DC祭り+α

 さて、久々に某氏とゲーム諸々。
 今回はDC祭りと洒落込んでみた。
 以下適当に抜粋。

・パワーストーン
 二人して、「こんなんだったっけ?」(笑)。
 地形ギミックを交えたアクションバランスとしては1の方が好きだったんだけど、やっぱりまず「ガチンコの1vs1対戦ゲーム」という点で損してる感が強いね。色々なアクションを意欲的に盛り込んでいるのに、「勝利」を前提とするとその殆どが無用になる。ジャンプキックがめっさ強いとか、そういうストーン奪い攻撃の比重が高すぎるシステムバランスにも問題があったとは思うけどね。作りがガチンコすぎて遊びの幅が狭かった。
 後はやはり地形を活かすなら非対戦式のステージアクションなのかなぁと、当時から思っていたけど結局そっちには行かずに終わってしまったのは残念極まりない。

・パワーストーン2
 こちらは4人までの多人数戦。しかし半分がCOMだったからなのかもしれないけど、イマイチ盛り上がらないというか、緩急が無いんだよなぁ、この作り。終始、地道に削りつつダメージは喰らわない、という戦法を取る事が生き残りの基本だからだろうか。一発かました/かまされたの感覚が表に出にくいのが辛い。今回はシステム的にはアイテムの比重が高くなっているので、色々なアイテムで遊ぶのが個人的信条ではあるんだけど、それを活かす意味でもね。もうちょっとアイテムの取り合いの一喜一憂の感覚だけでも出せていればなぁ。
 その意味でも4人マルチ対戦という土壌が厳しいのかも。四方八方が敵、という状況をまとめるにはせせこましい感じがするし。チーム戦やっときゃ良かったかな。

・DC番外王
 今時のシューティングならこれくらいのスプライトは珍しくないそうです。寂しいね。
 当時はまだ「ハードの限界に挑む感覚」が残ってたギリギリの時代だったって事だろうか。
 あと、番外持ちは久々にやると辛い(笑)。
 最近のコントローラは2スティック標準装備だからなぁ、あんな基地外な持ち方するまでもないし。とほほ。
 しかしDCはエミュも期待出来ないし、辛いハードだよなぁ、、、。

・チャロンOT
 バルおもろいね!(笑)
 今回は実家からツインスティックを調達して万全の状態で望んだお陰で、かなり昔馴染みの感覚でプレイ出来た。やはり操作を身体が覚えている様で、しゃがみやターボショット等、パッドだとボタンの組み合わせで混乱しがちの部分が思い通りに出せたのは大きい。
 だから今回は大分遊びの余裕があったので、バルのビットも設置しまくってみたらこれが妙におもろい(笑)。こういうのはやはりCOM相手では味の出ない部分で、ビットであらぬ方向から奇襲を掛ける心理攻撃が、その効果の程はさておいても(笑)自己満足に繋がって楽しい。
 技が多すぎて全部覚えきれない割に、それら全てを包括して漸く成り立つ危うい対戦バランス、というのがアーケードの対戦ゲームという枠組の中ではかなり問題のある作りではあったけど、やはりこの内容の充実感は飛び抜けていたんだよなぁ。PCで5.66もフォローして出してくれれば、と改めて思ってしまった。


 んで某氏持ち込み。
・ギターフリークス
 この俺に音ゲーをやらせるか!と思いつつも頑張ってプレイしたけど、「オッサン世代がパソコンを理解出来ずに投げてしまう」感覚がちょびっとだけ判ってしまった気がしますヨ(ぉ)。いやまぁそれじゃイカンと、頑張ってみたけどね。余りにも最底辺の方をひた走る腕前に某氏が気にしまくっちゃって却って辛かったですよ。とほほ。
 某氏曰く、「左手は比較的追い付いてるけど、リズムが取れてない」。いやもう言われる通りです。リズム感?あるんかなぁ。あとは強いて言えば、まずは好みの曲調でって奴になりますが。アップテンポなのってあまり得意じゃないのですよ(たまに聴くから良い程度で)。ゲーム全否定の悪寒(笑)。脳内クロックははっきり言って遅いのです。

 自分がやらないゲームジャンルの二大巨頭、レースゲーと音ゲー。
 前者でこそラリーでその一端は崩れたけど、後者はなかなか崩せそうに無いなぁ。ここは根深い。
top↑