話は巡って

 一度書こう書こうとは思っていた、昨日のキャラの話。
img
 「それでも町は廻っている」という、メイド探偵などと言っても「バアさんが『儲かるらしい』と聞いて始めたメイド喫茶(きっさ)」と言えば察しはつくであろう、内実は普通の下町コメディ。取り立てて言うほどでもないけど地味に大好物。
 そもそも普段、漫画誌の購読はしない自分は何かしらの繋がりで買うのが常で、こんな読んだこともない雑誌の漫画を何故買ったのかと言えば、まさかの「amazonのオススメ商品」(笑)。
 某ヨコハマ購入者って、「喫茶店なら何でも良いのかよ(笑)」と思いつつ、何となく雰囲気が気になったので書店で手にしてみて今に至ると。しかもこれがまた妙に何度もオススメに挙げてくるんだよね。「いやもう持ってるから」と(笑)。逆に同じくヨコハマ繋がりだけど全く合わなかった作品は最近ではとんと見なくなったりと、案外こちらの趣味傾向が読めているんじゃないかと感心してみたりもする今日この頃。

 この前もうっかりこんなのが出てくるし。
img
 レトロゲームミュージック系なんですが、結構ピンポイントで笑えた。私的にバンガイオーの全方位シューティングの原点はここにありまする。>(PC-E)「はにいいんざすかい」

 まぁこれも、同様の購入履歴から類似点を引っ張ってきているのだろうという事で、正に昨日の話に舞い戻ってくる訳ですが。そう考えるとこのオススメも案外バカに出来ないのかもなぁと。
 ただ何もamazonだけで買い物をしているわけではない(&最近はTFばかりでバランスが悪い)ので、もっとしっかり購入履歴と趣味傾向が打ち出せれば、掘り出し物も見付かりやすくなってお互いハッピーなんじゃないかとも思いつつ。ウィッシュリスト等を上手く使ってみたりするのかな。

類推アルゴリズムというか

 昨日のAkinator、やっぱり出てくるキャラは本当に良く出てくるね。
 最初は漠然とした質問から徐々にジャンルや性別容姿に属性といった情報を絞り込んでいって、最後のほうは得意満面に質問内容を収束させていく様を見ると、何だか微笑ましくもあり悔しくもあり。
 まぁ思えば、childでmagicでflyでgreenとくればヤダモンだし、girlでcartoonでrobotならジェニーさん(XJ9)だし、high-schoolでmaidでdetectiveならコイツだよなぁと。
img(たまーに妙な所で見掛けるんですが意外と人気なんでしょうか>通称「それ町」)
 傾向が絞られた後に何か一つ固有な要素でカマをかければ「ああやっぱりな」となる訳です。

 この辺、出題順はランダムでも20問もあれば類似要素の絞り込みには十分だし、多少答えにブレがあったり、的外れな質問が重なってしまっても、30,40と続ければ大抵の物は探し出せるのだろう。
 強いて言えば、個々の質問の間での関連性は無いようで、平気で「brown hair? -> Yes」の後に「orange hair?」とかまた聞いてきたりする(勘違いでなければ同じ質問をされたこともあるような、、。質問データが重複してるのかも)。多分(というか当然かもしれないけど)、類似の回答パターンから候補を絞り込んでその差異を抽出していくという処理止まりなのだろうね。だから、他にもこれの後にこれはねーだろ的な無駄もあったりするので、そういった無駄を省いてもっとintelligenceに質問を飛ばしてくるようになるとカッケーなぁとも思ったりする訳ですが。まぁ、普通はそこまでしなくても十分、なんだろうなぁ(笑)。
 特に自分の持ち玉はご覧のように大して振り幅もないものばかりで、類似の多い(特定しにくい)ケースというのがなかなか出てこない。むしろそういう所でどれだけ苦労するのか見てみたい気もするけど、「ああそれならこれですね」とばかりに自信たっぷりに出されてNoというケースは要するに他の類似データが無いという事なので(笑)。まぁここはオタクの行動力に任せて雑多なデータが大量に詰め込まれるのを期待してみよう。(後で覚えていれば)

キャラ当てられ

 Akinatorという、自分が思い浮かべたキャラを当ててくるサイトがあるらしいので面白半分でやってみた。

img
 見事に正解。
 こっちの間違いもあったので二巡目に入ったけど、”peculiar color hair” がトドメとなって確定。
 まぁこの辺はカルトなファンが居るので手堅いのかな。

 因みに最初にやったのは別のキャラだったんだけど、
img
 お前じゃない!
 何処をどう間違ってここに至ったのか(笑)。
 
img
 その後繰り返す内にこの小娘が何度も出てきたけど、うーん、髪型は合ってるっちゃあ合ってるんですが、、。
 流石にマイナーすぎて厳しいのか。vocaloidじゃない方のMIKUさんだったんですけどね(激ぉ)。

 まぁ、基本的に最近のもの(or根強いもの)じゃないとまだ登録されていないのだろう。他のキャラで、かなり特定可能な要素の物が挙がったにも関わらず候補にも出てこなかったのはそういう事かと。そいつはチャンネルNECO級だから無理もない(笑)。
 むしろ、入ってる物は結構確実に当ててくる。
 上記繋がりで某春閣下もやらかしてみましたがfamousとかaccessoriesで余裕の正解。
 しかも、こっちなんかはせいぜいメディアと性別と家族構成くらいしか答えてないんですが、、、
img
 何、この余裕の笑みは(笑)。
 まぁそんな質問だけでも正解時の回答パターンは似通ってくるだろうから、そういう総括的な類似性をDBに蓄えていくのかな。そう考えるとなかなかおもろい。

 最後に、
img
 古いのでもういっちょやってみたらあっさり当てられました。
 これが人気の差というものか、、、(笑)。

 っていうかこんなのばっかですみません。リアルなのもある筈。
 まー、どうせこの手のユーザに浸食されてるんでしょうけど(ぉ)。

 そんなこんなで、本来は色々書くつもりだったんだけど、無駄に時間を過ごしすぎました(死)。
 時間云々の前にプライオリティの付け方がいかんのですよね、はい。

ラスト一行

 来月からスタートレックも次シリーズのDS9が始まるそうで、あれ、次回の艦長もハゲだったのか(笑)。TNGからは抜けてしまって久しいオブライエンも懐かしいね。しかしフェレンギ人がレギュラーに居るというのは(笑)。9割方バカの代名詞としてしか扱われなかった彼等に果たしてどういう役割が与えられるのか。ちょっと楽しみでありまする。
 そんな訳でそろそろ佳境に入ってきたスタートレックTNG
 先日の#168ではブリッジ指揮官試験に受かると中佐に昇格出来るとかいう話が今頃になって出てきましたが、よりにもよってちんちくりんのカウンセラー・トロイには荷が重く、案の定殆ど答えを教えて貰ったも同然で合格というのは流石にインチキなんじゃないかと(笑)。むしろ所詮はホログラムシミュレーションの中の出来事であって、本来テレパスを使える彼女が現実の下で当然発生するであろう負の感情の渦に果たして耐えきれるのかと。そんな余計なことを考えてみたり。
 そもそもそれで中佐に昇格して「あなたの上官よ」って、艦長、副長の次に指揮を任されることの多い(不在時は艦長代理も務めた)データ少佐の立場は一体(ぉ)。まぁ彼は指揮権があろうがなかろうがちょっと声色を真似るだけで全艦のシステムを掌握出来ちゃう最強チートキャラなんですけど。

 しかし、最近は脇役一直線な上に二度殺されているジョーディの後ろ姿の寂しさがもう。<これが言いたかった(笑)

通販生活(文字通り)

 さて、すっかりサボり気味(というか記録の時間が取れない)ですが、先週末に本棚が届いてようやく一通り荷物の開封も終了。段ボールを片付けたら台所が一気に広くなって当初のオーバースペック感が戻りましたよ(笑)。
 そろそろテーブルを置いて食事の出来る環境を整えたいけれど、いっそこのまま広い床で室内ラジコンでも走らせたくなるような。或いはラジコンヘリとかね。操作をしくじって(一角に置いてある)自転車に突っ込んで双方大変な目に遭いそうな気がしますが(笑)。

 他にもPC周り等、整備を進めながら色々買い足していたら、職場でちょろっと配送状況を確認した際に「なんだか毎週買い物をしている気がする」と言われる始末。いや実際してるんですけど(笑)。
 元々転居の決まる1年前から溜め込んでいた事と、こっちに来てから必要になった物とが重なって、あれやこれやと日々弄りたい項目が思い付く状況。物事を改善するのは大好きな人間なので、思い立ったら即実行という感じでプライオリティがそちらに寄ってしまうあまり、記録が全くと言っていいほどおざなりになっているのがちょっと寂しい。この辺、徐々に昔のペースに戻していきたいところ。

 取り敢えず今の仕事が片付いたらのんびりするぜ!とは公言してますが、果たして(笑)。

専用機化の悪寒

 なんとびっくり。コロリンパ2が出るんだそうですよ。
 というか正確には既に海外では発売されたらしいのですガ。幾ら売れないからって母国を後回しにしなくても(苦笑)。
 まぁ、そもそも下手にボリュームアップしても駄作に成り下がる危険の方が高いジャンルなので、国内版をのんびり待つくらいで十分だろうと思っていたら、これまた何と、「ステージエディット搭載!?」動画参照)
 さっくり海外版を注文しておきました(笑)。(リージョン絡みは解決しているので)

 最初は4人対戦とかwiifitのバランスボード対応とか、実にしょうもない話ばかり耳に入ってきたのですっかり油断してたけど、まぁやっぱ次を出すならコレだよね!と。色々いらない物も一杯ついてはきたけど、きちんと入れるべき物も入れてきてくれたと。その事実だけで安心して眠れそう。
 ともあれ久々にWiiが活用できそうです。
 360もそろそろやらにゃ、勿体ないお化けが。

先週の話だけどたまには

 毎週毎週毎日毎日、160話も見続けるとすっかり見慣れちゃって満足感が薄らいできたか、Voyagerも今見返すとこんなものだったりするのかもなぁ、などと思い始めたところで久々に来ましたよ。
 スタートレックTNG #163 “Parallels”
 やはりウォーフはいつ見ても美味しいキャラだよなぁ。
 うっかり次元の裂け目に入り込んでしまったウォーフが次から次へと別宇宙の自分に移り変わっていくという、正しく題名通りにパラレルワールドのお話。別の宇宙で様々なifの世界を体験しながら、最後には交錯してしまった宇宙を元に戻す為に自分の宇宙に還り、そこにはまた新たな可能性が待っている、と。上手いね。
 またその過程にはこれまでのエピソードが上手く反映されていて、艦長が戦死してしまった宇宙や、更には大敗を喫し既に全滅間際の宇宙やら。その彼等が自分の宇宙への帰還を拒否するといった部分は流石に詰め込みすぎの感もあったけど、つまりはそういった「悲劇に向かった宇宙」同様、そもそも最後のウォーフはただ「戻れなかった宇宙」から「何事もなかった宇宙」へ飛んだだけの話ではないのか、などと考えてみるとまたいい感じにパラレルネタっぽくなるなと思ってみたりして。

 そんなこんなで一本見終えて「ああ、これで1時間か!」と、久々に充実した時を過ごせたように思う。
 しかし思いっきりさりげなくウェスリーが大尉役で偉そうにしてたのが面白かった。ヤー大尉は流石に出ませんでしたが(笑)。あとは、別宇宙の「Dr.オガワ」(現宇宙では助手の人)の件を「あらまぁ」とばかりの反応で聞いていたDr.クラッシャーが何ともまた。まぁこの人、戦術会議の場ですらニコニコスマイルの困ったおばさんなんですけど。

侵略2

 はてさて、ようやく生活が整ってきた気がしますよ。
 でもまた今週から仕事の方がいよいよ面倒くさくなってきて愚痴90%から愚痴120%くらいにアップするので微妙にダークブルー且つまた来週までお預けで何とも口惜しい、などと思いながらネットを軽く巡回していたら実写TF2のスキッズ兄弟のガチャピン・ムック疑惑ネタこんな感じに笑わせてもらったので大分気が晴れた気がします。(なんだこれ)

 という訳で、何度も触れようと思っていながらすっかり出遅れましたが、TF実写映画2、トレーラーも出てきて大分盛り上がって参りましたよ。っていうかまだまだ先かと思ってたら6月だったとは、、。
 そんな状態なので玩具の方も8割方斜め読み且つ楽しみは後に取っておく方式で構えていたら、なんだこれ!
 トレーラー見ながら「今回はまたいっぱい降りて来たねぇ」とか呑気に構えたりしてましたが、これはやばい。いよいよ彼等も本格的に侵略に乗り出してきてますよ。20年前ほどエネルゴンも豊富ではなかろうになぁ(違)。しかし、うーむ、これは流石に選別を考えないと大変な事になりそうですよ。とか言いつつ余裕でポチりまくりそうな悪寒(ぉ)。なんせ今回は、Leaderクラスの司令が物凄いことになってて心揺れてしまっているくらいで。Voyagerは悪魔艦長だけでいいもといVoyagerクラス(以上)は買わない、という取り決めがあっさり崩壊しそうで泣けてきます。
 まぁそれでも流石にSupremeクラスの7体合体コンストラクティコン(デバステイター)に手が出ることはないでしょうが。今回は「個々の変形体 or 合体のみ版」という形のみにとどまったようで。正直残念というか、まぁ個別変形且つ完全合体だったらむしろヤバい事になっていた気もしますが(笑)。でもあの新司令を見るに技術的問題よりも「時間の問題」という気がしないでもなく。その時はサイズの方はお手柔らかに願います(笑)。
 因みに彼等、今回はタイヤ走行だの4脚だののクリーチャーから大型ゴリラに合体するという姿を選んだようで。しかもその1体が、公式トレーラーの最後の方で司令がぶら下がる奴なんですが、この時点で既にサイズの対比がおかしい輩が更にデカブツに組み上がる訳ですよ。正直なところ合体兵士ってのはTF特有の「大きさの概念を捨て」ているからこそ、数体の人型から威圧感たっぷりの大型兵士に巨大化できている訳で、リアルにやった場合のインパクトの弱さは懸念していたのだけれども、成る程うまく収めたよなぁと感心しておりまする。

 そんなこんなで、否が応でも大侵略を迎え撃たねばならない模様ですが、こちとら迎撃態勢は万全、、、って、
img
 なんと、最後の最後で部品欠品のオチ、、、
 まぁ本当は「本棚余ってるから置く(飾る)だけですよ」という話に持って行く筈だったんですガ(笑)。

 折角の無駄銭遣い多々買いが勿体ないのでせめて並べてあげようとは前々から画策していたんだけど、いわゆるディスプレイケースの類は流石にヤる気満々すぎてチキンな自分には辛いということで、普通のガラス戸棚にとどめてあくまで本棚の姿に擬態。正にDisguise(ぉ)。

三体合体

 ねんがんのTMR-2Cをてにいれたぞ!(一番左)

img img img

 パワー不足に固定力不足と色々悩みの多かった自転車のライトを、噂の超強力LEDライトに替える事にした。
 傍から話を聞いている時は「そこまでするかなぁ」と思ったものだけど、実際に乗ってみるとそんじょそこらのライトでは役に立たない事がよく分かる。高価でもこれくらい投資する理由は十分にあるのです。幸いにもちょうど香港に旅行に行った某氏に安く買ってきて貰った(&土産として頂いた。多謝)ので、後は装着の問題。
 しょぼいもので安く済ます事も出来たのだけれどこの辺に色々)、やはり固定力の問題は前々から悩みだったのでガッシリと固定する事にした。詳しくはコチラを参照。
 この辺は細かいパーツなので揃い辛く、かといって通販で商品価格と送料がどっこいなのも悲しい、と思っていた所にこれまた運良く店舗で発見したので即購入。買い出しに出た甲斐があったというものですよ。

 という訳で、いざ、悪魔合体。
img img
img

 でろでろでろ~ん。
img

 何このジャストフィット感(笑)。
 某氏がやっているコチラのバージョンは出っ張っていて、ねじ穴もずれている等、まだ無理矢理感も漂っていたのだけれど、こちらは何の工夫もなくスッキリと装着完了。流用品の塊なのにまるであつらえたかのような出来映えには作為的なものすら感じられる。いやまぁ偶然なんでしょうが(笑)。素晴らしすぎる。

 これで夜間走行も少しは安心かな。

正に日曜大工

 今週のお疲れ様。
img img
 混合水栓の調整が面倒くさかったもんでシングルレバーに買い換えました。
 借家の設備に投資するなんて本当にバカですね(笑)、ええ。

 自分、ボロ家でシャワーもない沸かし湯専門だった頃を除けば、それ以降は一足飛びに自動温度調節の給湯式の家で暮らしてきたものだから、こういう古典的な湯と水の手動調整式の慣習そのものが身に付いていないんですな。むしろこんな面倒くさいものが存在するのかくらいの勢いで、バランス釜の方がむしろ便利という言い分にこの時初めて気付いたという(苦笑)。
 それが今回この家の唯一の残念要素とも言えるところだったのが困りもの。まぁ正確に言えば、当初は温度調節パネルと思い込んでいたものが実は温風乾燥付き換気扇の操作パネルだったという素敵なオチもありますが。流石にこれを理由に家を選ぶ程ではないかと妥協した。
 でもやはりいざ使ってみると、一言で言って面倒くさい。
 勿論いずれ慣れるものだとは思ってはいるけどね。でも風呂というのは一番無防備な状態だからちょっとしたストレスが積もり積もるもの。特に寒さと仕事疲れが折り重なったもので、半ばヤケクソ気味に「金でラクをする事に決めた」と取り替え断行。ヤケクソ万歳。
 工事費は流石に浮かせて、一番安い品を掻き集めてまぁそれなりのお値段に(あんま言いたくないけど合計31k)。元大家から貰ったなけなしの御免なさい金が消えたと思えば許容範囲。強いて言うなれば減価償却の問題が最後まで気掛かりだったけど、お願いですので何事もなく長期間住まわせて下さいと祈りつつ(笑)。

 購入したのはこちら。
・シャワー水栓 (INAX) BF-B646T
 画像の通りうちは壁ギリギリ(且つ斜め)に取り付け穴があるもので、寸法上の機材選びで非常に悩んだ。懸念事項は右レバーが奥の壁に当たらないかという点と、裏手のシャワー基部のスペースが足りるかの点。ここで運良く同タイプの実機が店頭にあったので最終的な確認が取れて安心できたけどね。
 右レバーは、こちらの商品は真上から前方下60度くらいの範囲のため後ろに倒れ込む事はなし。一方、シャワーはカタログではデッキ中央から82mmの空間確保と言われているけど、実際は70mmしかないうちでもOK。実際60mmくらいかな? 取り付け作業も十分こなせた。
 したくなくてもこういうチキンレースをしなきゃいけない環境もあるにはあるので、メーカー側も配慮を忘れないで欲しいね。

・キッチン (TOTO) TKJ33U3R
 こちらは何でも良かった(笑)、ので最安値で。
 元のは蛇口の首の高さが致命的だったので、注意したのはその辺くらい。
 親父も言っていたけどTOTOはパッキンの入れ方がきつめなんですかね。

 しかし、30~60分って聞いてたし、実際に工程的にそれくらいで済むと思ってたのだけれど、慣れてないので想像以上に手こずってしまった。いや、懸念していた風呂の方は順調に終わったのに、ついでで替えたキッチンの方が大変だったという。配管パイプの都合で製品付属のナットが使えず、大分くたびれた旧品を使わざるを得なかったのだけど、ナット内にパッキンが上手く収まらないとか、それでナットのねじ山がギリギリ届くのか届かないのかとか、それを流し台の裏の狭い空間で作業するので全然捗らない。ここで仰向けに潜り込んだら非常に作業がし易かったという事に最後の最後で気付くというのが、やはりというか何と言うか、実に情けない訳ですが。(風呂側を先にやって、そっちは手を潜らせる以外になかったからその勢いでやったんだよなぁ。と言い訳)

 まぁでも、こういった作業に直に触れておきたくて、今回は自分で全てやったというのもある。
 もううちらの世代は人にやって貰うのが当たり前の時代になっていたので、知識も経験もどんどん隠蔽されて、逆にこんな単純な締め付け作業ですら基礎が及ばない結果になりかねない。ぶっちゃけ「自分で生き残れ」と言われたら速攻でのたれ死ぬスキルしか持ち合わせていない訳で。少しずつ基礎を見直していこうと。
 つまり、いわゆるDIYな話ですな。工事費を浮かすとか手製の作りとかいう前に、教育と学習の見直しなんだよなぁと。

 まー、CSアンテナは工事頼んじゃいましたけどね(笑)。屋根に登る脚立持ってないんだもの、、、。