強く脅せば願いは叶う

 本格妖怪アニメ「もっけ」
 私的最強キャラ芙美サン御登場。
 あのマイペースっぷりが良い意味で清々しい。ヘタレてなくて良かった!
 やっぱ「もっけ」にはこういうキャラも必要なんですよ、ええ。
 瑞生が萌やされてる今、最後の希望は芙美サンしかおりません。片手で数える程しか出てきませんが(笑)。


 まぁ本編の方は相変わらず、この一体何処が「本格妖怪アニメ」なのかと野次りたくなるくらい、徹底して伝奇部分を削ぐ脚本作りになっておりますが。今回も御多分に漏れず。ただ幸いにも「弱い」だけで「ズレる」ような脚色が無かったのは救いかな。既に諦めはついて多くを望まなくなったというのはある。
 んでもって、後はキャラ的な見方を、という事で。
 実際、やはり映像化に当たって何を期待するかと言えば、まずは動いて声が乗るキャラクタ部分かなと思う。話を追うだけなら原作でも出来る事だからして。最近は何にしてもキャラ描写重視で見るようになってる気がする。(メタルダーが面白すぎる今日この頃)
 とはいえ今回の芙美サンが殊更良く出来てるって程でもなく、何だかんだマイルドにはなっちゃってるし。ただ少なくとも原作のイメージは出せてるとは思うので。この点、瑞生はやっぱ声優が勘違いしてるのか単に技量不足なのかは知らないけど、明らかに「可愛い女の子を演じようとしている」感じがもう全然駄目駄目。

 まぁユルユルと、芙美サン目当てで見守りますよ。あと何回出るんかいな(笑)。
top↑