K都物語

 さて、確保したGIANT ESCAPE R1で適当に南下。
 無目的に走っただけだけど、DAHON METROと違って矢鱈と走りやすいもんだから調子に乗ってずっと前進していたら飛行機が見えてきてしまいましたよ。H田空港? 初めて見たな。(<あながち嘘じゃない気が(笑))
 先週の疲れもまだ取れない内に無理すんなよとも思うけど、距離的にはB琶湖巡り50km超の洗礼を思えば軽い軽い。いや気の萎えない内に習慣付けないとあっちゅう間に終息してしまう性格なもんで、鞭に尻打っていっちょ行って参りましたと。あれ違うな。というか、話も言葉も前後していて何のこっちゃですな。

 そんな訳で、行って参りました、K都。
 先週の連休を使って某氏と共に某氏宅へ。ってこれじゃ分からないな(笑)。某O氏と共に某N氏宅へ。
 前述の通り自分はチャリを譲り受ける事を唯一の目的としていたので、その他の予定は完全にお任せ(笑)。そしたらまぁ何て言うか、近年稀に見るハードスケジュールでした。個人的には。

■一日目
 取り敢えず昼頃に到着。
 当初はこの日にチャリで走る予定だったのだけれども生憎の雨模様。
 しょうがないので軽く散策でもしようと出掛ければ、最寄りY科駅にて人身事故で消防車が3台駆け付けるという大惨事(???)。いやもうザーザー雨は降ってくるわ、電車止まりまくりでJRは何処に行っても以下略、と2年前の屈辱を思い出す不運っぷりに今後を気にしている自分が居たりしたのですが、実際はそれっきりでしたよ、良かった良かった。

 でもって、
img
 ピンボール。K都の意味? そんなものは無い(笑)。
 まぁ皆でやりに行くのが良いのですよ。実際、皆で嬉々としてプレイしてしまってそのまま満足して帰っちゃったものだから、後でちゃんとした写真を撮ろうとして忘れていたという(笑)。
 実物のピンボール台は皆ほぼ初めて。PinballFXを通して色々と見えちゃった感があったので今時の台はどうなの?と思っていたんだけど、思ったよりも遊べた。特に真ん中のロードオブザリングの台が皆に人気。目的が明確なので遊び易い、のだけれども狙い出すと却って上手く行かなくなったりして(笑)。ある程度のショットの打ち分け能力があった方が楽しめるだろうなぁとは思った。要練習だなと。お持ち帰り出来ませんかコレ(ぉ)。いや、あまりにも下手で安定スタイルも無いからこそ「この100円を無駄にしまい」という積極性が味わえたのだとは思うけどね(自分がゲーセンでやったゲームはチャロンを筆頭にCOMに明白な勝ち方のある作りだったから)。やはり安易なフリープレイは向き合い方が杜撰になる。ただまぁ、あまりにもヘタクソすぎて全滅後にマルチボールのオマケを貰ったりもしましたけどね、しかもそこから結構遊べたという(笑)。
 因みに実物という点で面白かったのは、メンテ具合によるフリッパーの反応の差異。ちょっと強めに押さないと反応しない台もあったりして、その加減をリアルタイムにキャリブレーションしながらプレイする感じに妙なアナログ感があって楽しかったりもした。自分だけかもしれませんが。(強いて言うなればラリーで路面毎に感覚を調整していく感じに似てるかな。) でもこういうフィルター感も時には必要なんじゃないかな。今のゲームはプレイヤーの思い通りすぎて、却って方向性が縛られているんじゃないかとたまに思う。

 そんなこんなで満足して後は適当に飯を食って一日目終了。(この日は緩かった)
 食事の話は某氏に任せますよ(笑)。

 あ、待てよ、この後しょうもない理由から裸眼立体視の話になって、何を血迷ったか皆でずーっと立体視動画を必死こいて見ていたんだった。新幹線使って人ん家訪ねに行ってやる事がそれかよという(笑)。

nonsenseじゃないほう

 巨大ドリル キター
imgimg
 やっぱドリルと言ったらこっちでしょ。という事でやってくれました、「アバター」#33(「The Drill」)
 いやぁ、この見た目まんまの「土手っ腹に風穴ぶち空けてくれる」感が堪りません。
 岩(土)や氷(水)を操る力が直接的に生活に結び付いている他部族と異なり、「純粋な破壊」しか生み出さない火の部族はこのような工業力(強いて言えば火の二次生産物とも言えるかな)を武器としているのです。またこの無機的な力が他の部族の技を封じるという事で正に鉄壁の防御を誇るという。気の技を中心に強大な力を持つアバターと言えどそれは例外ではなく、普段であれば大岩も軽く制する彼(等)が柱一本を切り崩す事も出来ない様が何とも面白い。勿論そこで気を利かせて柔よく剛を制する訳ですが。でかい力に更にバカでかい力を、というインフレ論じゃないところが好きだなぁ、うん。何だかんだで、ドラゴンボールZなんてものが受けはしても一方でちゃんとこういう視点を失わない所が良い。
imgimg
 因みにそういう背景もあってか、今回はアバターが積極的に他部族の技も使っていた。これまでは主役が他の技も使えるというだけで四部族の代表を集めたパーティ制の方向に流れていた感があったのだけれども、いざと言う時はやはり決めてくるね。こういうアクションは本当に見応えがあって良いですわ。

麦の人

 スタートレックTNG、艦長の声が変わってしまった。
 うーむ、思ったより早かったな、というか話数的には麦人の方がメインになるのね。正直なところどうにも声が柔らかすぎて違和感が拭えないなぁ。以前の吉水慶のあの話し方が気難しい茹でダコ星人のイメージにすっかり結び付いてしまっていたものだから(笑)。
 そして一方、ラフォージはホログラムの人格再現プログラムに恋しておりましたとさ(笑)。何という。

サバイブ

 スタートレックTNG #51「The Survivors(or第50話 カウント違うのやめて)
 おおお、これは大変好みだ。なんせ丁度「情念」というキーワードに飢えたくなっていた頃だったので、この点、直球とは言わないまでも良い感じにストライクゾーンに飛び込んできてくれた。殺戮の代償に人口500億の種族根絶。一体どれだけ怒り狂ったんだよという部分をさらっと流してしまう辺り、むしろこっちで勝手に脳内補完しますよとも言えていい。
 それにしても変なオチに転ぶ事もなく、ハゲ艦長も艦長らしく頭が冴えてと、3rdシーズンでいよいよ脚本も安定してきたのだろうね。これでようやっと「安心して肩を預けられる」、VGRの見方に近付いて来たのかなと思う。いやいや大変喜ばしい。
 ただ2ndシーズンの良キャラ、Dr.ポラスキーの退陣は個人的には痛くてしょうがない(最後のエピソードが、なぁ。それこそ前のウルトラセブンと同じオチ。)。っつかDr.クラッシャーの復帰は話には聞いていたけど、あいつ1stシーズンはホント良い印象ないんだよね。それこそドクターなのになんか殺る気マンマンの名前がさ(ぉ)。<スペル違いかと思ったらそのままなんだもん、、

ウルトラ戦隊

 ウルトラセブン#28「700キロを突っ走れ
 これは、、、ひどい(笑)。

 新開発の爆弾の移送任務、その妨害を考慮し「グッドアイデア」と称して当人がやりたいだけのラリー競技に紛れてそれを運搬しようという作戦。因みにラリーが出てくるのは二度目かな。かつて日本でもラリーが認知された時代があったらしく、そんな製作者の趣味に露骨に誘導するシナリオ作りはまだ微笑ましくもある訳ですが。しかし、、何だろうこの流れ。
 バイクの自爆攻撃に地雷トラップに銃撃戦に時限爆弾の罠にヘリコプターの襲撃。対するウルトラ警備隊はマンドリン機関銃やら謎のホバー装置で窮地を脱出。一体お前ら何処の秘密戦隊だよ!と言わんばかりに宇宙人の”ウ”の字すら見えてこない珍妙な空気感。そしてトドメと言わんばかりの「恐竜戦車」。もはや笑いを通り越した何かがあるような無いような(笑)。
 恐竜戦車はネタとしては知っていたけど、よもやセブン発だったとはね。幼少期の記憶すら蘇ってこないのは単に見逃した回だったのか、それとも子供心にも忘れてしまいたい代物だったのか(笑)。

 しかしまぁこういう、ぶっちゃけ予算の都合で適当にあつらえられた「いつもと違う変な回」というのは何もこれに始まった話でもなく、笑って流すのが通例と言えばそうなんだろうけどね。ただ先のサイトの解説を見るに「スタッフの諦め」という重い話題も出てくるので非常に心苦しくもあるところ。やはりこういうのは決して繰り返しちゃいけない事だと思うんだよなぁ。今でも時々見掛けてしまう、厳しい状況でも僕ら何とか頑張りました、なんてのは自慢にも慰めにもなりはしないんだよ!と言い放ちたくてしょうがなくなるような。
 ああ、すんません、またこんな話になってしまった。。(笑)

また一つ徳が失われる

 「Puzzle Quest」
 MANGA,ANIME専門学校のお手本の様なお姫様に頼みを断られ、さっくりと(衛兵を倒して)国宝を強奪。
 王冠を盗んで追われる身の獣人相手に、「あの国王は前に助けてくれなかったしな」と追っ手の排除を承諾。
 いやもう倫理的にどうなのよ?というイベント進行ばかりの今日この頃。少なくとも前者はメインストーリーの筈なのですガ。大義の為には(他国の)犠牲も厭わないのがこの世界の掟なのでありましょう(笑)。

 南方の人間族が治める平野から始まって、離れにはエルフの城、山野のドワーフの城や更に奥の荒野にはオーガが群れを成していて、更に北には戦闘民族ミノタウルスその他巨人族の住まう戦の大地。ああやっぱ外人にとって巨人は力の象徴だよなぁ?とか勝手な思い込みを深めつつ。そんな感じで舞台そのものはいい感じにファンタジーしていていい。
 しかしゲームそのものはどう頑張っても亜流ZOO KEEPER、そもそも長期間プレイするようなゲームシステムじゃない。ので流石に疲れてきた(笑)。もうちょっとさっくりしていても良さそうなものを、と思いがちなのは流石はSIMPLEシリーズの系譜なのかもね。まぁそれでも、バランスの工夫で度々戦闘スタイルが変化してきている点は面白いとは思うけれど。装備品の方がそろそろ頭打ちを始めて、その戦闘の変化も「強い魔法が出てくれば」という段階になりつつあるからかな。
 とか言ってる所でまたドカンと来ると面白いんだけども。しかし強い魔法は入手もえらく困難なんだよね、、。

城破壊者

 ぬぁ~、書き掛けのまま寝てしまった。
 という訳で連休ネタ後半戦。

 XBLAのCastle Crashersパワパフが出ているというので早速プレイしてみた。
 嗚呼、この下世話なノリは、もしかして、どーも君 vs PpGのアレですか?(大元はこっち

 あのflashゲー、最初でこそ訳の分からないクソゲーだったけど、(あんなものでも)真面目にやってみると判定のクセさえ掴みさせすれば後は要点を押さえればクリア出来る作りにはなっていた。その後半がベルトスクロールのそれなので同じノリを期待してみたという寸法。
 でも、あれ? うーん、DOMO-KUNの方が面白かったような?(激ぉ)
 いや流石にそれは無茶な言い草だけど、やはり元々マルチプレイ対応のゲームなのでソロだと厳しいね(気にはなったのでその場で購入。大分やったとは思う)。勿論やってやれないものではないけど素直に楽しもうという向きにはそぐわない感じがする。レベルアップ制ゆえのパワーバランスの曖昧さや持ち込みの回復材でゴリ押せる仕様もオンライン向けの盛り付けであって、多勢に無勢な部分をどう押さえるかという所でややもすれば普通に物量が物を言ってしまっているイメージ。うーん、もうちょっと普通にソロ(オフ)でも遊べるかと思ったんだけど。まぁそこは贅沢言う所でもないけどね。ただ残念とは申しますか。
 いやねぇ、諸々の作りに「俺等ベルトスクロールアクション大好きだから!」というノリが滲み出ているし、ボス戦その他、個々の作りは悪くないと思うんだけどね。ただ上記のような全体像ゆえに「これは何度もやるかなぁ?」という印象も否めず。
 個人的なプレイ欲求というのは、「再度プレイしよう=次は上手くプレイしてやろう」なので、そのラインが見出せないのは痛いんだよね。オンラインゲーってそういう物なんかねぇ。まぁ如何せん、まだ特にやりたいものもないシルバー会員のままなのでオンラインを試す事が出来ないのが苦しい所だけれども。まぁいつかその内、という頃には枯れていそうな罠。

# 因みに言うとどーも君の人は関わってないかもね。調べてはいないです、はい。

おっホイ

 嗚呼、イカン、また動画漁りから泥沼コースになってしまった。
 という事で本日のトラップは「MZ-700で動画再生」
 最初に見たのはこの動画MZ-700ってのは自分も残念ながら触れた事はないけれども、うちにあったPC-6001mk-IIとかと似たような世代のハード。それこそLINEとPAINT命令で「リアルタイムに一枚絵を描画」するのが当たり前だという認識しかなかった時代。で、これですよ。一体何が起きたのかと(笑)。
 んで解説を読んでみると成る程なぁと。ハード特性を活かしてひたすらVRAM画像転送に特化したコードを組んだという話。動画という点では大量のデータは全て外付けのボードに依存しているので、後はひたすら力業ってなものだけれども、その力業でここまでやる訳だからして。そもそも、動画データの件は別にしても、まずキャラクタグラフィックしか持たないハードでビットマップグラフィックを表示させようという根性が素晴らしい(笑)。

 しかし何なんだろうね、この彼等の原動力は。いつの時代もオタクネタは強いとはいえ。などと思いながら先程の動画を見直す内にふと思ったんだけども、相変わらずこの手のアイマス動画は、何て言うか「一昔の匂い」がするよなぁと(笑)。いや悪い意味ではなく。そもそも私見ではキャラデザからして、よくて90年代というか、そういう時代に生きた人達に正にクリティカルヒットするように作って、それがきちんと機能してるのかなぁと思ったりもする訳なのです。
 詰まるところは「オッサン」世代。(いや若いのも勿論いるとは思うけど)
 という訳で以下のネタに続いて、

 「うー、おっホイ。」(作品コメントより拝借)
 いやもう色々と直撃すぎて笑えた。何よりまずそのコメントが(笑)。
 この際白状しておきますが、すみません、ぶっちゃけたまにニコ動見る時は「おっさんホイホイ アイドルマスター」のタグ検索しかしてません(ぉ)。以前なら前者だけでも十分だったんだけど、最近はちょっと時が経った物は全てオッサン扱いで括られていて話にならないので、更なる振り分けとして後者のタグをば使用。ここからバーッと一覧を眺めて適当なのを拾って、波長が合った作者のmylistで更に引っ張り出す。こういう事をやるにあたって、上に書いたように「いい年こいたオタクが昔を偲ぶネタ」が非常に多いので、波長の合う確率も相応に高いという訳なのですよ。
 まぁ正確に言えば「火の鳥」も兄貴にくっついてTV放送版?を見た記憶があるだけだし(まぁ話の要点は覚えてるかな)、ゲームはまともにクリアした覚えもない一端のお子様レベルですが。それだけに口惜しさも伴ってより一層引き寄せられてしまうのですよ。引力って情報分野にも発生するんですね、とか訳の分からない事を言ってみる(ぉ)。

 何バカな事を書いてんだという気がしてきたけど、まぁ要するに動画ネタがアレに偏ってきている言い訳ですよ(誰に)。
 ぶっちゃけ自分は「アイドル」と書いて「偶像」と素で読んじゃうし、ひいては(FC)「カリーンの剣」の魔法アイテムの事を引っ張り出しかねない、そういう人間ではあるんですが(像をアイドルと表記してたから、子供にとっては何のこっちゃという)。ただ割り切ってネタ物として見るとそれはそれでおもろいかなと。

当時の記憶はないなぁ

 ぼちぼち消化中のウルトラセブン、噂の超兵器R1号を見てみた。
 たまーにこういう脚本が出てくるから面白いね、セブンは。まぁたま~~~にですけど(笑)。
 プチSF的にペガッサ星人の話とか、あと(SFはあまり関係ないけど)囚人303号の話なんかも個人的には好きだったかな。
 まぁぶっちゃけた話、ダイジェストで紹介されている以上の内容は全く無いんだけれども、実物を見ておきたかったという事で。他者であるところのセブンが地球防衛の是非を巡って苦悩する様というのは、やはりリアルな描写に触れてナンボかなと思っておきたいところ。

もんすた

 日課のスタートレックTNGを見ようとしたら今日はやってなかったので、代わりに「マクロスF」を消化してみた。
 またまた長いこと溜め込んでいたもんで、振った振られたと騒いでる世間をよそに、こちとらようやっとヴァニラ・アイスに惑星を削り取られる所から始まって超長距離デスドライブに入ったところまでですよ。というかその辺りで流石に疲れた。これだけ溜めておくと連続物でも「気が済むまで見続ける」という見方が容易に出来るのがいいね。お陰様で世間の波には着いて行けませんが、それはいつもの事だろうと(ぉ)。
 ともあれ、

 しかしマクロスもZEROで完全に終わったと思い込んでいたものだけれど、なかなかどうして頑張るものだなぁと感心しております。まぁVF-25のデザインからしてこれまでの集大成というイメージが強いけど、それはそれで本編自体も過去のシリーズから色々とネタを引っ張って絡めてる様は、懐かしさこそあれ悪い気はしない。良い意味でのリバイバル・リファインとは思う。
 でもって、それこそVB-6とか反応弾とか持ってこられちゃうと、「VF-X2」ファンとしては「あれがこんなに脚光を浴びる日が来ようとは」と思わずには居られない訳で(笑)。(後はVA-3だよね、と思ったらこれはダイナマイト7が初出のようで? 見た事あるけど知らなかった。)
 ただ欲を言ってしまうと、「VB-6は相変わらず宝の持ち腐れだよなぁ」と(ぉ)。
 後方支援で4連レールキャノンをぶっ放つしか能がないんだから、宇宙では艦載砲に見劣りするだけだと思いますですよ、はい。ゲーム版の地上戦も単機ボス相手で分が悪かったし。一度でいいから圧倒的火力で蹂躙する様を見せ付けて欲しいものだなと。

哀愁のギリメカテ

 勝利目前にして、「ゴブリン投げ」がフィールドに一個しかない赤骸骨にヒットして20倍ダメージで即死。これは何と言う確率操作(ぉ)

 「ZOOKEEPER RPG」もとい「Puzzle Quest」<っていうかどっちもどっちな罠
 ここ暫くはずっと緑と赤マナの攻撃魔法重視で装備を固めて戦ってきたのだけれど、よりにもよって「魔法を使う度に敵がどんどんパワーアップする」という凶悪なトラップにハメられてあえなく撃沈。ワンパターンな戦法で収束しないのはいいよね、と思いながらアイテム表を起こしてその辺りを見直しているところ。如何せんショップの品揃えがランダムで切り替わるので、欲しい物を見繕ってお金と条件を揃えておかないと駄目なんだよね。
 でもってようやく通常攻撃重視の装備も揃いだしたので戦法を切り替えてみたところ、「あれ、めちゃくちゃ強い(笑)」。今まで欲しいジェムを狙いすましながら四苦八苦していたのが嘘のように戦闘が安定する。なんせ攻撃用の骸骨ブロックを待つ以外は至極杜撰でやれてしまうもので。そもそもこの「経験値の取得が倍」という如何にも初心者向けのナイトだけに、下手な小細工はせずにまずは直球勝負をしておけよという話なのかな。
 後はまぁレベルアップで基本能力が上がっているお陰だろうか? いまいち能力値と実際の戦闘数値の関連性がよくわからないと思っていたのだけれど、単にレベルで底上げされていくものなのかもしれない。だから一定ダメージしか出せない低レベル魔法が頭打ちし始めてきたのだと思う。ふーむ。
 まぁまた今後この戦法では太刀打ち出来ないケースが出てくる事に期待しつつ。

 しかしそれにしてもアイテムの効能がイマイチ腑に落ちない、と思い始めたところで気付いたのだけれど、「アイテムの説明文が間違ってる」。これはかなり痛い。元々「○○のたびに」というのが単に”whenever”なのか”every”による倍掛けの事を指しているのか、日本語版の半端な訳による説明不備の件には気付いていたけど、更に「(翻訳版のみ)表示数値のミス」まで起きている事も発覚。要するにtypo。こういうデータ系でそれをやられると何もかも信用できなくなってくるのでやめて欲しい。D3ジャパンふざけるなよと(苦笑)。
 尚、この辺は本体の言語設定を切り替えればEnglish版も読めるので適当なところで確認していくしかないけど、はっきりいって手間だよね。参ったなぁもう。随時切り替えが欲しくなる。そうすりゃ英語の勉強にもなるんじゃん?(笑)

 しかしまぁ数値データが重要な割合を占めるゲームで、そのデータの扱いが適当というかきちんとしていないなんてのは、それこそ昔の方が酷い有様だったけどね。
 DDS女神転生IIの「ギリメカラ→ギリメカテ」のtypoは今でも「正しい方がtypoでいい」と思い込んでいるし(笑)、近年知った噂では同Iの戦闘プログラムでも素早さの参照アドレスがずれているため最速キャラが全然速くならないとのこと。ただここは、昔は戦闘の行動順には必ずランダム性が加味されていたので、(少なくとも子供の時分には)まだそんなものだと思ってしまえる土壌があった。良くも悪くもガッチリしていなかったという。仕様書も何もあったかどうか、出来た物が仕様みたいな流れがあったしなぁ。それ自体は決して褒められる事ではないけれど。
 この点、今のゲームはきちんと設計してきちんとバランス調整しているのだからこそ、その地盤の堅さが一層重要にもなってくるというもの。きちんと遊べる筈なのに遊べないもどかしさ。そして原因が分かった時のユーザーの無力感。それこそ「興醒めさせないでくれよ」と。
 因みにXBLAならパッチも当てられる筈なんだけどね。やる気ないだろうな、、。

雷雨

 雷がやばい。
 切れかけた蛍光灯みたいに数秒おきに空がチカチカするのは勘弁して欲しい(笑)。

 夕立の季節とでもいうべきか。ちょっと(かなり)五月蠅い雨音も「これも風情というものだろう」などと最初は思うようにしてたものだけれど、これは少しやりすぎだろうと(笑)。この前も駅方面に落ちて大損害被ったばかりだしね。それこそS玉時代なんてよく瞬断喰らったもんだし、それで「折角良い調子で進んでる中ボス戦がフイになる」危険性は勿論のこと、雷サージで360がイカれるのも辛いので休憩(笑)。
 まぁ壊れてくれれば次の新型への買い換えの躊躇もなくなるってものではありますが(ぉ)。流石にこればかりはお金の問題も気に掛かる。HDDだけ欲しい。

スミマセンスミマセン

 「スタートレックTNG」、オブライエン、またか!(笑)<転送部長
 ともあれ今日は結構いい感じで見てたんだけど、最後の暗棒術の決闘シーンが、、。「オネガーチマス」「マテーー」とか。その他舞台背景のあちらこちらにインチキ和風テイスト。まぁ時代が時代だからしゃあないんだけど、こんなドラマでもやらかすのだなぁと若干ショック。ってか、柱の文字に「うるさい」って何だよ(笑)。
 でも実はそこは、「うるさい」と「やつら」と床のどでかい「星」で、そういう事だったらしい。気付かなかったけど他にもキャラの名前があったそうな。まぁファンがやらかしたというよりは、「それしか資料が無かっただけ」と取れなくもないんだけど(笑)。

 しかしこの問題、情報の乏しかった当時は勿論、今でもやらかしてるというのが良く分からないよなぁ。「HEROES」もたまたま見た時に微妙な日本語で会話しまくってくれたし、某AmiYumiでも度々インチキ日本語が出てきていた。あれこそ関係者一人引っ張ってくれば済みそうなもんだし、ちょっと調べてちょっと確認すれば防げそうな事故が目立つのが何とももどかしい。

 まぁジェニー(XJ9)の中の人のKawayeさんの文字通りカワエェ日本語なら全然OKなんですけどね!
 などと何という誘導オチ(ぉ)。
 「シマッタァ」とか地味に好きです。