よく思うんだけど

 もうさ、「一日8h以上働いたら死刑」とかいう法律でも作るべきなんじゃないかと(ぉ)。
 勤勉なJapaneseにはお似合いってものですヨ。

 などと、一度は言ってみたかった台詞で最近のビデオ観るかニコ動漁るかしかしてない現状の言い訳をしつつ、、

 (某じゃない方の)ミクで斑鳩
 一見してただのネタ動画なんだけども、何だか普通に見入ってしまう(笑)。システムボイスまで再現という所が実は大きなポイント。
 嗚呼、やっぱ斑鳩スゲーなぁ。見てて鳥肌立ってくるってのは本当大袈裟でも何でもなくて。いや、実の所は自分も実際にプレイするまでは実感湧かなかったんだけれど、ゲーム構成とBGMとのシンクロっぷりが、正に「BGMがゲーム内容そのものを語っている」感覚、コレに尽きるのですよ。その点で、ゲーム進行を如実に示すシステムボイスの挿入は非常に効果的。手元のmp3も、(音のみのがあるにも関わらず)、基盤直取り?で一部取っ掛かりのSEが混ざってる方をわざわざ選んで聞いてるからなぁ。
 そうでなくても、動画(某DVDの映像を使用)を見れば分かるようにステージ構成がそれこそアホみたいに綺麗だからね。何度見ても「これを極々一部の超人的シューターしか味わえないのが非常に口惜しい」と思わされる。道を究める楽しみを追い続けるのも結構だけれどさ。ゆけトラや罪×のような頑張れば追い付けるギリギリの湯加減を保って欲しかったとはどうしても思っちゃうよなぁ。

 でもって、TFのMAD
 うはははは、頭おかしい(大笑)。
 まず何が凄いって、本編映像を掻き集めただけで既にカオスってな所ですよ(笑)。
 こういうのが出てくるからTFのMADは侮れないよなぁ。
top↑