夜を往く(これも無関係)

 「Pinball FX」、ようやっと1億点行きましたよ、Agent台で。あれ?(笑)
 Buccaneerが全然上手く行かないというか結局同じオチになってきたので腹立って、再びAgentをやってみたらこっちの方が余程安定したという。

 Buccaneerはメインと思しきギミック(モード)の起動がどれも単純なので練習もし易いかなというのが昨日の感触だったのだけれども、いざ詰めて行こうとするとやっぱり基本は「打ち損じたら即死」的な箇所も多いので難しい。それに何よりそのモードのどれもがマルチボールタイプなので、すぐわやくちゃになってしまって練習どころじゃない。これは過不足無く狙い撃ちが出来るようになってからの台だね。
 実際、それで1ボールで6億程稼いでる動画を見てみたんだけど、とにかくマルチボールを起動して倍率をどんどん上げていってその中で単純なジャックポットを狙っていくのみ。うーん、ここまで徹底するのか。もうちょっと他のギミックも絡めて、「倍率を上げてからここで一発かます」みたいなプレイかと思ったんだけどね。あんま好みじゃないかも。
 というかやっぱり上手くなっても死ぬ所は同じだね。ターゲットやレーンの口が手前にあるところは、先日挙げた狭い台の話と同じ理屈でガンと跳ね返られるともう手に負えなくなりがち。ま、やっぱりしくじったら負け、とそういうゲーム(台)なんだろう。もうちょっとアドリブのカバー要素が欲しいなぁ。

 でまぁともかくAgentに戻してみたらこっちの方が緩かったと。というか無理せずショットの練習に徹していたら全然死ななくなった(笑)。こっちは手前で突っかかる所はないので。いや手前のターゲットもあるにはあって、そこを狙わないといけないのかと思って前は苦労してたんだけど、下手なギミックは使わんでいい(むしろ使うな)って事なのかもね、さっきの動画を見る分に。そういうもんか。
 因みにこんな感じ。こちらはショボいリザルトなのでそこは参考にはなりませんが。
 まぁまずは何にせよ「ショットを安定させる」事が第一。こういうのは人の3倍くらいやらないと馴染まないのですよ。不器用さと適応力の無さだけが自慢です(するな)。
top↑