るオバサンだなぁ(笑)。<冗談抜きに皆老けてた、、(笑)
 でも、やっぱり最後の締めはQだよね!という感じで満を持しての再登場。
 奴に始まり奴に終わると。あんな無茶苦茶な第一話からよくもまぁここまで綺麗な話に落とし込んだよな、と感心もしつつ。あれじゃまるでQが良い奴じゃないか(笑)。あの物腰柔らかい麦人(声)をただの茹でダコ星人に変えてしまうQの挑発話術は毎度毎度呆れ返る程だったというに、最後はなかなかどうして。

 そしてそんな最後の総締めに用意された話は、ピカード艦長が過去と未来と現代を行き来するというもの。それは別の可能性が作り出す未来であり過去でもあると。成る程なぁ、こうして見るとVOYAGERの最終回は純粋に「より良い未来」を生み出してしまっただけとも言えてしまうのかもね。TNGの、ただの耄碌ジジイに成り果てた上にその行動が全ての元凶だったというトレックらしからぬ無様な未来像も、「それは変え得る未来」だと。まぁ現在進行形で己の想う理想の未来に突っ走ったVOYAGERもそれはそれで気分は良かったと思うし、別にあれこれ言うつもりはありませんが。取り敢えずVOYAGERも一からきちんと見たいよね。

 それよりまずは次シリーズDS9の開始ですが。流石に少し休ませてくれよとは思いつつ(笑)。
 まぁノルマとは思いつつもなんだかんだ177話も見続けられたのは、一話完結の適度な濃度感と、油断してるとまた良い話が転がり込んでくるその平均点の高さ故かなとは思う。
 DS9は連続物が増えるらしいので少し心配しておりますが。頑張りましょう。

SAGA

 さーて、そろそろ復活しますよ。
 やっぱり「Marble Saga: Kororinpa」の駄ゲー化は心理的トドメとも言えたのだろうか。物凄い勢いで脳内やる気なしグレネード増産工場がフル稼働してしまった模様。
 まったく、Sagaと付く物は個人的にまるで良い思い出がありませんよ。

 コロリン2についてはまた日を改めて。今は蒸し返す気にもならない。

またでかい溜め息を

 海外版「コロリンパ2(Marble Saga: Kororinpa)」が届いたのでプレイ。
 残念ながらリージョンフリーではないのでGeckoOSで起動。素敵なブルーバック画面(即死)。
 他の同類アプリでも駄目だったので何か共通の拙い部分があるのだろう、ハドソンのくせに生意気だと半ば諦めていたところ、GeckoOSの修正版が出ているらしく駄目元で試してみたら無事起動した。
 正直、諦めきってフリスビーにして投げ捨てる一歩手前でしたよ。

 でもってつらつらとプレイ。
 「・・・操作感覚がまるで違う」

 いやぁ、まさかの基本部分の改修ですよ。
 何というか、玉が物凄く鈍い。いちいち操作がダルい。
 最初はまだ初期玉のパラメータが下方修正されただけかと思い込んで我慢してプレイしていたけれど、どう考えてもこんな気怠いゲームではなかったと前作を立ち上げて比較してみたら案の定まるで異なる操作感だった。実際Cheat(海外にはよくある裏技コードの事ね)でパラメータ可変の玉(Master Higgins Ball)を出して弄ってみたけれど、やはりどう頑張っても従来の感覚を取り戻す事は出来なかった。変わっただけならまだしも、楽しくないどころか正直苛立ちしか募らない。

 いやはや、何でこういう事をするのかね。
 予想通りステージ倍増&アンロックのやりこみ要素!で面白味のないステージばかりだけれども、エディットさえあれば10年戦える、という淡い期待すら無残に打ち砕かれたという訳です。
 スタッフは軽い気持ちで難易度を下げただけのつもりなのだろうけれど、こういう変更が如何にゲーム性に影響を及ぼすかを一度は真面目に考えろと言いたくなる。これに限らずプレイ当初から駄目出しの山で、ほんともう「こういう物をきちんと叱る人間が何故居ないのだろう」という歯痒さと口惜しさと寂しさと諦めで一杯の気持ちですよ。

 日本版で大胆改修!、、、な訳はないよなぁ。
 どうするかなコレ。結局フリスビーかよと(苦笑)。いや気持ちだけで実行はしませんけど

総締めの季節かな

 スタートレックTNG、#173 “Firstborn” 。
 クリンゴン話はいつも勉強になりますね。いや内容的には、特にシリーズ物の一つとしては軽率とも言える話ではあるのだけれども、それはそれとして。クリンゴンは、あの直情型戦闘民族が如何にして自らの文化を継続し得るか、その行動ないし対話の部分を楽しむ物だと思っているので。まぁ案の定ゴタゴタだらけでいつも同じような事ばかりやっている気もしますが(笑)。そういった状況の中で思い悩みつつも前に進んでいくウォーフの姿が感慨深いのですよ。

 一方、ウェスリーは最後までウェスリーのままでした(笑)。>#172
 まぁ高次元云々の話がちょうど今読んでる「創世記機械」と被って個人的にはピンと来たりもしたけど、ああやって描くとただの胡散臭い話にしか見えない罠。いやどちらにせよトンデモ科学なんですが(笑)。

MSクオリティ

 海外版コロリン2が届くのにはもう少し掛かりそうなので、その前にXBox360を立ち上げておく事にした。
 360と言えば年末から60GBのHDDを放置しっぱなし(苦笑)なので、いい加減入れ替えようと重い腰を上げて開封してみたら、なんと「データ移行キットが付いていない」罠(苦笑)。
 120GB版には付いている物なのですっかり油断していた。どうやらアーケードパック(HDDなし)からの増設組しか焦点に無かったみたいね。流石はMSクオリティというか。沢山エディションを用意して「残念、これは付いてないので別途購入してね」といういつもの腹かと思いましたが、これは流石に被害者多数だろうと思って調べてみたら、ありました >移行キット無償配布
 配るなら最初から付けろよ、とは取り敢えず言っておきますが。
 今更ネガった所でこれ以上どうなるものでもないので(呆れてるパターン)気長に待ちましょう。

 ともあれ、オークションでも移行キットが出回ってるけど皆さんそこまでしなくて大丈夫ですよ、という話です。
カテゴリーGame

32bit

 さて今年でようやくOSが32bitになります。
 リモコンで動くとか言っていたのがもう4年も前の話とは。年を取るほど時間が経つのが早くなるとは言いますが、つい最近の事のように思えたその話がもう遠い過去の記録のようにしか思えません。

 という訳で、また今年も愚民に崇め奉られる日がやって参りましたよ(ぉ)。
 案の定、あれから風化するどころか着実且つ確実に浸食汚染されているとしか言いようがありませんが。言い訳も後悔もしないのが私めの主義で御座います。
 すみません、嘘が許されるのは一昨日だけでしたね。
 まぁ実際喜んでやってますけど(ぉ)。